2021年11月29日月曜日

クリスマスの包装紙

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


12月が始まったわけでもないのに、クリスマスの準備で忙しいイギリス。
毎年のことですが、この時期はウキウキします。

今年はユーロ離脱やコロナ禍の影響で、いろんなものがクリスマスに揃わないのではないかといった憶測が飛び交っていて、前倒しで準備している人も多いようです。

私もティムちゃんや桃太郎君へのプレゼントをいつもより早めに用意し始めました。

プレゼントを包む包装紙も、毎年大量に買っています。
私のお気に入りはジョンルイスのもの。

なぜかと言えば、裏面にラインが引いてあるので、切るときに便利だからです。
こんな感じ。

お値段は 1本で3ポンド、4mの長さです。
毎年、3 for 2(3本で2本分のお値段)というセールをやっているので、今年も3の倍数で購入。

配達が届いてびっくりだったのは、プラスティックが使われていなかったこと。
普通はビニールのラップで完全に保護されているのですが、今年は紙のテープで数か所ぐるりと巻いてあるだけ。
黒いテープ、見えますか?
紙テープには「PEEL WITH CARE(剝がすの気を付けてね)」って印刷されています。
頑張って丁寧に剝がしましたが、やっぱり包装紙の部分を数か所破いてしまいました。
配達ではなく、店頭で手にしたら、きっと破れているものも目立つんじゃないかな?
それでも敢えてプラスティックを取り除いたのは素晴らしいと思います。

イギリスではプラスティックの利用に敏感な人も多く、これまで普通にプラスティックだったものが様々な工夫が凝らされるようになりました。

週末に届いたお肉も、ソーセージがリサイクルの紙製のパッケージでした。
一見普通のビニールに見える小袋がコンポスト可能なものだったりするのも、ほぼ当たり前になってきています。

プレゼント用のタグも紙と糸でできている。
そして去年までビニールの袋入りだったものが紙のパッケージ。
こちらは6枚入りで1ポンドです。

桃太郎君は毎年欲しいものをリストにしてくれるので、プレゼント選びは比較的簡単です。
もちろん欲しいと書いてないものも買うのでサプライズの楽しみは残っています。

ティムちゃんは、基本、欲しいものを教えてくれないので、欲しそうなものを探すのに結構苦労します。
毎年ホリデーの写真を整理してアルバムにしたりするのですが、今年はどこへも行かなかったので、それもなし。
素敵なポエムを書いたり、お皿に絵を入れて焼いたり、手作りのものを喜んでくれるので、そろそろ創作魂を刺激し始めないと(笑)!

最近は、ネットで何か探すと、探した会社や商品が広告でティムちゃんの携帯に出てくるので、細心の注意を払ってネットサーチしています。






  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2021年11月19日金曜日

イギリスで人気のポルトガルのお菓子

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


キリスト教の修道院で、お洗濯に卵白を多く使ったために、残った卵黄を使うお菓子が生まれたとどこかで読んだ覚えがあります。

修道院ゆかりの場所に卵黄を使ったお菓子が多いのは本当。

ポルトガルのリスボンでも、修道院近くのカフェで名物のエッグタルトを食べました。


毎週配達をお願いしているスーパーマーケット、OCADO にエッグタルトの扱いがあったので注文してみました。

冷凍食品の部門です。
Picard 4 Portuguese Custard Tarts Frozen という商品です。
4つ入り、約5ポンド。
調理はオーブンで20分ほど焼くだけです。
焼きたてはプックリ盛り上がっていますが、熱々ではなく、しばらく冷ましてから食べるようです。
こんなにプックリだったのが…
20分ほどで落ち着いてきました。

これくらいが食べごろかな?
少し温かみが残っていて、ペイストリーはサクサク。
なかなか満足な仕上がりだったのでリピートの予定です。  



ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2021年11月1日月曜日

雄鶏を食べてみた。

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

チキンを買う時って、丸ごと買うのが一番経済的。


イギリスのスーパーマーケットで売られている標準のチキンは生後40日くらいです。
もちろんスーパーマーケットにもいろんな取り扱いがあるので、もう少し長生きしているチキンもあります。
動物愛護に熱心なイギリスでは、例えそれが家畜でも、その環境に気を配ることが大切だと考える人たちが多く存在します。

コロナ禍から、我が家ではスーパーマーケット、お肉屋さん、お魚屋さんからそれぞれ食料を配達をしてもらっています。
ここ2年ほど、私たちが食べているチキンは、Packington という農場のもの。

家畜の安全を配慮したうえでの完全な放し飼いで、家畜の取り扱いはもちろん、味も申し分ありません。

それでもたまにティムちゃんが他のいろんな農場からお取り寄せして味比べをしたりしています。

今回は Fosse という農場の80日間育てたチキン。


確かにおいしかったのですが、「Packington のチキンと比べるとそれほど違いがあるわけじゃない」というのが私たちの感想でした。


この農場では他にもいろんな家畜がいて、私たちの気を引いたのは雄鶏。
120日間育てた、風味たっぷりの雄鶏!


ちょうど桃太郎君が帰省するというタイミングで、お取り寄せしてみました。
きっと食べたことがないはず。

届いたのは約 3.5 ㎏の雄鶏!
私たちがクリスマスに注文するカモやガチョウが 5 ㎏ 前後なので、大きすぎるわけではありませんが、普段お料理しているチキンは 2㎏ 以下です。
なので農場のおすすめ調理法を試してみました。
読んだ限りでは、七面鳥の調理法と似ています。

まず、胸側を下にして、たくさんの香味野菜の上に乗せたチキンをオーブンへ。
途中で胸を上にして焼き上げます。


しっとり上手に焼きあがって、風味も十分満足な雄鶏でした。
七面鳥より厚くスライスして、レッドカラントのジェリーとブレッドソースで。

サイズが手ごろなので、七面鳥の代わりにクリスマスに用意する人も増えているそうです。
普通のチキンに代えて毎週食べたいわけじゃない(サイズが大きいから)けれど、ディナーパーティーなんかでは話題にもなるしいいかなって感じでした。







  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。










2021年10月31日日曜日

トトロのパンプキン

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



今年のパンプキンはトトロ!
わかるかなぁ?
くりぬかずに、皮の表面だけ切り取った部分と、皮を残した部分のツートーン。
そして、目玉の中心だけ穴をあけました。

ろうそくが酸欠にならないように、後ろ側はいつものようにくりぬいた猫ちゃん。

普段はカボチャの蓋の部分を切り取ってろうそくを入れるんだけど、今回は底の部分をくりぬいてろうそくの上にかぶせるタイプに仕上げました。

トトロは初めて挑戦したけど、なかなか満足な仕上がりです。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2021年10月25日月曜日

お水のテイスティング

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


桃太郎君が遊びに来てくれたので、何か面白いことをやってみようと思って、お水のテイスティングを楽しみました。

普通にイギリスのスーパーマーケットで手に入るミネラルウォーターと水道の水を同じグラスに入れてどのブランドか当てたり、自分の好みを探したりといった趣向です。
準備は私がしたので、どのグラスにどのお水が入っているかはわかっています。
なので、私は味の好みを書くだけですが、ティムちゃんと桃太郎君は味の好みと併せてどのブランドかも書いてもらいました。
因みに用意したのは以下の5種類と水道水で全部で6種類。

ふたりのテイスティングノート見てみたい?

こちらがティムちゃんのテイスティングノート。
味の感想と、他のと比べてどうかってことも書いてある。
単純で大雑把。

これは桃太郎君の。
ティムちゃんのと比べると字が小さい。
もっとたくさん書くかもしれないと思ったんだって。
大したことは書いてないけど、どれが何のブランドかも書いてあるし、好きじゃない順番も書いてある。


一番大雑把なのは私のかな。
自分で用意したから、味の感想だけ。
3つ目を試してから1と2を硬いから柔らかい変えました。
やっぱり何の後に飲むかで味の印象って変わるものなんですね。


さて、テイスティングの結果を好きな味の順番に並べると…。

ティムちゃん  桃太郎君    私
VOSS     VOLVIC     VOSS
HARROGATE  BUXTON    VOLVIC
EVIAN     VOSS     BUXTON
VOLVIC    HARROGATE  HARROGATE
BUXTON    EVIAN     EVIAN
水道の水    水道の水   水道の水

ブランド当てですが、全問正解だったのは桃太郎君。

味の好みですが、桃太郎君が上位3位はどれでも好みで敢えて言うならこの順番だそうです。
私は VOSS と VOLVIC 以外は好きな味ではなかったというのが意外な結果でした。

EVIAN はグラスボトルだとおいしいけれど、プラスティックのボトルだと味が変わります。
今回、グラスのボトルは  VOSS だけだったので、条件をもっと揃えて試す必要があるのかも。











  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2021年10月20日水曜日

ネガティブレビューを無視して組み立てワインラックを作ったよ!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


ダイニングルームの窓の下にちょうどいいサイズの、シンプルなワインラックを探していて、アマゾンでよさそうなものを見つけました。

サイズはピッタリなんだけど、材料の詰まったパックで、自分で組み立てないといけないタイプ。
英語ではこういったタイプのものは Self-Assembly といいます。
もしくは Flat-Pack。
その名の通り、平たいパッケージです。
箱を開けたらこんな感じ。

簡単な、絵だけの説明書き。
組み立てはシンプル。
薄い金属板を立てて交差させて、その交差部分に十字に切り込みが入った木の杭を立てていきます。
切り込みは金属板の厚みよりも薄いので、位置を合わせたら金づちで叩き込む必要があります。
シンプルで簡単そうでしょう?

ところがですね、金属板を立てたまま金づちで叩くと立てたはずの金属板は折れ曲がったり倒れたりしてなかなか難しい。
1時間以上奮闘してこれくらい。
実は商品のレビューに結構な数のネガティブコメントがありました。
組み立てが難しいといった大まかな言い方のものもあれば、金属板が変な風に曲がったりする、どこかをはめ込むと、別の場所が跳ね上がって組み立て不可能、返品したなんていうものも。

イギリスに住んでいると、ラッピングとか雑な人も多く目にするので細かな作業は苦手な人が多そう。
フラットパックの家具の組み立てとか、難しいなんて言う声もよく聞くし、イギリスには不器用な人が多いんじゃないのって印象を持つ人も多いと思います。

折り紙とか、日本の伝統的なものって細かな要素が必須なものも多いし、何となく私は自分で器用な部類だという変な自信がついています(笑)

なのでネガティブレビューを読んでも、「私は大丈夫」なんて考えていたんですよね。

白状します。
組み立て、本当に難しい(笑)
2時間くらい奮闘したんだけど、立てた金属板が弓なりになって、端から杭を立てていくと反対の端の杭が浮いて外れてしまいます。

なので、本来ならすべての杭が立った後に裏から金属板を釘で打ち付ける作業を先に始めることにしました。

これがなかなか効果的。
さらに2時間くらいでこんな風になりました。
でもよく見ると、金づちで打っていると、打ち終わった他の釘が浮いてきたり。
浮いてきたところを打ちなおしても他が浮いてくる堂々巡り地獄(笑)
とりあえず埒が明かないので、もう一度裏返して十字の切込みの方からアプローチ。
こちら側からも金槌でガンガンたたきました。
きれいに金属板が入らないところには、もう目をつむるしかない。
ま、努力したし、私ってエライと思うのがいい解決法。

どうにか出来上がったのはトータル6時間近く奮闘した後(笑)
気晴らしになったので、それなりに楽しかったけど、時間のない人や完璧主義の人にはお勧めしません。
「ま、こんなもんかな」ってユルく許容できる人にはぴったりの仕上がり(爆)

私には、これは成功の部類に入るので、また自信が付いていく。
できなくて返品したとしても、きっと潔くあきらめる決断ができてエライって思っただろうなぁ(笑)
自己肯定感って、やっぱり楽観的で自分に優しいと高くなるんだなぁと思いました。







  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2021年10月14日木曜日

スパニッシュタパスのレストランがリッチモンドに来る!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

きれいに晴れる日も多いけれど、朝夕は気温が一桁に落ちる日もあるロンドン。

テムズ川沿いにパブが並ぶリッチモンドは夏がシーズン。
川沿いの芝生に腰かけて音楽を聴いたり、お昼休みにサンドウィッチを頬張る人たちも、寒くなってくると人数が減っていきます。

月曜の朝のゴミ掃除も夏と冬では量が全く違う。

秋も深まって、そんな静かな川沿いがリッチモンドに戻ってくるかと思っていましたが、今年は違うかもね!

というのも川沿いにチェーンのタパス屋、Brindisa(リンクします)がオープン.
場所もいいし、人気になると思います。
お店の前にはテラス席用のスペースも確保されてるし、川沿いのベンチでおつまみをテイクアウェイして食べる人もいるだろうし。

お店の前にメニューが出てるので見てみました。
これは食前酒のメニュー。

パイント(ビールの容量で、約560ml)で6.5ポンド。
かなり高いなぁ。

私はビールは飲まないので、シェリーかワインだろうけど、ビールがこのお値段だったらたぶんワインも高いだろうなぁ。

ということは飲むペースはみんなゆっくりで、酔っぱらう人もいなくて、平和な川沿いになるのかなぁ(笑)

うれしいような、つまらないようなビミョーな気分(爆)

他にもメイフェアのシーフード専門店スコッツがリッチモンドにオープンするらしいと聞いたけど、場所がどこなのかはまだ不明。
駅前のタイ料理のお店が閉めたから、そこかなぁ?

コロナ以降、レストランもスーパーマーケットの食料品も値上げが激しいイギリスです。
クリスマスのガチョウや七面鳥も随分と値上がりの予定。

またそのお話は別記事で紹介しますね。






  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2021年10月5日火曜日

腸紛を作ってみた

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


腸紛というのは、飲茶のメニューのひとつで、簡単に言えばカネロニの中華版みたいなもの。

何となく食べたいな~と思ってレシピを検索してみたら、米粉を水で溶いて蒸すだけらしく、フライパンでもできるようです。

我が家では、米粉はほぼ使わないので、わざわざ買いに行きました。
私たちは食料品は全て自宅までデリバリーしてもらっています。
でも今食べたい!ということで、次のデリバリーまでのほんの数日が待てない。
せっかちな性格ですね(笑)

オーガニックのお店に行ったら玄米の米粉しかなかったです。
中に詰める具はエビやチャーシューが一般的ですが、冷蔵庫に豚挽き肉があったので、それを使うことにしました。
シイタケとバナナシャロットで豚そぼろを作りました。
味はショウガ、トウガラシ、お酒、みりん、お醤油、塩コショウ。
甘めのたれを別に作ります。
おネギを多めに入れました。
米粉とタピオカ粉を半々、お水で溶いてクレープのように作ります。
火が通ったらルッコラとそぼろを入れます。
巻き上げたものをお皿に乗せて、数分蒸すだけ。
食感がいまいちでした。
全然もちっとしていない。

本物はフライパンで火を入れずに専用の蒸し器で蒸し上げるそうです。

ライスペーパーを使うレシピも見たので、こちらも試してみました。

ライスペーパーを濡らして具を巻いて蒸すそうです。

でも、ちょっと工夫して軽く揚げ焼きにしてみたら、なかなかおいしかったです。
コリアンダーをたっぷり乗せて。
今度は蒸すタイプもトライしようと思いました。
ライスペーパーは食感はいいけど皮が薄いのでちょっと物足りないかも。
揚げ焼きなら1枚だけ、蒸すなら2枚くらい重ねて作ってもいいかな?
次回の課題です。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。