2021年1月18日月曜日

COVID の予防接種

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


イギリスは世界に先駆けてコロナのワクチンを接種し始めました。
現在、いくつかの特設会場が設けられていて、たくさんの人が予防接種できるようになっているようです。




今日のメールで、なんとUBER がその会場まで片道15ポンド割引してくれるとお知らせがありました。

割引コードは以下の通り。
→ Robertson House, Stevenage: UberUKRH

→ Excel Centre (Nightingale), London: UberUKEX

→ Centre for Life, Newcastle: UberUKCL

→ Etihad Tennis and Football Centre, Manchester: UberUKET

→ Epsom Downs Racecourse, Surrey: UberUKED

→ Ashton Gate Stadium, Bristol: UberUKAG

→ Millennium Point, Birmingham: UberUKMP


利用規定はこちら(リンクします)
4000 回か、今年の2月末午後11時55分までの早い方で締め切りなようです。
詳しくは規定をお読みください。

これ以外にもNHS で働いているなら25%の割引があるそう。

私もティムちゃんも予防接種の順番が来るまでにはまだ時間がかかりそうだけど、少しずつ安全な世界に向かっているのかなぁ?


ワクチンに反対の人たちもいるようで、ツイッターには陰謀説とかいろいろ流れています。
情報がたくさんありすぎて、何が正しいのかを見極めるのが難しい世の中です。


安全を自分で考えるのは大切なこと。
毎日おうちに来てくれているセラピストのチーム(我が家担当は全員で4人)は、全員ワクチン接種を受けたそうです。
それでもセラピー中はマスクをはじめPPE着用だし、私たちもマスクと手袋着用です。


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2021年1月15日金曜日

アマゾンの対応

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


私がアマゾンを利用するようになったのは、記録から2003年だと分かりました。
それ以降、ここ数か月は1か月に40点余りをオーダーしています。

自分でもびっくり。
冬の時期(クリスマスプレゼントとか)で多いこともあるけれど、予想よりも多かった。

中にはティッシューとか、以前はスーパーマーケットのオンラインで買っていたものなんかもあります。
でもコストを見ると、アマゾンの方が安かったのでチェンジ。

ちょっとしたキッチン用品もあれば、培養土とか、植木鉢とか、タネとか、去年の窓際菜園に必要だったものも。

お掃除関連の薬品関係、スポンジなどの道具類も多い。
最近ではベッドのマットレスを買ったことも。
なので、大きさなどはいろいろ。
利便性とコストで、アマゾンにするか、発売元にするか、スーパーなどの第3者にするか決めている感じです。

問題のない場合はそれでいいんだけど、今回のマットレスのように、発送の間違いがあった場合は、やっぱりややこしい。

前回の記事に書いたように、キングサイズのマットレスをオーダーしたのに、スーパーキングが届いたわけで、これは交換が必要。

でも、基本、アマゾンは交換はしないそうです。
なので、返品して、新たにオーダー。

一昨日(木曜日)に取りに来るはずが、まったく誰も来ませんでした(涙)

しかもその時間が0時から23時ってひどくない?
イギリスでは昔はそうでしたが(9時から5時とか)今は午前か午後かは選べる場所がほとんど。

朝いちばんの可能性もあるので、前日からお玄関にスーパーキングのマットレスを用意して、それが夜そのままなのを見るのはすごく悲しいです(笑)
23時まで待たずに、10時過ぎにカスタマーサービスにチャットしたら、多分今夜はもう来ないと保証(?)されました。
理由は、ふつうは前日に確認のメールがあって、4時間のスロットが出てくるそうです。
なので、そのメールが来なかった時点で、集荷はないと分かるらしい。

知らないよ、そんなこと!
そこで新たな集荷を次週にアレンジしたのですが、それがサイトに反映されていないので、おかしいなぁと思ってもう一度翌日にカスタマーサービスに連絡しました。
そしたらやっぱりアレンジされてなくて、もう一度(これで3回目!)アレンジしなおし。

これで一段落と思ったら、甘かったです。
もらったトラッキングナンバーで、集荷の会社サイトにアクセスしたら、確認できないと出てきたので、集荷会社のチャットでコンタクトを取って、やっと集荷してもらえることになりました。

これで終わりにしてほしいです。マジで(笑)

やっぱり発売元から直接買うのが一番だと思います。








  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2021年1月11日月曜日

ハイブリッド・マットレス買ってみた!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



巣立ちした桃太郎君のお部屋は、彼が住んでいた時のままにしてあります。

ベッドに置いてある、お化けもそのまま。

赤いの、見えますか?
これは桃太郎君がまだ小学校の時に授業で作ったもので、悪夢を食べてくれるフレンドリーお化けです。

桃太郎君のお部屋にはキングサイズ(150㎝ⅹ200㎝)のベッドが置かれています。
このお部屋には私たちのお部屋にはないテレビモニターがあるので、最近、私たちもよく使うようになりました。
このベッドのマットレスは、以前私たちのお部屋にあったもの。
クオリティーは高いものの、ちょっと古い。
なので、新しいマットレスに買い替えることにしました。

色々調べたら、最近ハイブリッドマットレスというのが人気なよう。

リサーチしてみて、SIMBA というマットレスの新しいタイプを買ってみることにしました。
古いタイプは1年くらいで寿命が来るというレビューも多かったので、その改良版でもあるTHE SIMBA HYBRID® PRO MATTRESS を買ってみました。

公式サイトから買うと、配達が2週間先だったので、がっかりして、いろんなサイトを調べたら、AMAZON だったら3日ほどで配達してもらえることが発覚。

公式サイトには割引があったけど、欲しいものを早く手に入れるためなら、ちょっとくらいいいかと思って購入に至りました。
でもお会計まで進むと、公式サイトと同じ割引があってうれしいサプライズ。
売主は製造元の Simba で、AMAZON の配送システムで送られてくるようです。


さて、届いたのがこちら。
105㎝ⅹ50㎝ⅹ50㎝ の箱に入っています。
このマットレス、本物のサイズは150x200x28cmのはず。
大丈夫かなぁ?
箱を開けたらこんな風。

引っぱり出せないので、逆さにしてベッドの上に置いてみました。
それでも取り出せないので、箱の一部をカッターナイフで切って、やっとマットレスを取り出しました。
中を開けたらこんな書類一式が入っていました。
中の一つはビニールの袋を開けるためのカッター。
でも使わないまま。
自分で何とか開けてから、その存在に気づきました。

箱から取り出したときはこんな状態。
出来合いの冷蔵パイシートの巨大版(笑)みたい!
ラップでぐるぐる巻かれていました。
ラップをとくとこんな風に広がって、そのあとパッケージのビニールの部分を開けました。
マットレスは二つ折りで圧縮されて巻いて箱に詰められています。
なので、箱から出したときには実際のサイズがわかりづらいです。

説明書にも、本当のサイズ(150x200x28cm)になるには、箱から出してから3時間から5時間かかるって!

なので、2時間くらいしてシーツをかけようと思ったらサイズが合わないのは、まだサイズ調整中だと思っていました。
  ね?
マットレスの保護キルトもシーツも全然合ってない。


5時間後、見に行ったら、マットレスの幅が30㎝程ベッドの土台よりも大きいことに気づきました。

いくら何でも大きすぎるので、リサイクルのために解体して折りたたんであった箱を詳しく見てみたら、「180ⅹ200」の表示!!
キングサイズの代わりにスーパーキングが配達されたみたいです。

ご存じかもしれないですが、ロンドンはロックダウンの真っただ中!
なので、集荷にはいろんな規制があるようです。
しかもこのマットレス、箱を切ってリサイクル用にまとめていなかったとしても、箱に戻すのは絶対に無理!

AMAZON に連絡しようにも、MY ORDER のページからは返品と返金以外のリンクが出てこない!
でも結局チャットでカスタマーサービスにつながって、間違って届いたマットレスを集荷・返金してもらえることになりました。

集荷と新たなオーダーの配達は今週の予定。
今度は箱を開ける前にちゃんとサイズを確かめようと思います!!

ところでこのマットレス、寝心地はとってもいいです。
柔らかすぎず、硬すぎず。

買い替えを考えているなら候補に入れてもいいかも。


ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。




2021年1月9日土曜日

桃太郎君からのプレゼント

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



クリスマスに桃太郎君からもらった、アロマセラピーアソシエイトのセット。

オイルやミストなんかの詰め合わせで、いろいろ試してみるのがうれしいです。

ストレスに効くものがたくさん。
これなんかはバスオイルなんですが、フォレスト(森)という名前で、お風呂に入れると檜風呂みたいな気分が味わえます。

他にも寝る前に振りかけるミストはぐっすり眠れるし、詰め合わせっていいですね。
自分で選ぶと、いつも決まったものしか買わないので、新しいものを試すのはなかなか楽しい。

単品ですでに買い足したものは筋肉ジェル(笑)箱の右下のチューブです。
方とかにマッサージするように使っています。
べたつかないのがいい。

私のお誕生日は年末なんですが、桃太郎君は靴箱くらいの大きさの段ボールの箱をおうちに送ってきました。
お誕生日に段ボールの箱なんて開けたくないので、自分でギフトラッピングしました。
それがこちら。
開けてびっくり。

中にはきちんとギフトラップした箱とカードが入っていました。
ちゃんと包んでくれてたのね!
でも外からは全然わからなかった。
包装紙を開けると、出てきたのは良く知られた名前のウイスキーの箱!

ZOOM しながら開けたんですが、思わず、マミーが強いお酒飲まないの知らなかった?って言ってしまいました。

「そうだっけ?忘れてたかも」なんて気のない返事をされて、ま、ティムちゃんが飲むからいいよと思ったら、中からさらに小さな箱が出てきました。
私のイニシャルが入った万年筆でした。
いつの間にかこんなプレゼントの仕方をして喜ばせてくれるようになったのね。
桃太郎君はもうすぐ27歳。

このブログを始めたときはまだ子供だったのに、頼もしいなぁ。








  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2021年1月2日土曜日

テディントンにある日本料理屋さん

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


リッチモンドの隣町トゥイッケナムのさらに隣町、テディントンに日本料理屋さんがあるとグーグルの地図に出てきたので、出前を取ってみました。

テディントンはテムズ川の潮が届く最後の街です。
テディントンはこんなところ(リンクします)

ウェブサイトでメニューをチェックしたら、お刺身の盛り合わせが厚切りなので、薄造りを2種、ドレッシングをかけずに用意してもらって、お勧めのにぎりを2人前、足りないかもしれないのでアボカドとサーモンの裏巻きをひとつ。
夕方オンラインで注文して、7時過ぎに持ってきてもらうように手配しました。

こちらが届いたもの。
お寿司は小ぶりに握ってほしいとリクエストしました。
おまけにスナックがついてきた。
お刺身をお皿に移して、お醤油と。
別添えのドレッシングは好みの味じゃなかったので使いませんでした。
お寿司はお盆に乗せてお味噌汁は自分で作りました。
なかなかおいしかったので、リピートする予定です。
これで全部で50ポンドくらいでした。

居酒屋ということなので、コロナが収まったらお店に食べに行きたいね。とティムちゃんと話しています。

今回は出前なので注文しませんでしたが、餃子とかもメニューにあって、お酒の種類もたくさん。
桃太郎君と一緒に3人で行くのが楽しみ。

出前は近辺のみみたいですが、お持ち帰りもできるようです。




 ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。



2020年12月30日水曜日

バッキンガム宮殿のジン


ロンドンらしい飲み物は何ですかって聞かれたら、答はジンかなぁ?

GIN は17世紀後半にオランダから入ってきた飲み物で、それがロンドンで洗練されて「ロンドン・ドライ・ジン」とよばれるものになりました。

最近ではそのレシピに凝ったハーブを使ったりした、高級なものがいろいろ出てきました。

お友達のインスタグラムでも、そんなジンの一つが紹介されていたので、ティムちゃんへのクリスマスプレゼントに買いました。

ティムちゃんが普段飲むのはワインとシャンペン。

そしていいウイスキーをたまに水割りで飲みます。
ジンやウォッカは飲まない。

でも、数年前、お土産で京都のジンをもらって、それはおいしいと楽しんでいました。

今回買ったのは京都のじゃなくてなんとバッキンガム宮殿のお庭で手摘みされたハーブが材料のジン!
ボトルがとってもすてき!
私はレモンとミントとトニックで割っていただきました。
ティムちゃんはトニックだけ。
普段飲まないから、味がどうこう言えないんだけど、スムースでとってもおいしかったです。

材料に限りがあるので、少量しか作っていないんだけど、お勧めします。
ロイヤルコレクションといって、王室関連のお土産なんかを売っている会社から買うことができます。
海外には発送してくれないようなので、日本へのお土産にいいんじゃないかな。






  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年12月28日月曜日

2020年、クリスマスのお料理

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

記録のために、2020年のクリスマスの写真を残しておきます。

今回、初めて注文した、ターキーのクラウン(むね肉の部分のみ)
出来上がるまで不安でしたが、とっても簡単でよかったです。
来年も注文すると思う。

最近、毎週配達してもらっているお肉屋さんを通じて手配した、オーガニックの七面鳥。


箱の中にはお料理の仕方が書かれたカードも入っていました。
約4㎏の重さで、180度に予熱したオーブンで1時間45分焼いただけ。
ローストトレイにはお水を500ml張って、それでグレービーを作りました。



オーブンで焼いているところ。
特に指定はなかったけれど、お肉が厚い側を上にしました。

取り出したらこんな感じ。
しっとり仕上がったし、しっかり味があって、ななかなかおいしかったです。
毎回思うけど、おいしいロースト料理は、焼く時間を長くしすぎないことと、いい素材を選ぶことに尽きる。

合わせたワインは軽めの赤。
気持ち冷やしてからサーブしました。

桃太郎君もいなくて二人だけなので、かなり大量のお肉が残ってしまいました。
むね肉の半分はきれいにラップして冷凍庫へ。
残りは使いやすいようにスライスして冷蔵庫に入れました。
後は骨の周りや手羽の部分は大きなお鍋でストックを作って、スープなどに利用の予定。

来年は桃太郎君が来るとしても3㎏のサイズでも十分かな、と思います。


ボクシングデイ(26日、イギリスでは祝日)はビーフウエリントンをお肉屋さんに用意してもらってオーブンで焼くだけにしました。

ビーフウエリントンは以前レシピを紹介しました(リンクします)


自分で作ってもよかったんだけど、当日バタバタしたくないし、前もって作るとなるとクリスマス?それもやだなぁ、ということでの選択。


今回七面鳥とウエリントンを注文したお肉屋さんはこちら。
箱を開けるとこんな風。
お料理する3時間ほど前に冷蔵庫から出してオーブンに入れるだけ。
(つや出しの溶き卵を塗る工程はあるけど!)

カービング用いただきまして、テーブルで切り分け。
きれいに焼けました。
お野菜とグレービーソースを用意していただきました。

でもやっぱり自分で作った方がおいしいと思います。
悪くはなかったけどね。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年12月25日金曜日

メリークリスマス!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


クリスマスおめでとう!


今日のロンドンは晴天。
キリっとしたいい感じでした。

昨日はラクしたかったので、インド料理屋さんから出前を取りました。
ティムちゃんと結婚してから、イブに出前なんて初めて。
前日にプレオーダーして、持ってきてもらう時間を15分間のスロットで指定。
ちょうどその時間に持ってきてもらったので良かったです。

おいしかったけど、期待ほどではなかったかな。
やっぱり1マイル(1.6㎞)という距離でも、出前だと蒸れてしまう。

特に前菜に注文したエビのお料理の食感が良くなかった。
コロナが終わったら、ぜひお店でちゃんと食べたいです。

レストランだけじゃなく、早く普通の生活に戻りたいです。


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年12月23日水曜日

運がいいのか悪いのか?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


昨日は大忙しでした。

先日の記事に書いたように、ロンドンに来るはずだった桃太郎君へプレゼントを届けたいということで、宅配業者のドアからドアサービスというのを予約しました。
ロンドンの自宅で集荷してくれて、翌日配達でスコットランドの桃太郎君のおうちまで配達してくれるサービス。

現在、イギリスの宅配会社は、郵便局のものも含め、コロナの新種の影響とクリスマス前の混雑で大混乱。
会社によっては取り扱いを一時ストップしていたりするものもあるようです。
フランスの国境閉鎖の関係で、運輸トラックとその運転手が移動できないのも大きな影響があるとか。
写真はイギリスの新聞、デイリーメールから。



そんななか、桃太郎君に送る小包は、3つの箱に分けて、トータル7㎏。
それで30ポンドだから安いと思います。
ティムちゃんは100ポンドまでなら十分出す価値はあると言っていました。
こういうお値段ってヤッパリ需要と供給の関係ですよね。

普段だったら半額でも高いと思うけど、プレゼントをクリスマスまでに届けてくれるなら、安いと思ってしまいます。

フレッシュなものをと思って、ぎりぎり最後に桃太郎君の好物のスナックをネットで買ったのですが、まだ届かない。
せっかくだから小包に入れてあげたいなぁと思っていたら、集荷の時間帯と全く同じタイミングで配達が来ることがわかりました。
しかもセラピストが来ている時間とも被ってる!

ティムちゃんと、小包の集荷とスナックの配達のどっちが早いかは運だよねと言って、小包はラベルも何もかも準備して、スナックを入れて1分未満で仕上げというところまで準備して集荷を待っていました。
ま、ダメならスナックだけ遅く届いても問題じゃないし。

そしたら、ちょうどセラピストが帰るときにお玄関のベルが鳴ってスナックが届きました。
集荷はアプリで見ていると15分くらい後。
カンペキなタイミングだと思いながら、スナックをラッピングして小包に加えて、ラベルもすべてチェック。
ドアの前でアプリを見ながら運転手さんの動きをモニターしていました。

運転手さんがおうちの前の通りにやってきて、そこで近所のおうちに配達、次は私たちの番!と思っていたら、いきなりアプリに「集荷に行ったら荷物の準備ができていないと言われたとの表示!


もう、びっくり。

全く事実じゃない!

あまりにもびっくりしたので、もうどうしていいのかパニック。

慌てて運送会社のカスタマーサービスを探しましたが電話番号が出てこない!
ツイッターが早いかと思って探したけど、探しきれない。

腹が立つのと慌てているのとで大混乱ですが、深呼吸してちょっと考えました。

運送会社にはドロップポイントといって、集荷や配達の手伝いをしている一般の商店があるのです。
そういった場所は荷物の量も多いから、まず個別の配達を済ませて、トラックのスペースがある程度空いてから集荷に向かうだろうし、今から私がそこへ行けば、集荷してもらえるかもしれない。

そこで最寄りのドロップポイントを検索して、電話してみました。
「DPD の集荷で荷物をドロップしたいのですが、今から行って問題ないですか?今日の集荷はもうありましたか?いつもは何時ごろが集荷の時間ですか?」
自宅から集荷という契約だけど、ラベルは貼ってあるから、持っていっても問題はないはず。
ただ、すでに今日の集荷が終わっているなら集荷は明日になるので、ぎりぎりクリスマスイブの配達が可能だろうけど、ちょっとリスキー。

お店(この場合は薬局)の人は、ドロップは問題ないって。
今日の集荷はまだ。
普段なら、集荷の時間はちょうど今頃かなぁ、というお返事。
すぐにUber を呼んでお店に向かいました。
これは小包。
Uber を待っているところ。


到着すると、集荷がまだなのがわかってホッとしました。
お店の人に事情を話して、ラベルを読み込んでもらってレシートを受け取ったら、私ができるのはそこまで。

お店を出てすぐに、集荷の車が来るのが見えました。
ぎりぎりで間に合ったんだなぁ。

昨日は、その後お店から集荷がされたとか、エリアのデポに荷物が移ったとか、そこからハブと呼ばれる大きなセンターに移動したとか、小包の行方をたどりながらハラハラドキドキしていました。

明け方にはハブから(おそらくエディンバラの)デポに移動して、10時ごろに配達に出る車に乗ったところまで確認。
しばらくすると配達のスロットを受取人に連絡しましたと出てきて、お昼過ぎには桃太郎君から無事に届いたと連絡がありました。

すべてうまくいってラッキー、と思ったのですが、もともとこんな目に遭ったのはうそつきドライバーに当たったからなので、それはちょっとアンラッキー。
それでも終わり良ければ総て良し。

それでは次のブログは多分クリスマスの日以降かな。

ティムちゃんのリハビリも順調だし、桃太郎君も元気でお仕事も順調なようだから、不満はないです!

皆さん、どうぞ素敵なクリスマスをお迎えください。
家族が揃わないクリスマスは初めてなので、かなりショックですが、来年のクリスマスに期待したいと思っています。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年12月20日日曜日

ロンドンのクリスマスはキャンセル!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


ロンドンではクリスマスがキャンセルになりました。

12月25日がなくなったわけでもないし、キリストさまのお誕生日が他の日になったってわけでもないです。

昨日夕方の政府からの発表で、許可されていたはずのクリスマスの集いが大幅に制限されたのです。

3世帯が屋内で集まってもいいとされた、クリスマスバブルの許可はティア4に指定された場所では無効。
そして、ロンドンを含む、たくさんのイングランドの地域が、夕方の発表から半日後の0時からティア4に指定されました。

それ以前にロンドンを逃げ出そうと、昨夜は北向きの列車が出る鉄道駅が混みあっていたようです。



桃太郎君は、レンタカーを借りて、23日から27日までロンドンに来るはずだったのですが、残念ながらこのお達しで来ることができなくなりました。
お互いに楽しみにしていたのに、とっても残念。
でも、今年はほとんど使わなかった有給がいっぱい残っているから、来年は頻繁に、そして長い時間ロンドンに戻ってくると約束してくれました。

日本の人に分かりやすく言うと、お正月の帰省が禁止になったようなもの。

幸いにもレンタカーはキャンセルの問題もなかったようです。

私たちは桃太郎君が来ないなら必要のない飲み物や食べ物のオーダーをキャンセルしました。
ビールとか、うちではだれも飲まないしね。
大手のスーパーマーケットのキャンセルは気になりませんが、自営業の小売商店は、ただでさえ大変な今、新たな規制でてんやわんやみたいです。
なので、多すぎるのは分かっていますが、小さなお店のオーダーはキャンセルしないことにしました。


それよりも、プレゼント。
ここに用意してあるプレゼントのサイズや重さをはかって、エディンバラまで送る手配をしました。
大きなものが二つ、小さなものは箱に詰めて、合計3つの小包。
翌日配達で集荷が可能なサービスを調べて手配しました。
桃太郎君へはクリスマスまでに届くはず。

車で来ると思っていたから、重いものもあるので、それは次回来た時に持って帰れるかな?

桃太郎君が私たちに用意してくれたプレゼントも、宅配でたくさん届いていましたから、その写真を撮って桃太郎君に送りました。
その写真から、どれがだれ宛なのかを聞いて、ラッピング。
すべて終わったのは夜中の1時過ぎ。

忙しくしていたおかげで、楽しみが消えてしまったがっかりな気持ちが半減したかな?
悲しいときは忙しくするに限ります。

このニュースの前に、近所の八百屋さん(お花も扱っている)でヤドリギを買ってきました。
こんな風にパックになっているものもあるけど、リースの材料なので、枝っぽいもの。


袋にぞんざいに入っていたものの中からいくつか選んで、これで7ポンド。
今年のリース。
ヤドリギはこんな風にみると可憐だなぁと思います。
古い種目にありがちな「したたかさ」と「はかなさ」を持っていて、いいなぁ、と思います。

バラとかもそうだけど、古品種の気品というか、言葉にできない、なんかいいなって感じ。

プレゼントのラッピングもほぼ終わり。
ステッカー貼るときに「桃からマミーへ」って書くの楽しいな。
実際にはもうマミーってほとんど呼んでくれないからね。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。