2019年3月17日日曜日

ツボ!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


今日はJRTGA で行っている、チャリティーツアーのガイドをしました。
午前中は2時間くらいで大英博物館のハイライトツアー。

JRTGA では、2011年から毎年チャリティーツアーを行っています。
有志のガイドが、自分で好きなツアーを好きな時に行って、集まった寄付金を自分が選んだチャリティー団体に寄付をするというものです。
自由な箇所が多いのは、ヨーロッパならではかもしれません。

JRTGA としてのサポートはありますが、基本、有志のガイドが企画するので、能動性を重視するスタイルです。

私は2011年から毎年ボランティアをしています。
ありがたいことに、毎年のように参加してくださる方もいらっしゃいます。
なので、やっぱりそういった方のためにも、新しいツアーを用意したいです。

ハイライトツアーは、お仕事で月に何回もやっているので、事前に調べることはほとんどありません。
でも、午後に行った「ツボツアー」は、このチャリティーのためにアレンジしたものなので、人混みだとか、ルートだとか、かなり入念に下準備をしました。

このブログで、このツアーでご案内したツボのいくつかを、何回かに分けてご案内したいと思います。

まず最初。
この壺、大英博物館の69番のお部屋に置いてあります。
他にも壺がずらりと並んでいるお部屋なので、ちゃんと見ない人が多い。

もったいないです。
是非見てください。

見て、この目。
いや、見ない方がいいかな…?

だって、これはメドューサ。
目が合うと、見た人が石になってしまうという、ギリシャ神話の怪物です。
髪の毛がヘビさんらしい…。
これね、シンポジウム用に作られた水がめ。

古代のギリシャでは、シンポジウムというのは、ご飯の後の飲み会のこと。
それが今では「一つの問題について何人かが異なる面から意見を述べ合い、質疑応答をくりかえす形の討論会」らしいです。

でもギリシャでは、シンポジウムに参加するのは男性のみ。
ただ、お酌をしたり、雇われた女性はシンポジウムの場にいることはできます。
でも、シンポジウムに一般の女性がいることは、その女性にとって名誉なことではなかったようです。

こちらもギリシャのツボ。
これはワイン用。
 ということでワインに因んだ模様が描かれています。

ブドウを持っている神様はディオニッソス。
ワインの神様です。
バッカスと同義語。
 その後ろを歩いているのは、ディオニソスのアシスタント。
名前はへべ。
人々にお酌するのが役目です。

これは確証があるわけではないのですが…という前置きで。
「へべれけ」っていう言葉は、このへべがお酒を注いでくれるから、つい飲みすぎて酔ってしまうということが語源だと聞いたことがあります。

ホントかなぁ?
何かできすぎ。

まぁ、それは置いといて。

もう一つとっても大事なことを紹介します。

この壺、約2600年前に作られたのですが、作者(というか、画家)のサインがあるのです。
白と黒の柱の間。
スフィロスがこの壺を描いたと書かれています。

アーティストの始まりですね。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年3月14日木曜日

大英博物館近くの寿司カフェ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

日曜日のチャリティーツアーの準備で、今日は大英博物館で一日を過ごしました。

ハイライトツアーはおかげさまで定員に達したんだけど、ツボツアーはまだ定員の半分以下。
そして、こっちの方が準備が大変。
だって、チャリティーのために考えた新しいツアーですからね。
なんか、自分のためのチャレンジといえば聞こえはいいんだけど、毎年同じように新しいことを考えて、焦ったり、新たな発見に喜んだりしています(笑)

お昼ごはんは博物館の中で食べてもよかったんだけど、博物館の近所にできたお寿司屋さんカフェに行ってきました。
この間、スーパーマーケットの記事(リンクします)で紹介したSushi Daily の店舗です。
写真左手の白い建物がそう。
 因みに左手のクリーム色の建物は1830年からやっている傘屋さん。
イギリスらしいお店なので、時々お客様をご案内します。

さて、カフェの中は手にお弁当がずらっと並んで手に取って選べます。
 お寿司やお刺身が並んでいて、7ポンド前後のものが多い。
 私が選んだのは、しめさばと巻きずし。
お茶も注文しました。
 合計で17.20ポンドです。
 レストランで食べるよりは安いけど、サンドウィッチ屋さんよりは高い。

でもしめ鯖は緩めの締め具合でおいしかった。
大根は太く切られているのでケンというよりサラダ(笑)
 こちらはサーモンとアボカドにお野菜がちょっと入っていました。
 ご飯が少なめなのが好感持てました。
Its とかの巻物は、私にはご飯多すぎる。
 一人だったし、お昼時だったから、テーブルじゃなくてカウンターに座りました。
お店はガラガラだったんですけどね。
カウンターの中ではスタッフが忙しそうでした。

驚いたのは、サーモンとか、丸ごとここで捌いていたこと。
てっきりこんなお店ではすでに用意された切り身を巻くだけだと思っていたら、大間違い。
なので写真撮ってもいいですかって聞いちゃいました。
もちろん!
というので撮らせてもらったのがこちら。
この人日本語が話せました。

違うスタッフが、「もっといい写真が撮りたかったら、僕がカウンターの中に入るけど」なんて冗談を言ってました。
そういった冗談が出るあたり、良さそうな職場なんだろうなって印象。

大英博物館のそばだから、これから観光の人も多く来るんじゃないかな?
近所には WASABI とか ITSU もあるから、ジャパニーズの需要は既にありそうです。

SUSHI DAILY(リンクします)


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年3月13日水曜日

パディントンのギリシャ料理

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

お客様と一緒に、パディントンにあるギリシャ料理屋さんに行ってきました。
ここは初めて。
Fantasia Palace という名前。
ロンドンにはたくさんのギリシャ料理屋さんがあるのですが、正直ギリシャ料理ってトルコ料理とかと大した違いはなさそうな気がします。

そんなこと書いたらギリシャ人とトルコ人から怒られるかもしれない。
というのもギリシャ料理屋さんはほとんどがサイプレス(キプロス島)から亡命してきた人たちがやっていて、そもそもの亡命の理由はトルコ人が攻めてきたからだそうです。

なので、ギリシャ料理屋さんで食後にトルココーヒーとかっていうとすごく嫌な顔をされたことがあります。
お菓子でターキッシュデライトという、めちゃくちゃ甘いゼリーがあるんだけど、ギリシャ人のお友達のおうちでは同じようなもののパッケージがルクーミという別の名前で、これもターキッシュデライトって言ったら怒られました。

今回注文したのはギリシャワイン。
これ20ポンドくらいで飲みやすいワインでした。
このレストランは炭火でお肉を焼いてくれる。
メニューにはラムやチキンが載っていました。
チョップを焼いてもらいました。
こちらはギリシャ名物のムーサカ。
簡単に説明すると、ラザニアのパスタの代わりに、ジャガイモの薄切りとおナスの薄切りを入れたものです。
サラダとセットになっている。
気取らない、楽な食べ物で大人も子供も大好き。
ティムちゃんも大好きです。

デザートは甘いものをちょっとだけ食べたかったので、レバノン料理のスイーツみたいなバクラバを注文。
薄いフィロペイストリーとピスタチオと蜂蜜で作ったお菓子です。
一口サイズ。
エスプレッソ。
これ以外にも前菜にチキンスープとかフマス、ハルミチーズのグリルなんかを頼みました。
ワインもチップも入れて85ポンド。
安かったし、フレンドリーなサービスでくつろげました。
飛び切りおいしいってわけじゃないけど、悪くないです。
わざわざ足を運ぶって程ではないですが、近くにいたら、また行くかも。
チェーンのレストランではなくて、家族経営っていうのがいいなって思いました。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年3月11日月曜日

フットボールを見にマンチェスターに行ってきた!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

お客様と一緒にマンチェスターに行く機会は年に数回。

でもほとんどは専用車の手配で。
たまに列車で行くこともあるんだけど、日帰りは今回初めて。
今回はマンチェスターシティーのフットボールを観るのが目的で、日程の関係で日帰り。そして、フットボールのチケットも含めて、すべて私が手配しました。
同じような行程を考えている人もいるかと思うので、どんな感じなのかブログで紹介したいと思います。

まず、初めに。

予定はなるべく早めに立ててください。
なぜかというのは、すべてが安いからです(笑)
列車もフットボールのチケットも、早く予約した方が安いです。
ただし、フットボールの日程は変わる可能性があります。
週末のリーグ戦は土曜日が基本なんだけど、それが日曜日や月曜日になる可能性がある。
列車のチケット、早割は安いんだけど、変更不可、返金も不可だから、違う日のを買ってしまうと無駄になります。


ロンドンからマンチェスターへはヴァージントレインが運行しています。
オンラインで購入したチケットは、自分でプリントアウトしたり、携帯でチケットを見せたりすることができます。
携帯で見せるのは、携帯に十分なバッテリーがあることが前提。
また、添付の場合はあらかじめダウンロードしておかないと、電波の関係でその場でダウンロードできなかったりすることもあるので、事前にファイルしておくことをお勧めします。
駅の自動販売機でチケットを受け取ることもできます。


これがヴァージンの自動販売機コーナー。
こちらは有人のカウンターで、20分前後並ぶ覚悟でいてください。

 イギリスの列車は、始発駅から乗る場合、プラットフォームが決まっていません。
これはマンチェスター行きが出る、ユーストン駅の写真。
 電光掲示板が見えるでしょ?
そこで発車時刻と行き先を見て、何番プラットフォームから出るのか確認してからプラットフォームに行くのがイギリス風。

プラットフォームの表示が出ると、この前で待ったいてたくさんの人たちがそのプラットフォームに殺到します。

チケットを買う時に、ヘルプアシスタントの希望(無料)を出しておくと、その発表の少し前に列車まで連れて行ってくれます。
このサービスは、体が不自由だったり、お年寄りで歩くのが遅いといった、お手伝いが必要な人のためのサービスなので、一般の人用ではありません。

さて、長距離の列車の場合は軽食を売っている車両や、トロリーのサービスから食べ物や飲み物を買うことができます。
また、ファーストクラスのサービスでは、座席で食べ物や飲み物のサービスが受けられます。
でもチョイスは限られているので、食べたいものがある場合は、自分で持っていくのが確実。

ユーストンの駅にはたくさんのお店があって、私はITSUでお寿司のお弁当を買いました。
普通クラスのシートについているテーブルは、お弁当を広げらるくらいのサイズです。
 マンチェスターユナイテッドのオールドトラッフォードと比べると、マンチェスターシティーのエティハドは、マンチェスター・ピカデリー駅からの距離は半分くらい。

トラムもあるんだけど、私たちはタクシーに乗りました。
トラム片道がひとり2.80ポンドなので、タクシー代とトントンくらい。

あ、エティハドスタジアム!
 私は今回が初めて。
オールドトラッフォードは何回も行ってるけど、雰囲気はずいぶん違います。
スタジアムの周りはお祭り気分いっぱい。
こんな風にカードボードで写真を撮ったり、楽しい~!!
 お客様と二人で撮ったんだけど、お客様の顔はモザイク処理(笑)しました!

今回エティハドで一番びっくりだったのは、これ!!
選手を載せたオフィシャルバス。
 Tと Xの入り口の間に到着して、そこから選手が降りてくるのが見えるんです!!
でもそのエリアはすでにたくさんの人たちでいっぱい。
この日は5時半のキックオフで、選手たちの到着は4時過ぎでした。
写真の左手のブルーの縞々の建物はらせん状の入り口・出口です。
Xか、T の入り口から入るなら、早めに入って上から選手たちの入場を見るのもいいかなぁと思いました。

ただし、一旦中に入ると外には出られないので、それは理解しておいた方がいいです。
だって、外には大きなお店や食べ物のストールなんかもあるし、コンサートなんかもやってる。
こういった雰囲気は、どちらかといえばラグビー場に近いです。
アーセナルのエミレイツだったら、外よりも中の方が断然いいけど(この話はまた次のブログで紹介します)エティハドは外の方が楽しそうというのが私の印象です。

私が買った席ですが、アッパー(レベル3)のセンターラインに近い席。
これが私の席からの眺め。
 正直、ちょっと遠い。
だけど、スタジアムのすべてが見渡せるので、試合展開がよくわかりました。
プレミアリーグはパスが早いので、高いところから見ないと、試合の流れがよくわからないことが多いです。
近くても、低いところからだと全体の流れがつかめないので、そういったことが楽しみなら、レベル1の席はお勧めしません。
でもそういったピッチに近い席は、選手の顔がよく見えるので、特定の選手のファンとかならそれもいいかも。
なので、席を選ぶ基準は、何を見たいかってことで選ばないとダメ。

後、私は高所恐怖症なんですが、エティハド、怖かったです。
 レベル3 は、自分で選んだから自業自得だけど、こんなに急坂だとは思いませんでした。
高さが気になったおかげで、あまり試合には気が入らなかったので、高所恐怖症の人は是非アッパーの場合は前5列以内で席を取ることをお勧めします。

試合の後ですが、トラムでマンチェスターピカデリー駅まで12分。
ただし、たくさんの人が利用しようとするのでキューイング(入場整理)がされています。
週末はロンドン行きの列車も少ないので、1時間前にスタジアムを出ても、この入場整理に引っかかると間に合わない可能性が高いです。

私たちの列車は、8時35分発のロンドン行き最終便だったのですが、トラムに乗ろうと思っていたら、まず間に合わなかったと思います。
トラムでマンチェスターピカデリー駅まで行きたければ、少なくとも試合終了の10分前までにはトラムの駅(スタジアムショップの裏手)に着いていた方がいいです。

私たちは試合終了までしっかりスタジアムで試合を楽しんで、メルセデスのショールームのエリアからタクシーに乗って、マンチェスターピカデリーに行きました。
この辺は白タクがいっぱいいて、タクシー代は25ポンドから50ポンドくらいふっかけられました。
事前に予約しておくのも手ですが、だから来るとも限らないのがつらいところ。
Uber も使えます。
私たちは予約していたタクシーが遅れていたので、キャンセル料を払って他の車を手配。
15ポンドで駅まで行くことができました。
7時20分前後に試合終了。
7時半にはスタジアムの外にいたけれど、マンチェスターピカデリー駅の到着は8時20分でした。
かなり余裕を持たないと、ロンドンまで帰れない可能性もあるので、気を付けた方がいいと思います。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年3月7日木曜日

ポルトガルのエッグタルト

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

この間、サウスケンジントンの駅前で、ポルトガルのお菓子であるエッグタルトの専門店を見かけました。

ちょうどレストランでランチした後だったので、デザート代わりに買ってみました。
この店舗で焼いているみたい。
わ~、リスボン思い出すなぁ。
どれがいいか、目移りしちゃう。
これはオリジナル。
エッグタルトの定番です。
こちらはリンゴとシナモン。
イチゴのスライスが乗ってるのもあります!
ココア味。
チョコレート味
イギリスらしいのはラズベリー乗せかな?
さて、どれを選んだと思いますか?


もちろん定番です!
やっぱりエッグタルトといえばこれ。
なんだか他のは邪道という気がします。
でも食べてみたい気はするけど。

甘党じゃなくてよかった。

気になるお味ですが、ペイストリーがサックサクで軽くていい感じ。
カスタードはポルトガルのべレンのパスティスに比べると少し甘め。
本場のエッグタルトの記事(リンクします)
ちょっと粉っぽかった気もしますが、十分満足。

値段チェックしなかったんだけど、10ポンド札を出しておつりがいっぱい来たから、たぶん3ポンド前後じゃないかと思います。

最近いろんなところで見かけるエッグタルト。
秘かに流行っているのかも。

このお店はハマースミスの駅ナカ、サウスケンジントンの駅前、そしてソーホーに支店があるそうです。
Café de Nata という名前(リンクします)



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。