2019年5月23日木曜日

なんでイギリスの選挙は木曜日なの?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

今日も、いいお天気のロンドン。
写真はおうち近くの公園です。
1時間ほどお散歩を楽しんだ後、私たちは欧州議会の選挙に行ってきました。
3月末でユーロを離脱していたら、なかったはずの選挙。
だけど、まだ離脱してないので、選挙が実現してしまったのです。

今日は5月23日木曜日。
そう、イギリスの選挙は木曜日なんです。
今回だけじゃなくて、選挙といえば木曜日。
なのでテレビのラインナップを見ても政治系の番組が多いです。
私が普通木曜日に観るのは、
Have I got news for you(時事を扱ったパネルショー、頭の回転が速いコメディアンが多くゲストに出演しているのでキツイけど面白い)
Question Time(一般視聴者が参加する討論番組で、国会議員が数名パネルに出て質問を受ける番組。最近ホストがデイヴィッド・ディンブルビーからフィオーナ・ブルースに変わってちょっと雰囲気変わったかも)
This week(QT のすぐ後に放送される時事パネルショー。Have I got news for you と Question Time を足して2で割った感じの番組)

日本では、選挙といえば日曜日ですよね。
それは会社がお休みで、みんなが選挙に行きやすいからかな?
詳しくは知りません。

イギリスの場合は、選挙の歴史は日本よりずっと古いです。
日本で初めての選挙は、明治時代、19世紀後半。

イギリスの最古の選挙は 1708年4月30日、月曜日でした。
次の選挙は 1708年7月7 日、土曜日。
木曜日が慣習化したのは1935年11月14 日の選挙からだそうです。
それまでの総選挙はいろんな曜日に行われましたが、私が調べた限りでは、日曜日はなかったようです。

理由ですか?
なるべく日曜日(投票にあたって、日曜日のお説教も含めて、人から聞いた意見の影響を受けにくいように)から遠い日が理想って考えられていたんじゃないかな。
でも金曜日にお給料を貰って、酔っぱらって投票に行くのも困るので、金、土はよくない。
そこで木曜日に決まったとか(笑)
でもこの説は眉唾もの。

選挙が始まったころに投票権を持っていた人たちは、有閑階級の人たちだから、そんな配慮は必要なかったと思います。
でも20世紀に入ると投票権も拡大、そんな配慮が必要になったのかも。
女性の参政権も20世紀初頭に認められます。

実際のところは、木曜日に選挙があると、投票結果の発表が金曜日(最近は即日も可能だけど)
週末にかかるので「首相が月曜日までに内閣を構成する時間がある」というのが有力な説です。

この国、とりあえず事実はどうあれ、投票はいつも木曜日です。

これは選挙の前におうちに届く選挙カード。
登録している投票所の情報が書かれています。
この表をもって投票所に行きます。

写真撮っていい?
ということでティムちゃんにポーズしてもらいました。
 私たちの(というか、私は投票権がないので、ティムちゃんの)投票所は近所のボーリング場です。
 ボーリングってイギリスでは芝生の上でやる遊び。
日本のボーリングは「Ten Pin Bowling」といって別物です。

ポーリングカード(先の写真)を見せて住所と名前を確認して投票用紙を受け取ります。
これは今回の投票用紙。
右手に四角のマスがあるので、投票したい人(や政党)のところにバツ印を入れて投票します。

私はイギリスの永住権は持っているけど、市民権(パスポートと投票権)は持っていません。
なので、毎回選挙の時期になると市民権取ろうかな~と思います。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

0 件のコメント: