2019年5月20日月曜日

おすすめのドラマ2本

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



最近観たドラマがとても面白かったので紹介します。

一つは Bodyguard(シーズン1は6話)

内務大臣ジュリア・モンタギューと、そのボディーガードを務めるデイヴィッド・バッドを軸に、テロや暗殺が絡むサスペンスドラマ。
舞台がロンドンなこともあって、特に楽しめました。
ちょっと大人のシーンもあります。
スピード感があって、引き込まれる演技でパワーゲームというか、人間関係がとても面白いドラマでした。
こちらはオフィシャルトレイラー。

もう一つは Killing Eve(シーズン1は8話)

サイコパスの暗殺者、Villanelle と、MI5 に努める Eve の奇妙な関係が軸のアクションドラマ。
正直イブ役の俳優さんが好きじゃなかったので、評判は聞いていたけど見る気にはなりませんでした。
でも、もう一人の主役、ジョディーコーマーが British Academy Television Award for Best Actressで賞を取ったので見てみました。
舞台はロンドンを中心に、ヨーロッパの各都市も出てきます。
ジョディーコーマーの演技が素晴らしい!
KillBill と同じような感じで、暴力のシーンはあるんだけど、汚くはない。
スピード感もあるし、1話見たら次も見たくなります。
こちらはトレーラー。

両方、今のところは1シーズンだけなんだけど、すでにシーズン2が予定されています。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年5月19日日曜日

おいしいチキン

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

私たちの普段のお買い物は、お肉類はWholefoods、お魚はSandy's、野菜は八百屋さん、その他はWaitrose というスーパーマーケットで買っています。
でも時間がない時は八百屋さんに行かずに、Waitrose で買っちゃうことも多いです。

お肉をWholefoods で買う理由は品質。
Waitrose よりも断然いい。

イギリスでは、最近、環境問題から、肉食はよくないと考える人が増えてきました。
私は肉食が悪いとは思いませんが、動物愛護の観点から、ちゃんと飼育されたお肉を買うようにしています。
Free-range(放し飼い)であることはもちろん、餌の種類や、農場のステイタスなどもウェブサイトで確認したりしています。

最近Wholefoods で見かけるようになったチキンも、調べてみたら良さそうなので先日買ってみました。
すごくおいしくてびっくり!

これまでは Wholefoods でCapestone というオーガニックチキンを買っていたのですが、このチキンのように、特に味がいいと思ったことはありませんでした。

このチキン、Label Anglais Chicken というブランド。
普通のスーパーマーケットで売られているものとは違って、70日以上かけて育てたチキンです。

一般のスーパーマーケットで売られているチキンは、30日ちょっとでマーケットに出回ります。
なので倍以上の時間をかけているわけ。
詳しくはウェブサイト(リンクします)をご覧ください。
餌の種類やその他の情報も記されています。

今日もチキンを買ってきました。
これで2㎏、12ポンドでした。
チキンは丸ごと買うのが一番安いです。
このままローストにしてもいいけど、フライパンでさっと焼くために、捌いてみることにしました。
 まずはお腹の中の内臓を取り出します。
 こんな風に別の袋に入っています。
私たちは内臓には興味がないので使いませんが、ソースに使ったりするのには便利です。

 丸ごとチキンを捌くというと、何となくハードルが高いと思ってしまうかもしれませんが、やってみると意外に簡単です。
たぶん1-2回試してみるとコツがつかめると思います。

必要なのは、まな板とよく切れる包丁だけ。
いろんな方法があるけど、私の捌き方を紹介しますね。
別にこれが正解ってわけじゃないです。
ちゃんと習ったわけでもないし、あくまでも私の方法。
自分の好きな方法でどうぞ。

まず手羽とドラムスティックの先の部分を切り取ります。
 切る前にひねって関節を外すとうまくいきます。

そして、チキンの真ん中から包丁を入れて、軟骨に沿って胸肉を切り取ります。
こんなカンジ。
 モモと胸肉が一緒になっていて、これでチキンの半分。

皮の側から見たらこんな風です。
 はっきりと胸肉とモモ肉に分かれているでしょう?
その間をナイフで切ります。
反対側も同じように骨から外して、もも肉の骨や胸肉の手羽元の部分を切り取ったらこんなカンジ。
お肉は タッパーに入れて、冷蔵庫へ。
 ガラの部分はスープストックにします。
4-5時間かけて、ゆっくりと煮出して前菜のスープに。
今ならえんどう豆のスープがいいかな。
クジェットを1本と長ネギか玉ねぎを入れてゆっくり煮込んだら、えんどう豆を入れて火が通ったところでブレンダーに入れて塩コショウで味を調えるだけ。

おいしいし、安いし、ぜひトライしてみてください。





  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年5月17日金曜日

イアン君がおうちに来た!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


今日の記事は我が家の記録用です。


我が家にサボテンを置くようになったのは、2011年の秋くらいだと思います。
Mr Cactus 一家の話がブログに初登場しているのは2012年の2月。

それまではヤッカとか、ベンジャミンとか、観葉植物らしいものを置いていましたが、1年と持たない。
なので、長持ちしそうなサボテンや多肉植物にシフトしていきました。

初代のMr Cactus 一家は4年くらい私たちと一緒に暮らしましたが、カラム君を残して死んでしまいました。
 赤いベレーをかぶっているのがカラム君です。
こんな風に帽子をかぶせたり、表情を付けたりしてかわいがっていました。

カラム君はまだ一人でけなげに生きています。
が、情が移ったら、死んだ時がつらい、ということで、表情を付けるのは禁止になってしまいました。

2015年の秋に我が家にやってきたのはジャンゴ君。
彼は1年弱で死んでしまいました。
その時のお話がこちら(リンクします)

ジャンゴ君の後はステファン。
そのステファンは、先週、黄色くなって死んでしまいました。

これまでみんな近所のガーデンセンターで買っていました。
今回も何か見つかると思って見に行きましたが、欲しいものがなかったので、オンラインの植木屋さんから買いました。

いつもはガーデンセンターで選んでから、ティムちゃんが名前を決めていたのですが、今回は既に植木屋さんで名前が決められていました。
これはネットの写真。
イアン君です。

さっき届いたのがこちら。
 インターネットだから、思ったものとは違うかもしれないって心配でしたが、なかなか立派なイアン君を見て一安心。
 さっそくいつもの位置に置いてみました。
ティムちゃんはどの角度が一番か、ぐるぐる植木鉢を回して位置を決めました。
 イアン君は長生きしてくれるといいなぁ。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年5月15日水曜日

とんかつソースの味比べ!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


この間、イギリスのスーパーマーケット、ウェイトローズで「Tonkatsu ソース」を買いました。
なんで「とんかつ」って書かなかったかっていうと、日本から輸入とかってわけじゃなく、イギリスをターゲットに作られた製品だからです。
しばらく前から見かけていたけど、買ったのは今回が初めて。
おいしくないだろうと思ったのが買わなかった理由。

じゃあ何で買ったのかといえば、どんな味だか試してみたかったから。

この写真の一番左手がそう。
 どうせだったらよく買っているブルドッグソースと、日本のとんかつソースに似ている「HP ソース」とも味比べをしてみようと思い立ちました。

よっぱど暇なんですね。
ハイ。
今週は暇なんです。

それぞれをお皿に出してみました。
 HP ソースが一番固め(この表現で合っているかどうかは別!)

指で舐めてみましたが、普段ソースだけ味見することがないので、新鮮でした。

簡単に、ウェイトローズのソースは「W」と呼びますね。
そして、HP ソースは「H」
ブルドッグとんかつソースは「B」


W は、甘酸っぱい、中華のプラムソースみたいな味がまず初めで、そのあとソースっぽい味。
とんかつソースとはちょっと違う、何となく薄味なんだけどな~って感じです。

H は舐めると、まず酸っぱい!
そして、その後にスパイスがガツンと来ました。
いままでHPソースがスパイシーだと思ったことがなかったのでちょっとオドロキ。

B の第一印象は甘い。
でも W がプラムっぽい甘さなのに対して、トマトっぽい甘さ。
後味がまろやかで酸味はあるけどツンときません。
やっぱり慣れている味だからか、このソースが一番落ち着きました。

でもソースってそのまま食べるわけじゃないから、やっぱり食べ物で試してみないとね。

ここで「とんかつ作ってみました」っていうなら、フードブロガーになれるかもしれないけど、残念ながらそこまではしませんでした(笑)

ソーセージを焼いてみた。
写真は撮らなかったけど、卵の白身も焼いてみました。
淡白な味だから、味比べにはいいかなって思って。
結論から言うと、スパイシーなソーセージだったら、何を付けても大きな違いはないかなって感じ。
なので、ソースの濃度の方が気になります。
H はナイフでソーセージに付けるならいい感じ。
W も B も緩いのでフォークで切ったソーセージをソースにディップスるといい感じでした。

で、卵の白身で味見をしたら、やっぱりソースの味がよくわかりました。

ティムちゃんが一番好きなのは H。
理由はスパイシーなこと。
そしてナイフを使ってソーセージに付けやすいことだそうです。
B は甘すぎ、W は後味が嫌だそうです。

私は B がいいと思いましたが、正直、濃い味のものに付けるなら何でもいいかなって思いました。
そこで気になるのはカロリーや塩分。

W、H、B の順に書きますね。
いずれも100g中の成分です。
まずカロリー、117kcal122kcal145kcal でした。
脂肪はどれも低い。
<0.5g、 0.1g、 0.0g
炭水化物 27.3g、 28.3g、 35.0g
その中の糖分 23.3g、 23.1g29.0g
プロテインは 1.0g、 0.9g、 0.6g
塩分は 3.04g、 1.3g、 5.6g
ということで、一番健康的(糖分や塩分が低め)なのは意外にも H!

気になるお値段ですが、100g当たりのお値段は 81.4p、 41.7p、 90p という結果でした。


因みに日本でソースを使い始めたのは、輸入されたイギリスのウスターソースがはじめ。
リーペリンが有名ですよね。

でそれを真似して作られたソースが、どんどん特化して濃厚なものも作られるようになったそうです。

でもリーペリンが輸入されていたなら、HP ソースだって輸入されていたんじゃないかなぁ。
あまりにも似ているので、実はこのソースが日本のとんかつソースのもとだったのでは、とひそかに思っている私。
でも調べてもそんな事実は出てきませんでした。

HP というのは国会議事堂(Houses of Parliament)のことなんですよ。
ソースの会社が国会議事堂でこのソースが使われているということを知って、商品名にしたそうです。
なので、ボトルには国会議事堂の絵が描かれています。

王室御用達の紋章もついているし、イギリスらしいソースなのでお土産にもいいんじゃないかな?



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年5月10日金曜日

ロンドンで少しずつ広がっている、量り売り用の、小さなエコバッグ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


私は意識高い系(何それって、はじめ見たときは思いました)なわけじゃないですけど、それいいじゃんって思うことがあれば、真似するのは厭わないタイプ。

FB含め、ネットとかでもいいなって思ったら記事を読み込んだりするせいか、いかにもって広告がたくさん表示されます。

プライバシーの観点からは、あまり良くないかもしれないけれど、正直なところ、ターゲット広告はそんなに悪いと思いません。

だって要らないモノの広告よりは、ほしいものの広告のほうが見てて楽しいし。

そんな広告の一つを見て、いいなって思って買ったのが、スーパーマーケット用の袋。
大きめのエコバッグじゃないです。
これはスーパーマーケットで量り売りのお野菜やフルーツを入れる袋です。

大中小のセットで10枚前後入っているものが一般的みたい。
お値段は10ポンド前後。

早速トマトを買うのに使ってみました。
普通だったらこんな袋を使います。

使いやすいです。


レジで何か言われるかなって思ったら何も言われませんでした。
ジャガイモとか、土のついているものの時や、汚れたら洗濯機で洗って何回も使えますし、そのまま冷蔵庫にも入れておけます。

私が買ったのはポリエステル製なんだけど、コットンとか、リネンとか、素材は探せばいろいろあるみたいです。

できることからはじめて、少しずつ使い捨てのプラスティックが生活の中からフェイドアウトしていけばいいな。

追記

数日後にウェイトローズに行ったら、使い捨ての量り売り用バッグが、家庭でコンポストに入れられるものに変わっていました。
このスーパーマーケットでは、すでに5ペンスで売っていた使い捨てのレジ袋も置かなくなっています。
少しずつですが、変わってきているイギリスの小売り事情。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年5月8日水曜日

春が旬のイギリスの Cock(オスのカニ)

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


今日はイギリスの旬の食べ物を紹介します。

ロンドンのお魚屋さんで、手に入るカニは大きく分けて3種類。
ブラウンクラブ、スパイダークラブ、キングクラブ。
中でも一番一般的なのはこのブラウンクラブ。
種類が少ないお魚屋さんなら、これしかないことも多いです。

特にオスは爪が大きくて白身がたっぷりなので、できればオスを買うのがいいです。
お魚屋さんではコックって言います。
今が旬だそう(ちなみにメスは秋がいいんだって)
 おっきいです。
これで2㎏くらい。
トゥイッケナムのお魚屋さんで25ポンドくらいだったってティムちゃんが言ってました。

星座のカニに似てますよね。

こちらは裏側。
 身をほぐすために、まずは足を全部もぎ取ります。
付け根からぐるっとひねりとる感じ。
 普通は大きな爪以外の足は身がほとんど入っていません。
なので、おだしを取るのに使うくらい。
でもこのカニは足のサイズも大きかったので、中の身も取り出すのに苦労しませんでした。
関節のところからひねって引っ張ると、うまく身が出てきます。

甲羅の中は足を捥いだところにナイフかフォークを刺してカパッと蓋を開ける感じで外します。
 真ん中を包丁で切って、こんな道具で身を外します。
殻はきれいに洗って、後でほぐした身を詰めてお皿に盛ってもいい。
大きな爪の部分はペーパータオルで軽く包んで(そうすると身が散らない)出刃包丁の背で殻を割って中の身を取り出します。
この上に乗っているみたいに、きれいな形のまま取り出せたら、すごく気分いいです(笑)
お魚屋さんでは、こんな風に食べるだけになっている状態のカニ(ドレスドクラブ)も売られています。
面倒だったらそれもいいけど、やっぱり自分でほぐした方がおいしい気がします。

ティムちゃんはバターを塗ったパンに、カニの身をのせて食べるのが好き。

 私はこんな風にお皿に入れて、マヨネーズ多めのパスタサラダと一緒に食べることが多いです。
 スパイダークラブ(以前紹介した記事)と比べると甘みが少なくて淡泊。
なので、からしマヨネーズに付けて食べてもおいしいです。
ホクっとした食感が日本のカニとは全然違います。

このコックは大きかったので、二人のランチには多いくらいの身が取れました。
残ってしまったカニは、翌日かに玉にしてブランチに食べました。

卵2個にカニの身とおネギ、アスパラの小口切りを混ぜて、熱い中華鍋でさっくり火を入れます。
 片栗粉がなかったのでビスト(イギリスでグレービーソースにとろみをつける粉)で代用したら、茶色の餡になってしまいましたが、味はおいしかったです。
ざっくり大きな身を入れて、中を半熟、ふんわり焼き上げました。

大きなまま買うのは、初めての時にはためらうかもしれないけど、意外に簡単だし、身だけ買うよりも楽しいです。

ふつうお魚屋さんで売っているものはゆでてあるタイプ。
生のものは水槽で飼われているから、すぐにわかると思いますが、わかりにくければ茹でたものって言えば大丈夫。

レストランではサラダになっていたり、殻に入ったドレスドクラブになっていたりするので、見かけたら注文してみてください。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年5月6日月曜日

パスポートを盗まれちゃった !

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

と言っても私じゃないです。

先日、何日か観光のお供をしたお客様からメールが届きました。

スリに遭ってお財布とパスポートを盗まれたと書かれていました。

スリと書かれていたので、まず大丈夫だとは思ったのですが、念の為にお怪我は無いか返信したら、すられたご本人も、ご家族も、ケガはないということでホッとしました。

衛兵の交代式の前後や、大英博物館にスリは多いです。
ロンドンはスリや置き引きなどはあるものの、暴力を伴う犯罪は、中心地ではほとんどありません。
全くないわけではないですよ !
でも街中にはお巡りさんもたくさんいます。
歩いていたり、こんな風に馬に乗っていたり。

暴力とは違うかもしれませんが、無理やり奪うということなら、最近は時々オートバイの二人乗りが携帯を引ったくるという手口が報告されている程度。


ロンドンで旅行業を20年以上かかわっていて、お私の客様がスリにあったのは今回が初めて。
旅行会社で働いていた時に、被害にあったお客さまと一緒に警察に行ったりしたことは数回あります。

パスポートとお財布を盗まれたら、それ以上の被害を防ぐ為にしないといけない手続きがいくつかあります。
なくなったものは戻ってきません。
でも、それで終わりじゃないです。
お財布に入っていたクレジットカードが悪用される可能性があります。
また、予定の変更に伴う宿泊費や飛行機代など余分な出費の可能性も。
なので、気持ちを切り替えて、サッと計画を建てましょう。

先ずは開いていれば、日本大使館(リンクします)に向かってください。
電話番号は、020-7465-6565

開いていなければホテルに戻りましょう。
チェックアウト後でそれが叶わなければ、落ち着いて座れる場所を確保してください。
道端とか、その辺のカフェとかだと、落ち着いて作業することが難しいですし、何かに気を取られている間に置き引きなどにも合いやすいです。

落ち着いた環境を確保したら、まず旅行の計画を思い出して。
出国はいつでしょう?
直接帰国でしたら、パスポートがなくても「帰国のための渡航書」で帰国できます。
書類さえ揃っていれば、日本大使館で数時間で発行されます。

その際に警察で発行される盗難の登録番号が必要になります。
以前は警察署に出向く必要があったのですが、現在はオンラインで提出できます。
そして、登録番号もその場で発行されるので、大変便利になりました。

ブログを書くにあたって、私も携帯でサイトを見てみましたが、簡単で使いやすいフォームで、数分で登録できます。
日本語ではなく英語のサイトですが、中学生くらいの英語力で対応できます。
https://www.met.police.uk/ro/report/ocr/af/how-to-report-a-crime/

被害届の番号が手に入ったら、パスポートの再発行か渡航証明の発行手続きを進めてください。
必要になるのは戸籍謄本か戸籍抄本。
そしてパスポート用の写真が2枚。

私のお客様は念のために戸籍謄本をお持ちだったので、とてもスムーズに事が運んだそうです。
日本ではマイナンバー登録さえすれば、コンビニでも戸籍謄本を簡単に発行することができるそうです。
なので、海外旅行の際はお持ちになることをお勧めします。
その際必要になるかもしれないパスポート用の写真も2枚あれば便利です。
ロンドンの日本領事館の裏の写真屋さんで撮ってもらえますが、お持ちならそれに越したことはないと思います。


クレジットカードは、カードの緊急連絡先に連絡して、利用を止めることで不正利用を防ぎます。
その際、緊急連絡先とカードの番号が手元にあれば便利ですが、保存の方法は気を付けないといけません。
お財布に入れていて、それも一緒になくなったら役に立たないです。

イギリスから他の国に行く場合は、パスポートが必要になります。
なので、発行にかかる日数と予定を見比べて、どこで元の予定に戻るかを考えなくてはいけません。
日本大使館では、手続きの際にいつパスポートの受け取りができるのかを教えてくれます。
なので、それに応じてホテルの延泊を手配したり、飛行機の手配をしたりすることになります。
入っている保険会社に連絡をして、どのような手続きができるのか、何が保証されるのか確かめるのが肝心です。

もちろんこういったトラブルに遭わないのがベストですが、遭ってしまったらあきらめが肝心。
そして気持ちの切り替えをすることが大事だと思います。

私のお客様ですが、すられたご本人は「他のご家族に迷惑をかけた」と落ち込んでいらしたそうですが、みんなで手分けして申請やその他の作業に当たったので、スムーズに事が運んで、結局はいい経験になったと前向きにとらえていらっしゃいました。

私もそう思います。
終わり良ければ総て良し。
みんなが困難を団結で克服して、家族旅行っていいなぁって思いました。

このお話はお客様の許可を得てご紹介させていただきました。






  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年5月5日日曜日

イギリスらしいレストランに行きたいなら、おすすめはここ!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

ここは、以前にも紹介したことがあると思います。
Goring Restaurant(リンクします)
探したら、あ、あった!
2010年11月1日月曜日の記事(リンクします)です!

わ~、もう10年近く前!
ブログの記事は過去のものをアップデイトしないので、一度紹介しても情報が古い場合があります。

今読み直したら、セットランチが35ポンド!
ま、平成のお値段。
令和の今、お値段は52ポンドです(笑)
上がりましたね!

でもサービスは相変わらず。
そして、いまだに私のお気に入りのレストランの一つで、時々お客様とランチするのに使います。
年に数回しか行かないけど、行くたびに満足しています。

先日は、イギリス料理を食べたいけど、軽めで上品な場所とリクエストいただいたので、迷わずここに予約を入れました。

私が選んだ前菜は、タイのお刺身にキュウリとセロリのアイス。
いきなりイギリス料理じゃないじゃん(笑)
他にもアスパラガス、フォアグラ、イラクサ、ホタテ、卵料理などが選択にありました。
本当はアスパラガスか貝柱がよかったんだけど、お客様がご注文になったので、私は別のものにしました。
そうしたらどんなお料理かご覧いただけますからね。


メインにはタラのローストを選びました。
 他の選択はラム、サーモン、鹿肉、鴨、そして私が大好きなロブスターオムレツ!

ワインを嗜まれるお客様だったので、私もお相伴にあずかって、幸せなランチタイムでした。
 このレストランは、グラスワインを注文すると、味見させてくれます。
なので、好みじゃなかったら、別のものにできるのが便利。
ちゃんとお料理に合うものを選んではくれますが、ワインには好みもあるのでいい制度だと思います。

そして、デザートはイギリスらしくトライフル(以前レシピをアップした記事)

このレストランのメイン料理は、日替わりスペシャルがあって、どれもとってもイギリスらしいものなので、イギリスを満喫したいなら是非メインに注文してみてください。

月曜日 – お魚のパイ、Fish pie, English peas and fennel

火曜日 – 海のそばで放牧されたラムのロースト、Roast leg of Salt Marsh lamb with rosemary jus

水曜日 – ビーフと腎臓の蒸しパイ、Steak and kidney pudding

木曜日 – ローストビーフ(リブ)、Roast rib of Ross County beef with Yorkshire pudding

金曜日 – 子豚のローストLincolnshire suckling pig, apple, black pudding

日曜日 - ローストビーフ(サーロイン)、Roast sirloin of Ross County beef with Yorkshire pudding

ふつうは金曜日にお魚料理が来るんだけど、「ヒネリの効いた創造性」とレストランの紹介に書いてあるので、それがヒネリなんじゃないかな、と(笑)

前に紹介した HÉLÈNE DARROZE(リンクします)同様、特別な時のランチにぜひどうぞ。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。