2018年12月27日木曜日

クリスマスのプレゼント

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



皆さんのクリスマスはいかがでしたか?

私は桃太郎君とティムちゃんと3人で楽しい団らんのクリスマスでした。
プレゼントを開けるのが楽しみで、クリスマスの朝は6時ごろ目が覚めました。
でも7時まで起きるのを我慢しましたよ。
だって、桃太郎君と7時に起きようって約束していましたからね(笑)

7時は、まだ暗いリッチモンド。
 桃太郎君からはニールズヤードのワイルドローズシリーズをもらいました。
 ティムちゃんからはたくさんのプレゼントをもらったけど、特に気に入ったのはアンティークのブローチ。
探すのにすごく苦労したそうです。
 そして、新しいダウンジャケット。

イタリアのブランドで、デゥベティカっていう名前らしい。
私、普通はイタリアブランドだとサイズ42なんだけど、ここのはなんとサイズ46!

「46なんてサイズを贈ったら離婚されるかもしれない」って、イタリアまで電話してサイズの再確認したらしい(笑)

でもぴったりでした。

この後、新しいジャケットを着て、調子に乗って近所を歩いていたら、足を捻挫してしまいました(笑)


イギリスの応急手当、必ず出てくるものが冷凍のクリーンピース。
どの家庭の冷凍庫にも必ず常備されている。
1時間ほど冷やしたら、すっかり良くなりました。


桃太郎君からヴァーチャルリアリティーのゲームももらったので、午後からはたっぷりゲームで遊びました。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2018年12月25日火曜日

クリスマスのごちそう

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

メリークリスマス!
今年も我が家では七面鳥を聖餐に選びました。
綺麗に焼けて、とても美味しかったです。

2018年の七面鳥は、180度のオーブンで1時間40分焼きました。
サイズは4.5㎏。
半分は胸を下にして、残りの半分は胸を上にして。
いつもは七面鳥にベーコンを乗せるんだけど、今回は乗せませんでした。
付け合わせは伝統にのっとって、ローストポテトとローストパースニップ、スタッフィングと芽キャベツです。
芽キャベツは紫のタイプを選びました。
ワインはスペインの赤ワイン。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2018年12月24日月曜日

今年の七面鳥

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


今日はクリスマスイブ。

金曜日に桃太郎君とティムちゃんとパントを観に行ってから、ゲームをしたり、映画を観たり、団欒の毎日です。

おうちに籠ってばかりじゃないですよ。

昨日はサリーの農場にクリスマスの七面鳥をピックアップしに行ってきました。

リッチモンドは薄曇りだったけれど、ファームまでの道のりは霧が出ていました。
外は12℃と、この季節の割には温かいです。
でもこんなお天気はクリスマスらしくていいなぁ。
 こちらが今年の七面鳥。
なるべく小さなものをってリクエストしておきました。
4.5㎏。

毎年ここで買っていて、育て方にもこだわりがあるのが気に入っています。
これでお値段は50ポンドちょっと。
お料理の仕方なんかも、すべてサイトに載っています。
Bramble Farm (リンクします)

それでは皆さん、素敵なクリスマスをお迎えください。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2018年12月21日金曜日

今年のパント

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


今年はピーターパンを観てきました。
リッチモンドには珍しく、有名な俳優さんがフック役です。

基本、子供向けなのですが、所々にきわどいジョークが入っています。

例年よりもずいぶんレベルアップ。
やっぱりロバートリンジーのおかげかなぁ。
だけど、ジェスター役は今一つ。
後半は少しマシだったけど、上手な人が一人入ると他が見劣りする。

パントって何?
って方は以前の記事をどうぞ(リンクします)


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2018年12月20日木曜日

ロンドンの空港がドローンのせいで閉鎖!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


朝起きてびっくりなニュース。

昨日の夜からロンドンのガトウィック空港で飛行機の発着ができなくなっています。

霧とか嵐ってわけじゃない。

なんと、原因はドローン。

はじめは飛行機が好きな人が写真を撮るのに使ってるのかなぁ、迷惑な話~なんてのんびりしていましたが、どうやら空港を使えなくするために、わざと飛ばしているようだという情報がニュースに流れています。

犯人が捕まるまで、はっきりしたことはわかりませんが、大事をとってフライトはキャンセルか別の空港へ行き先を変えています。

クリスマス前で帰省のための人が多い時期、忙しい飛行場だけに影響は計り知れません。

実は、今晩、桃太郎君もガトウィックに到着の予定でした。
朝から連絡を取り合っていたのですが、お昼ごろにいいニュース。
エディンバラからロンドンまでの飛行機がキャンセルになったのなら、LGERの鉄道会社がただでロンドンまで乗せてあげるという情報が…。
早速、桃太郎君にメッセージしたら、「ニュースのソース(情報源)はどこ?」って聞かれました。
私はツイッターで見たのですが、言われてみれば本当かどうか確認した方がいいかもね。
そこで、鉄道会社のオフィシャルサイトをチェックして、そのリンクを桃太郎君に送ってあげました。



イギリスの鉄道料金は高いです!
かなりディスカウント率のいい早割があるので、予定が早めに分かればそれほどでもありません。
が、今回のように、その日に乗りたいとなると、オフィシャル料金になってしまいます。
エディンバラからロンドンへは、片道160ポンド。

それをただで乗せてあげようなんて、なんていい会社!
もちろん、斜め目線で見ると、会社のいい広告になるわけですけどね。
実際に読み進めていくと、いろいろ鉄道のいいところがアピールされていました。


桃太郎君は無事に列車でロンドンに向かっています。
混んでいるんじゃないかと心配しましたが、エディンバラは始発なので、ちゃんと席に座れたそうです。

「お腹すいてるから、晩ご飯たくさん作って。ペンネアラビアータが食べたい」ってメッセージが入っています。

ティムちゃんはこれからキッチンで桃太郎君のためにお料理!
年末まで、また楽しい3人家族の生活です。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2018年12月18日火曜日

ウエストケンジントンの和風フレンチ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


ロンパラさん(リンクします)からお誘いがあって、ウエストケンジントンのフレンチに行ってきました。
この人がシェフ、ジェラルドさん。
ノルマンディーの出身だそうです。

この日はお休みだったんだけど、北海道出身のコウさんと二人で、ほぼ1年前にオープンしたビストロです。

この日はちょっと早め、6時からの夕食で、まだレストランはガラガラ。
そこで、リラックスした雰囲気の中、お店についていろいろ質問してみました。

おしゃべりがお料理と同じくらい好きって印象を受けました。
フレンドリーでおすすめとかも聞けていい感じです。

コウさんと北海道に行った時に、日本でフランスの食材がうまく日本食に取り入れられているのを見て、逆にフレンチに日本の食材を使ってみようと思ったんですって。

お料理ですが、季節の食材を使うことと、意外な組み合わせを考えることに気を使っているそうです。

例えばこのバター、ただのバターじゃないんですよ。
なんと、味噌バター。
とても美味しかったです。
「手作りなんだよ~」とジェラルドさん。

なので、ねこなすさんのように大豆からお味噌を作っているのかと思ったら、お味噌は買ったもので、バターが手作りだそうです。

ミルクを攪拌したらバターになるのは知っているけど、どれくらい時間がかかるのかは知らない。
昔話で、2匹のカエルがミルクの入った桶に落ちて、一匹はあきらめて溺れてしまいましたが、もう一匹は助けが来るまで泳いで頑張ろうとして、朝まで泳いだら、朝には桶の中にバターの塊ができて、その上に避難できたそうです。

ジェラルドさんは45分くらいでバターができると話してくれました。

以前働いていたレストランで、スタッフが遅刻してきたときに、お給料を引いたり、怒ったりする代わりに、遅れてきたらバターづくり担当というルールを決めたそうです。
そうしたら、誰も遅刻しなくなったって話してくれました。

確かに小一時間、黙々とミルクを攪拌する作業って退屈そう!

さて、お料理ですが、定番のお料理にひと工夫というのがウリ。

面白そうなものがメニューに並んでいたので、私は前菜を3つとることにしました。

一つ目はチャウダー。
Dorset crab and chorizo chowder – 6.5
カニとチョリッソ。
アイディアはわかるんだけど、チョリッソの味が強いので、バランスが悪い。
折角のカニの味は全く感じることがなくて残念。

チョリッソの量を少なくするか、炒めた時のオイルをスープのアクセントにするときに、こちらも少なめにした方がいいかも。

ロンパラさんは、ここの名物、枝豆入りのステーキタルタル。
Steak Tartare, edamame, black sesame and quail egg – 8
枝豆とビーフの組み合わせは面白い。
だけど、枝豆を刻んだ方が食べやすいと思う。
ビーフから食感が浮くのが難点かな。
中にショウガが結構入っています。
ミソバターを塗ったパンともすごく合う。

こちらはロンパラさんが選んだブイヤベース。
Sea bass and seafood Bouillabaisse, fennel, saffron & dill – 16
美味しそう。
量もちょうどいいんじゃないかな。

私はもう一品前菜から。
Rabbit and pistachio terrine, sourdough and Tsukemono – 7
ウサギとピスタチオのテリーヌ、漬物添え(笑)
ウサギのテリーヌはおいしかった。
結構ガーリックが効いてる。
添えられているキュウリが、パリッとしていて、昆布茶の味。
レシピを聞いたら、やっぱり昆布茶とビネガーとお砂糖らしい。
テリーヌの合間に食べても、一緒に食べてもいいと思う。

さてデザートです。
梅酒は好きかと聞かれたので、好きだけど、甘すぎるのは嫌だと言ったら、甘くない梅酒だって。
強いお酒も好きじゃないって言ったら、強くないというので一杯注いでもらいました。
甘すぎない梅酒。
これは食後種にピッタリ!
ロンパラさんは、この人おすすめデザート、ブッシュノエル。
小豆クリームのロールケーキと栗のアイスクリームの組み合わせです。
栗のアイスクリーム美味しい!
甘すぎないし、ほっこりした味。
こどもの時に食べた、井村屋の小豆アイスを思い出しました(笑)
ロールケーキのほうは、スポンジが今一つ。
中の小豆アイスはいいけど、スポンジが重いのと、クリームとの境目がべちゃっとしたまま固まっていたのが残念でした。

このお店は日本酒も置いている。
「シイタケの味がするお酒だ」って言われたので興味がわいて、これも味見したけど、確かにシイタケのような味。
お料理に合いそう!

さて、こちらがお勘定。
クオリティーの割にはかなり安いと思いました。
特にお料理好きな人には、アイディアを得るのにいいんじゃないかな。
ただ奇を狙ったようなメニューもあるので、当たり外れがあるなっていうのが正直なところ。
サプライヤーにもこだわりがあるし、週末にはブランチや、特別なイベントなんかもやっている。
近くにいるならぜひどうぞって感じです。

Bistro Mirey (りんくします)


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2018年12月16日日曜日

フレッシュ プレスト C 試した結果どうだった?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


先週記事にした美顔キット(リンクします)のレビューです。

本当は7日間のキットなのに、8日分入っていたことは記事に書いた通り。
その最後の袋が終わりました。

フレッシュ プレスト C のシステム、洗顔と美容液のキットです。

ステージ1、朝、小袋のパウダーを濡れた手で泡立てて洗顔。
ステージ2、その後、美容液を保湿クリーム(自前のもの)に数滴混ぜて塗るだけ。
夜はステージ2のみ。


さて、結果の写真を載せますね。
クリックすると大きくなるはず。
一番上が12月7日のもの。
そして下が12月15日のもの。


毎日写真を撮って思ったんだけど、同じ条件で写真を撮るのってすごく難しい。
これは窓のそばで、柄がないレースのカーテン越しの明かりが差す場所。

お天気が毎日同じじゃないから、明りの量も違う。
完全な屋内の、人口の明かりのみっていうのも撮ったんだけど、お部屋が暗くてあるはずのシミも目立たない。
これは12月8日なんだけど、これ以降の写真は、明るい場所と比べると、シミがほぼない状態。
なので正確じゃない。
よく、お肌の美白効果とかで「使用前」「使用後」とか広告に出てるけど、あれって全く信用できないなって実感しました(笑)

それでもティムちゃんからは「お肌がきれいになった」って言われたので満足。
触った感じは「しっとり」っていうよりも「さらっと」って風です。
それよりもうれしいサプライズだったのが、手。

「ひねりテスト」ってしたことありますか?

これはどれくらいお肌が老化しているかを見る、とても簡単なテスト。
用意するものは何もありません。

まず手のひらを下にして、もう片方の手で手の甲の真ん中をつまみます。
そして、クルっとそのままひねってから手を放します。
ひねった部分が元に戻るのが早いほど、お肌のハリがあるということ。

これ、やってみるとわかるけど、ハリがある肌だと、戻る過程が速すぎてて見えません。
ところがハリがない肌だと、ゆっくり戻るのがちゃんと見える。

とても簡単なので、ぜひやってみてください。
右手と左手でも差があるので、両方やってみるといい。

このフレッシュプレストC は顔に施すものなんだけど、ついでに手の甲も同じようにトリートメントしていました。
2~3日くらいで手の甲が明るくなった気がしたので、ひねりテストをやってみたら、ひねりが戻るのがほとんど見えない。
わ~、ハリが出てるんだって実感しました。

ということで、もう2週間やってみようと、新たに2箱購入。

残念ながら、今回は両方ともおまけはなくて7個ずつ小袋が入っていました。
今回はクリニークじゃなくて、ジョンルイスで購入。
定価は25ポンドだけど、ジョンルイスでは20ポンドでした。

ちょっとお得!


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2018年12月15日土曜日

日本の全農が経営しているレストラン、TOKIMEITE に行ってきた!




タイトルそのままなんですが、全農がやっているレストランです。
今回はカウンターでランチをいただいてきました。

時間もそんなになかったので、簡単に「おすすめのお寿司10貫セットランチ」
珍しく、お茶です!

ここのお茶、とても美味しかったです。
急須で6ポンド。
ホテルのロビーで紅茶を頼むとそれくらいだから、高くはないと思います。

日本だと「レストランでお茶にお金取るの?」ってびっくりされるかもしれませんが、ここはロンドン(笑)

因みに、アルコールの提供があるお店では、法律で、無料の水道水を提供しなければいけないと決められています。
なので、飲み物にお金を払いたくなければ「Tap Water Please(水道水をください)」と言えば大丈夫。

最近は節約のためではなく、エコな観点(輸送エネルギーやごみといった理由)から、水道水を頼む人がいます。
そこで、レストランによっては、言われなくてもフィルターに通した水道水を出してくれるところが増えました。



お茶を飲んでいたら、つきだしが出てきました。
 とってもクリーミーな手作りのお豆腐。
木のスプーンで、そっといただきました。
フルフルのお豆腐は、お箸で持ち上げられないくらいトロトロのものを出すところもあるけれど、ここのはギリギリお箸が使える硬さがありました。
量もちょうどいいし、コクがあっておいしかった!

頃合いを見計らって、お味噌汁とサラダ。

わぁ~、きれい。
菊の花びら、久しぶり。

高級ジャパニーズだと、お味噌汁が前菜の扱いで最初に出てくるところも多いロンドン。
ここはお寿司とほぼ同時です。

こちら、私のランチ用に板前の林さんが切り分けてくれたもの。
カウンターに座ってゆっくり眺められたのが良かったです。

お魚の名前と、どこでとれたものなのかも丁寧にお話ししてくださったので、大満足。
 今日は、少し小さめに握ってくださいとお願いしました。
 出来上がり!
 一番おいしかったのはガンベイロッソ(日本のボタンエビのようなもの)
産地がポルトガルだったか、スペインだったか忘れましたが、甘くてトロっとしていて最後にちょっと歯触りが残っていて、すごく良かったです。
貝柱とスズキもおいしかった。

それからもう一つ、すしネタではないけれど、しょうがもおいしい。
「自家製ですね、おいしいです」って聞いてみたらその通り。
 オレンジと一緒に漬け込んでいるそうです。
見えますか?
オレンジの皮。

ゆったりした空間でおいしいもの食べていると幸せな気分になります。
お仕事中だってことを忘れそう(笑)

私はお箸ではなく、指でつまんでお鮨を食べます。
ひとつ目に手を伸ばしたところで、サッとおしぼりが出てきた。
いい感じ!
 ふと見上げると、カウンターの後ろには和食器が並んでいて、一番上の棚のものは底の部分も見えます。
 何か書いてある。

気になったので聞いてみました。
焼いた人の名前かと思ったら、そうじゃなかった。
「ホニさん」なんて、珍しいでしょ?

これ、お重なんですって。
手焼きで微妙にサイズや形が違うから、同時に焼いたものに同じマークを付けて、重ねた時にぴったりするような工夫だそうです。

へぇ~。
細かなことだけど、確かにお重でぴったり重ならなかったら気分良くないかもね。


大満足なランチでした。
こちらがお勘定。
ここはサービスチャージが14.5%。
ロンドンのレストランは12.5~15%くらいなので、やや高めかな。
でも丁寧なサービス(特に林さん)だったから、全く問題なし。

ただ、欲を言えば、サラダをもう少し早めに出してくれたら、前菜として食べられるからうれしいかも。
サラダを後に食べたい人もいるだろうから「サラダはお鮨の前か後どちらがいいですかって聞いてくれたらパーフェクトだなぁ」というのが建設的なな意見です。







  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2018年12月13日木曜日

ロンドンの街はクリスマスデコレーションでどこも素敵!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


ロンドン、行くならいくつの季節がいいですか?

よくある質問のひとつ。

ロンドンで何をしたいかにもよりますが、街の美しさを見るなら、今が一番かもしれません。
どこもクリスマスのイルミネーションで綺麗!

ホテルやレストランもクリスマス仕様。

これは、今週お世話させていただいているお客様がお泊りのホテルロビー。

綺麗でしょう?

綺麗なだけじゃなくて、大きい!
ツリーの脇にいる人と比べると、このツリーがどれほど大きいのか見ていただけるんじゃないかと思います。
 使っていない時にはどこに仕舞ってあるんだろう?
これだけのツリーが入るお部屋なら、1泊かなりチャージできそう(笑)


さて、場所を変えて、こちらは何のお部屋かわかりますか?
卵型のものはお手洗いの個室なんです。
普段は単純な卵の殻みたいな色なんですが、季節によって飾りが施されます。
お茶を飲みに立ち寄った、スケッチ(リンクします)

建物の入口(内側)はこんな感じです。
朝食、アフタヌーンティー、ランチ、ディナーと、1日のどの時間でも楽しめる面白空間です。
商業施設のインテリアで紹介されることも多いので、ご存知の方も多い場所。

バーでゆっくり飲み物を楽しむのもおすすめです。
こちらがステキなスケッチのバー。

華やかなこの時期、街歩きやショッピングでロンドンの美しさを堪能してください。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。