2022年8月17日水曜日

パリで一番なのはオルセー(私の個人的な意見)

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


パリで過ごした4日でいろんな美術館や博物館に行きましたが、私が一番魅力的だと思ったのはオルセー美術館でした。

これは入場料金や展示内容などに混み具合や見やすさなどを加味して私が思ったことです。
個人的な意見なので、もちろん考え方は人それぞれ。

2022年夏の入場料は 16ユーロ。
ロンドンのメジャーな美術館や博物館は無料なので、いつも外国の入場料にはびっくりします。
でも内容が伴っていれば、もちろん支払うことは問題ないです。
展示の内容はもちろんですが、快適に展示が楽しめるように入場制限すべきだと思ったのはルーブル。
入れれはいいってもんじゃないと思うんですよね。

オルセー美術館は混んではいたけれど、混み具合は許容範囲。
昔は駅だったということで、建物のあちこちにそんな特徴が垣間見えます。
鉄骨アーチは駅ならでは。

駅だと時計は必須。
館内でたくさんので時計を見かけました。
歩いていると、どこかで見たことの絵に出合うのは、ヨーロッパでは普通。
これはミスタービーンの映画でおなじみですね。
「ウィスラーの母」

展示物もさることながら、建物そのものの装飾もとても素敵です。
これは天井の一部。
外に向かった時計を内側から。

ドガの踊り子をもとにブロンズで作られた像。
少女のポーズがとても印象的です。
時間がなくてカフェには寄らなかったけれど、おしゃれな内装の脇を通り抜けました。
ところどころの窓から眺めたセーヌ川。
ロンドンの美術館ではレストランやショップ以外に外が見える窓を見かけた記憶がありません。
V&Aくらいかな?
窓があると開放感があっていいですね。

これ、思わず写真を撮ってティムちゃんにメッセージしました。
理由は、ティムちゃんと付き合い始めた時、彼のフラットにコピーが飾ってあったから。
ピエールボナードの作品です。
私が一緒に住むようになってすぐ、外して他の絵に取り換えましたけど、まだどこかにあるはず。
オルセーで買ったのかと聞いたら、「行ったことない」ですって。
どこで買ったのか聞いたら、コベントガーデンのポスター屋さんだそうです。

個人的に良いなと思ったのはこの絵かな。
印象に残っています。
シャヴァンヌの「希望」
ゴーギャンに影響を与えた絵だそうです。

他にも自由の女神が現れたり、散策に楽しい美術館でした。
また来たいなって思える美術館や博物館に出合えるのはうれしいです。






  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2022年8月12日金曜日

ユーロスターのビジネスプレミアはどう?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


今回のパリ往復はユーロスターでした。

ご旅行のプラン時に、お客様から「飛行機とユーロスターどっちがいいか」アドバイスを求められたんですが、ユーロスターの方がお勧めですって秒で答えました(笑)

といっても状況によっては飛行機をお勧めすることもあり得ます。

今回ユーロスターをお勧めしたのは;

1、ロンドンの中心地からパリの中心地までの移動なので、飛行場と中心地間の移動ロスがない。
2、コロナ禍で人員不足の各国エアポートのサービス状況が良くない。

この2点です。
特に2に関しては、利用することになるヒースローで荷物の紛失が多発していることに加えて、短距離の飛行ルートのキャンセルが相次いでいることも考慮しました。

日本からの旅行客の場合は、短期間の滞在が多いので、1も2も両方大事ですよね。

ただ、大変だったのが荷物。
以前あったポーターサービスが無くなっていて、自分で荷物を運ばないといけない。
もしくは滞在地のホテルから、目的地のホテルまで荷物を運んでくれるサービスもあるそうですが、今ひとつ信用できない(笑)
ただ、荷物検査の際に持ち上げたり下ろしたりする以外は、すべてフラット(プラットフォームに上がるのはスロープですが、段差は無し)数は少ないですが、エレベーターもあります。

お荷物がスーツケースやキャリーケースひとつなら、それほど気にしなくていいと思います。
でも2個以上あるなら、ちょっと大変かも。

ユーロスターのサービスは、基本スタンダードとビジネスの2種類です。
そして、この中間に位置するスタンダードプレミアというのもありますが、名前が大げさな割に大したサービスじゃないのでお勧めしません。

以前はビジネスプレミアの食事は悪くなかったと覚えていますが、ここ5年くらいはハズレが続いています。
メニューのパターンもあるので、運もあるかも。

ビジネスのいいところはチケットが柔軟に対応(無料で変更やキャンセル可能)できるところと優先レーンの存在です。

座席が少し広いとか、食事が出るというのはオマケ程度に考えていた方がいい。
だってパリまでたったの2時間強。
食事に興味があるのなら、美味しいレストランに行けばいいです。
でも侮れないのは優先レーン。
ロンドンのセントパンクラスでも、パリの北駅でも、ぞっとするような長い行列を見かけますが、優先レーンでスキップできるのは気分的にも随分プラスです。

そして駅の中にはラウンジがあって、出発まで寛ぐことができます。

これはパリのラウンジからの眺め。

車内の食事の写真もちょっと載せておきます。

まずシャンペンとナッツが来て、その後、前菜とデザートが乗ったトレイが登場。

前菜はチキンの入っていないコロネーションチキン風のサラダでした。
メインはタラのクリームソース。
デザートはレモンムースのケーキ。
こんな景色を見ながらの食事です。

今度はロンドンに帰る時のメニューです。
トマトとモッツアレッラのサラダ、
メインはベジタリアンのメニューにしてみました。
意外においしかった。
そして、ミラベルがデザートなのにびっくり。
フルーツが丸ごと出てきたのは、何回もユーロスターに乗っているけど初めての経験。
ま、ざっと紹介しましたが、期待はしないほうがいいです。
ヨーロッパ便の飛行機のビジネスクラスの食事レベルと似たり寄ったりというところ。
ビジネスプレミア、繰り返しますが、期待すべきは食事ではなくチケットの柔軟性と優先レーン(笑)

その2点が必要ないなら、潔くスタンダードのチケットで、お弁当を持参するのもあり。
列車内ではろくなものがないし、しかも高価です。
ロンドンだと、ユーロスター発着のセントパンクラス駅やお隣のキングスクロス駅の構内でいろんなものが手に入ります。
パリでは、ずっと昔、プランタンの食品売り場でオードブルの盛り合わせを買って、座席でゆっくり楽しんだことがあります。
まだウォータールー駅の発着で、パリからは3時間以上かかっていた時代、懐かしいなぁ。

ロンドンでもパリでも、駅に到着してUBER を予約すると、混みあうので3割り増しくらいからひどい時は倍近くの運賃になります。
なのでお茶でも飲んでしばらくしてから手配するか、ふつうのタクシーで移動の方が安い場合も多いです。





  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。



2022年8月9日火曜日

オランジェリー美術館

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

セーヌのほとり、モネの睡蓮で有名なオランジェリー美術館を訪れました。
ここもミュージアムパスが使えます。

入り口にはパス用の行列があって結構並んでいましたが、公認ガイドと一緒だったので行列をスキップして入場できました。

ここも人気の場所ですが、ルーブルと違って、ゆっくり絵画を楽しめるのがいいですね。

モネはイギリスに住んだこともあるし、イギリスの美術館にもたくさんの作品があるので、私にとってはおなじみの画家なのですが、やはり彼が設定した空間で楽しむという点では、イギリスの美術館よりも、このオランジェリーやジヴェルニーが鑑賞にふさわしいと思います。

東西南北を意識して展示された作品。
ゆったりとした空間で思い思いに作品を楽しむ人たち。
やっぱりこういった空間が素敵です。
方角や時間によってさまざまに変わる池をそのまま体感できるように設計された空間。
なんとも贅沢ですね。


オランジェリー美術館、私は地上階しか知らなかったのですが、今回初めて地下のギャラリーも訪れました。
公認ガイドによると、30分以内で出ることが多いので、地下まで寄ることはほとんどないそうです。
もったいない!
地下のギャラリーにもたくさん素晴らしい作品が展示されています。
もし行く機会があったら、ぜひこちらも忘れずに訪問してください。

私が一番いいなって思ったのはこちら。
ココ・シャネルの肖像画。
画家はマリーローランサン、ともに女性です。
ココはこの肖像画が儚げで、自分のダイナミックさを表していないという理由で受け取りを拒否したとか。

もう一つ、私がいいなって思ったのはルソーの作品。
田舎の結婚式をモチーフにしていて、なぜかとても心に訴える作品です。


最後にびっくりだったのが、お手洗い。

なんとウォシュレットだったんです。
全部じゃなくて、私が入った個室がそうでした。
地下にあります。

意外な出会いが美術館の醍醐味(笑)




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2022年8月7日日曜日

人気があるのは分かるけど、混みすぎで楽しめなかったルーブル美術館

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


もうタイトル通り。

素晴らしい美術館なんですけどね。
だけど、また行きたいかって聞かれたら、混んでるからイヤ、というのが正直なところ。
30年くらい前に行って、実はその時も「大英の方がいいや」って思ったのを覚えています。
今回2回目ですが、もういいかなって感じ。

大英博物館やナショナルギャラリーは1000回以上行ってるけど、また行きたい。
行くたびに新しい発見があるし、本当に楽しめます。
ルーブルもタイミングが良ければそうかもしれない。
入場制限をして、訪問客の滞在クオリティーを高めて欲しいなって思いました。

入場料は17ユーロ。
ミュージアムパスは使えますが、事前予約が必要で、その予約はかなり前に埋まっています。

今回はパリの公認ガイドと一緒だったので、入り口が3か所(うち一か所は予約済みのグループ専用)あることや、地下の入り口がすいていることなどがわかりましたが、ふつうはピラミッドの入り口に並ぶようです。
これは夜に中庭のレストランでご飯を食べた時に撮った写真。
お昼の行列は1時間くらい並んでそうな感じでした。
ここから入るのは時間が足りなさそうだったので、次はリボリ通りから入ったすぐにあるグループ用の入り口から入場を試みました。
が、ガイド同伴でも人数が4人と少なかったので断られました。
結局、少し歩きましたが地下の入り口からほぼ待たずに入場。

ホッと一息ついたものの、展示はどれも「とりあえず混んでる」の一言。
意外に混んでいなかったのがダヴィンチの作品。
ナショナルギャラリーでおなじみの作品です。


ミロのビーナスは・・・「あ、いいじゃん、間近で見られる」と思いました?
これは写真をクロップしたから(笑)

実際はこんな感じで近寄れない。
ニケも同じ。
でもこれらはまだましな方。

やっぱりモナ・リザが一番混んでいる。
大したことないじゃんって思います?
これ見て。
モナ・リザの前に行列用の簡易レールが張られて、30分くらい並んで一瞬目前で楽しむっているシステムです。
別の角度からはこんな感じ。
簡易レール見えるかな?

モナ・リザよりも、群衆の方がアートだと思いました(笑)
これがアートを楽しむ場所や方法なのかって疑問に思います。
多分タイミングによってはもっと静かに楽しめるとは思うんですが。
だけど、公認ガイドからは、これは普通でもっと混むこともあると言われました。
これ以上の混みようは想像できない。
コロナ禍じゃなくてもヤだな。


ということで、遠目で内装の豪華さを楽しむのが一番かな?

というのが、私のルーブル訪問の感想です。
ちょっと辛口だけど、イギリス贔屓の私の意見だから少し偏っているのかも。








  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2022年8月5日金曜日

ベルサイユ宮殿!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


昔、「ベルサイユのばら」という漫画が流行りました。

私は実はちゃんと読んだことがなくて、いとこのお姉さんのところでかじった程度。
ま、あらすじは知っていますけどね。

数年前にフランス系の製作会社が「ベルサイユ」というシリーズでベルサイユができるまでみたいな内容のドラマを作って結構好評でした。
イギリスでも放映されて、毎週楽しみに見ていました。

ということで、今回訪れたパリ郊外の超有名観光地。

場所はパリ中心地からは西に外れたところ。
ミュージアムパスが使えますが、持っていても予約が別に必要です。

今回、気温が高くなるのがわかっていたので朝のうちに予約しました。
9時。
なのでホテルを出たのは8時。
西側のホテルだから30分ほどで着くけれど、車を降りてから写真を撮りながら中に入るのには時間がかかるし、9時前には並ばなくてもお庭には入れるので、それを計算したうえで。
自分でいうのもなんですが、すごくいいプランでした。
というのも9時半を過ぎると宮殿前の敷石に太陽が照り返して、入場を待つ間ものすごく暑くなります。
それまでに入場して、すいているうちに中を見るのがいいと思います。

ベルサイユ宮殿の正面。
プライベートカーで来るとここで車を降ります。
まっすぐ歩いて宮殿の敷地内に入ります。
8時半過ぎは、まだ観光客はちらほら。
正面から左手にぐるっと回って裏手のお庭へ進みます。

お庭への入り口は9時に一旦閉まって並ばないと入れなくなりますが、9時までは何のチェックもなしに入ることができます。
宮殿から噴水を眺めた景色はハンプトンコート宮殿を彷彿とさせます。

今回はチケットの予約をしてから公認ガイドを予約しました。
なんと公認ガイドにガイドをしてもらうにはガイドパック(グループ対応費用)といって72ユーロ余分に費用が掛かるそうです。
ウインザー城なんかと同じに公認ガイドは無料でガイドできると思っていたら、以前はそうでしたが、最近始まった制度だそうです。

この制度、ウィークディに電話受付しかしていないらしく、かなり不便です。
中身はイギリスの宮殿と重なる部分が多いので、正直ガイドはいるかなって気もしましたが、やっぱりルールに従って観光した方がいいと思って予約しました。

見どころはやっぱり鏡の間とチャペル。
グループ用の入り口わきにチャペルがあります。
青空の下、とてもきれい。

こちらが内側。
やはりハンプトンコートパレスのチャペルと同じように上階が王家の人用で、下階が一般人用。
ここでマリーアントワネットが結婚式をあげました。
結婚の証書にサインをした時にインクのシミができたという話は有名ですよね。

宮殿のお部屋は天井画がとても素敵です。

調度類はほとんどない。
でもそれでも豪華さは感じられます。
こちらが鏡の間。
さっと観ると1時間強かな?
でも混んでいたりじっくり見るならもっとゆっくり時間を取ってもいいところです。
個人的にはウィンザー城やハンプトンコート宮殿の方がいいなと思いましたが、それは私がイギリス贔屓だから(笑)

パリに行くなら1度は見ておけばいいと思います。
そして行くなら朝一番にどうぞ!



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2022年8月3日水曜日

ディオール大好き!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



今回、行くまでその存在を知らなかったのですが、本当に楽しめたのでお勧めします。
パリでは、ここ以外にもいくつかのデザイナーが博物館部門を持っていたりするようなので、好きなブランドがあるなら調べて見てもいいかも。

ディオールの博物館は 8区にあって、チケットはネットで購入できます。
入り口にはチケットなしの人たちの列とチケットを持っている人たちの列があります。
人気なので当日並ぶのは避けたほうがよさそう。

指定の時間の5分ほど前に到着して、予約時間の5分後くらいに入場できました。
中に入ると広い空間の奥に3階まで届くらせん階段があって、その周りにディオールのデザインがミニチュアで色別に並んでいて壮観です。
ミニチュアのドレスは40㎝くらい。
階段で上がり降りすると間近に見ることができます。
まずはその奥にあるリフトに乗って最上階へ。
一番最初はやっぱりこれ。
ディオール一家の家族構成や生い立ちなんかも興味深い。
実家のお庭が与えた影響だとか、知らないことばかり。
自然な明かりが入るお部屋に飾られたドレスの数々。

ディオールの執務室。
これ以外にも縫製のお部屋なんかも興味深かったです。

一番迫力があったのはこのお部屋かな?
お部屋の照明が変化しつつパーティーの様子を彷彿とさせる風でした。
ビデオにとっている人も多かった。


そこから部屋を巡りつつ、2回にあるカフェで博物館はおしまい。
展示はディオールの歴史始まりから現在まで、ドレスだけではなく、香水なども含まれます。
テーマごとの展示で、いろいろなデザイナーによるドレスを見ることができて、本当に圧巻の一言。
このドレスは妹のためにデザインしたもので、香水のMiss Dior のアイディアにつながったそうです。
客層はファッションに興味がある人たちが多い様で、みんなすごくおしゃれ。
話し声から察して、外国人よりもフランス人が多いような印象を受けました。
ディオールのお店もすぐお隣だし、ディオールのブックショップも角を曲がっただけのところにあります。
ただ、同じ本が装飾博物館などのショップにも置いてありました。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。