2020年2月14日金曜日

ヴァレンタインデーなので、近所のフレンチでランチしてきました!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


最近のティムちゃん、お出かけしたくないと言っておうちにこもっています。
理由はコロナウイルス。
どんな病気を持っている人が隣に座るかわからないという理由で、地下鉄にもバスにも乗りたくないというのは昔からですが、昨日、中国帰りで体調を崩した人が Uber を使って病院に行ったというニュースを見て、タクシーも危険だと騒いでいます。

私はティムちゃんと違って、自宅でお仕事できるわけじゃないので、ロンドンに行かなきゃいけない。
この季節は忙しくないから、月に5日程度だけどね。

ティムちゃんからはタクシーを使うように言われていますが、列車とバスを使っています。
さすがに地下鉄は使う気になれない。

でも今回のUber の件で、「タクシーに乗りなさい」から「何かに乗るならマスクをしなさい」に注文が変わりました。

マスクは昨日注文したばかりなので、届いたらブログにアップしますね。


今朝もらったカードとチョコレートは、リッチモンドまで歩いていって買ったらしい(笑)
ティムちゃんはサウスケンジントンにお気に入りのカードショップがあって、いつもそこまで行くんだけど、今年は行く気になれなかったと話してくれました。

私はオンラインでカードを作って郵送してもらいました。
カードショップで買うよりも安い値段で、自分だけの一枚を送ることができるのでなかなかいいシステムだと思います。

最近カードの値段がずいぶん上がっている気がします、
カードだけで5ポンド前後かな。

そんなこんなで、ヴァレンタインデーだけど、おうちで何かおいしいものでも作ってくれるのかと思っていたら、やっぱりお出かけしようという話になって、徒歩圏という条件でランチに行ってきました。

リッチモンドにはいろいろなレストランがあるけど、なんとなくロマンティックな響きのあるフレンチにしました。
時々行く、お気に入りのフレンチ、Chez Lindsay(リンクします)

今日のランチタイムは満席。
みんなカップル。
中でも毎年この日にこのレストランに来るカップルがいるそうで、ヴァレンタインデーが結婚記念日らしいです。
二人とも認知症を患っているそうですが、ケアラーと3人でランチに来ていました。

「私たちも、年を取って認知症になっても、二人でお出かけしたい、」とティムちゃんに言ったら、病気にならずにお出かけする方がいいと言われました。
そりゃそうです。

おうちでシャンペンを飲んできたので、レストランではロゼワイン。
 22ポンド。
安い。

ティムちゃんは本日のスープ。
 私はエスカルゴ。
 ティムちゃんのメインはステーキ。
 セットメニュー(13.75ポンド)のサプリメント扱いです。
私はアラカルトだったのでカニにしようかと思ったんだけど、黙って食べるのはヴァレンタインデーにふさわしくないかもってことで、シーフードのクレープにしました。
 そば粉のクレープにシーフードのシチューが乗っています。
 美味しかったけど、ハムとチーズといったシンプルな方が、クレープには向いていると思います。

ここではいつもデザートにクレープシュゼット食べるんだけど、今日はお腹いっぱいなのでパス。
代わりにデザートワインにしました。

ご飯を食べているときに、ティムちゃんがいっぱい写真を撮ってくれました。
 お勘定はこちら。
ごちそうさまでした。

晩ご飯はエビカレーを作ってくれるそうです。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年2月10日月曜日

嵐のキーラ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

この週末、イギリスは嵐のキーラで大変でした。

7年ぶりの嵐ということで、数日前からメディアで大きく取り上げられていましたが、お仕事やプライベートで予定がある人にはあまり役には立ちません。

実は、桃太郎君が金曜日の夜から日曜日までの予定で、おうちに帰ってきていました。
クリスマスに2週間ほどおうちで過ごしたすぐあとだけど、うれしかったです。
2泊3日だと、金曜日のお仕事が終わった後のフライトで、日曜日の夜に戻れば、お仕事のお休みをとらなくても、大丈夫ということらしい。

ところがこの嵐のおかげで日曜日のフライトはキャンセル。
でも、代わりの便が月曜日のお昼にとれました。

まだエディンバラは風も強くて霙まで降っているようですが、幸いにも飛行機は飛ぶようです。

英国各地で浸水や建物の破損が報告されていますが、とりあえずピークは過ぎたようで、ちょっと一安心。

嵐とは全く関係のない停電がリッチモンドの西側からヒースローのあるハウンズローにかけて起こったのが金曜日の夜。
なのでハプニング続きの週末でした。

停電は私が体験したものの中でも最高に長く、数時間続きました。
ハロウィーンの時に買った、たくさんのろうそくが役立ちました。
このタイプのキャンドルは、イギリスでは Tea candles と言います。

ろうそくの灯りでご飯を食べたりするのは、ちょっとおもしろかった。
お料理が終わった直後の停電だったので、すごくラッキー。
途中だったらちょっと大変だっただろうと思います。

ラップトップは充電してあったのですが、ブロードバンドはダウン。
なので携帯をホットスポットにして、ニュースの中継を見ていました。

 それでも暗いので今度は暖炉に火をともしました。
 暖のためじゃなくて灯りのため。
リビングのティーテーブルはグラスなので、暗くて見えなくて思い切り足をぶつけて痛かったです(笑)
そそっかしいのは今年になっても相変わらず。

バスルーム(トイレも兼ねています)も真っ暗なのでここにもキャンドル。
 1ダースのティーキャンドル!
ハロウィーンの時に10個入りがなくて100個入を仕方なく買ったのですが、10個入りじゃなくてよかった~!!
もし10個入を買っていたら、とてもじゃないけど足りなかった。
それ以外にもダイニングテーブル用の長いタイプも大活躍。
桃太郎君が到着するのをワインを飲みながら待ちました。

フライトレーダーでフォロー。
 ロンドンの北側からまっすぐ南に降りて東側からヒースローにアプローチ。
あ、もうすぐリッチモンドの上を通るから見えるかなと思って窓の外を見上げていましたが、暗いから飛行機の種類までわからないし、寒いので諦めました。


ところでキーラ(今回の嵐の名前)が日本でも話題になったかと思って、「嵐、キーラ」で検索したら、「産後1か月のキーラ・ナイトレイ、「最高に美しい!」と絶賛の嵐」と出てきて笑ってしまいました。
ヨーロッパの端っこであった嵐の話題が日本で出るわけないですよね。

今日のリッチモンドは嵐の後、とてもきれいな青空でした。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年2月3日月曜日

コロナウイルス、ロンドンではどんな感じ?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

前回の記事にも書きましたが、イギリスでも羅患が確認されたコロナウイルス。
英国政府も予防のためのビデオを動画で配信しています。


羅患の二人はヨーク大学(ロンドンから200マイルほど北)の学生とその家族。
現在ニューカッスル(ロンドンから270マイル北)の病院で治療中。

中国から、英国政府の手配で避難してきた、約100人の英国人とその家族は現在ウィラル(リバプールの川向かい)で検疫隔離中。

ということでロンドンの生活にはあまり関係がなさそうな気もします。

でもロンドンのチャイナタウンでは客足が遠のいているという話も出ています。

それよりも、個人的には東洋人に対する差別がフランスやイタリアで広がっているという話の方が怖いなって思っています。

ロンドンではどうなのかな?

私自身はこれまで日本人/東洋人だということで差別にあったことはありませんが、英国内で嫌やな思いをしたという日本人の話を聞いたり読んだりしたことはあります。
なので自分自身の経験だけを基に「英国では差別がない」とか、逆に「差別がある」ということは言えないと思っています。
そういった個人の体験というのは、行動範囲や住んでいる地域で大きく変わるのではないかとも思うので、差別に関しては一概に「英国は」とか「ロンドンは」って言えないんじゃないかな。

東洋人の見かけだけをもとに、地下鉄やバスの席を移動されたとかって話を読んだときは、それがどこまで差別なのか、線引きするのは難しいと思いました。

だって、私自身も大きな荷物を持ったアラブ系の人が地下鉄に乗ってきたら、次の駅で降りたりしたことがあります。
そういったことも、差別だと言われれば違うとは言えないかもしれないけど、自分が座る場所を自分の意志で変わるのと、例えば乗ってこようとした人を見かけだけで乗車拒否するとか、追い出すというのは全く別の次元で、後者は絶対に差別だと思いますが、前者はすごく難しいと思います。


折しも昨日はロンドンの南部ストレッタムでナイフを使ったテロ事件がありました。
私は歩いたことが無い地域。
もし歩く機会があったら、ナイフを持ってそうな人が来るのをを見かけたら、持っているかどうかを確認しなくても道を渡って反対側を歩くと思います。

自分自身の危機管理の権利と、差別の容認になるかもしれない行動、政治的な配慮や社会責任とか、各個人の判断バランスが問われる世の中だと思います。








  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年1月31日金曜日

ユーロ離脱の日

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


昨日、2020年1月1日23時に、英国がユーロを離脱しました。

国会議事堂があるウエストミンスターの広場では、たくさんの人が集まっていて、その様子がニュースに流れていました。
 ユニオンフラッグがたくさん。
 カウントダウンも始まりましたが、あいにく時計塔(ビッグベン)は工事中。
イギリスのシンボルでもある鐘が鳴らないのは寂しいということで、 工事を一時中断して、鐘を鳴らしてお祝いしようというアイディアもあったようですが、お金が集まらなかったようです(笑)
個人的には、政府が勝手に税金をそんな無駄なことに使わなかったということで、変なところに感心してしまいましたが、ビジュアル的には盛り上がりに欠けます。


代わりに首相官邸ではユニオンフラッグのイルミネーション。
 テレビ局のスカイは、なんとドーバー海峡の白い壁にカウントダウンのプロジェクション!) 微妙に秒差があるのに笑ってしまいました。
 11時になると、首相官邸前のプロジェクションはビッグベン。
録音された鐘の音で迎えたユーロ離脱日。
中身がない、見せかけの鐘の音がユーロ離脱に重なる気がするのは私だけではないと思います(笑) ユーモアのセンス抜群なイギリス健在です(爆)

これから英国はユーロ離脱移行期に入って、年末までの間にいろいろなことが決められていく予定なので、それまでは何も変わったことはないそうです。

私たちは初夏にフランスに行く予定にしていますが、おそらく普段通りじゃないかな。
というか、そうあることを願っています。

停滞していた国政が、これから少しずつ前進してくれることを期待しています。

ティムちゃんは国民投票の時も、そのあとの混乱期もずっと残留派でした。
が、去年の春ごろから国民投票の結果を無視するような2回目の国民投票の支持層や、とりあえず理由を付けて中立の立場を守らなかった国会議長に嫌気がさして、途中から離脱を応援するようになりました。
労働党が政治的な理由で保守党の案を通さないようにWhipを徹底したことなんかも癇に障っていたようで、毎日のように国会の中継を見ていました。

良くも悪くも国民が政治に関心があるというのは、健全な国なんだと思います。
去年12月の選挙の投票率、私たちの住んでいる地域は76%いつも投票率は高い地域ですが、UK全体でも67.3%ありました。

ただ、みんながみんなユーロ離脱系の番組を見ていたわけではないと思います。
番組自体面白くなかった(お祝いしてる人たちかお悔やみの人たちの中継ばっかりで中身がない!)し、 スポーツ好きの人にとって、1月31日はフットボールのトランスファーウインドウ締め切り日。
ということで、スポーツニュースでもカウントダウン。
 ティムちゃんは政治にも関心があるけど、スポーツ大好きなのでチャンネルを替えながら両方のプログラムを見ていました。

 でも両方のカウントダウンの下ではテロップで、イギリスのヨークのホテルに宿泊していたコロナウイルス罹患が見つかり、ニューカッスルの病院に運ばれたことなんかが報じられていました。

ヨーロッパでも東洋人に対する過敏すぎる対応が話題に上り始めています。





  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年1月29日水曜日

ケンブリッジのおすすめレストラン

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


久しぶりにケンブリッジに行ってきました。
寒かったけど、お天気には恵まれて、楽しい一日になりました。

ロンドンを車で出たのが8時。
混み具合にもよりますが、ケンブリッジまでは2時間弱です。
ウォーキングで町の中をガイドするので、専用車でなくても列車でアクセスできます。

今日はそんなケンブリッジの中心にある、こじんまりしたレストランを紹介します。

トリニティーカレッジの近く。
なので名前は Trinity (リンクします)
テーブルについてメニューを決めたらパンが出てきます。
 フォーカッチャを作ったことのない人が、試しに作ってみました、みたいな(どんな?)
素人っぽい味が素朴でいい感じのパンです(笑)

ここはセットメニューがあって、2コースで15.50ポンド。
今回は前菜とメインという風に取りましたが、メインとデザートという風に取ることもできます。

こちらはハムの小さなコロッケ。
黄色いのはピカリリソースです。
Ham hock croquette, cauliflower purée, piccalilli
 カリッと上がって美味しかったそうです。

寒い日にはスープもいいですよね。
Soup of the day
 ここのスープは日替わりのホームメイド。
この日はスパイスの効いた人参のスープでした。

さて私が注文したのは牡蠣。
Rockefeller – grilled with spinach & Pernod
Porthilly- deep fried with pickled vegetables & sweet paprika aioloi
 生、グリル、フライから2個選べます。
フライが一番おすすめ。
サクッと揚がっていて、一口サイズ。
パン粉ではなくて、てんぷら粉をといたものです。

ここはシーフードのお店。
こちらはシーフードのシチューです。
Sustainable fish stew, steamed mussels, tomato & shellfish sauce, crostini
 魚介類がサッと煮合わせてある感じで、ブイヤーベースの上品版。

こちらはお野菜のリゾット。
Butternut squash risotto, roast pumpkin, toasted almonds & crispy sage
 深みのあるいい味わいだから、ストックに工夫がありそう。

私は前菜のメニューからムール貝を選びました。
Steamed mussels, Nduja & cream sauce
そんなにお腹がすいていなかったので、これでちょうどいい感じ。
4人で60ポンド。
やっぱりアルコールが入らないと安いですね。

ここはサービスもいいし、街の中心で観光の途中に立ち寄るのに便利。
お隣のアイビーカフェよりも安いし、おいしいです。

混むときも多いので予約をお勧めします。

Trinity (リンクします)

  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年1月24日金曜日

明日はバーンズの夕べ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

この記事を書いている今日は1月24日。

ということで、明日はバーンズの夕べです。
何それ?って人のために去年の記事を張りますね(リンクします)

ティムちゃんがお料理してくれたのがこちら。

さっき、リッチモンドまで買いに行きました。
Waitrose で売られていたのはこちら。
 500gのものか、もっとおおきなもの。
ベジタリアン用も扱っていました。


Wholefoods の方はこんな感じ。
200gちょっとのものか、もっと大きなもの。

ティムちゃんから「MacSween」のものを買ってくるように言われていたので、去年と同じ200g程度のものを買いました。

こんなのもあって、賞も取ったらしいんだけど、使用期限(賞味期限じゃなくて)が明日まで。
両方お料理して、味比べも面白そうだけど、内臓も入っているし使用期限ぎりぎりのものは買うのは控えました。


去年はスコットランドの民謡をグーグルスピーカーで聞きながら楽しんだバーンズの夕べですが、今年はハギスの詩の朗読もしようかなと思って調べてみました。
スコットランドでは儀式のようにこの詩の朗読をするそうです。
式次第に興味がある方のために、BBC のサイトをリンクします。
BBC バーンズの夕べ(リンクします)


さて、肝心のバーンズの詩、ハギスに捧げる唄(Address to a Haggis)
こちらはスコットランド語の原文です。

Fair fa' your honest, sonsie face,
Great chieftain o the puddin'-race!
Aboon them a' ye tak your place,
Painch, tripe, or thairm:
Weel are ye worthy o' a grace
As lang's my arm.

The groaning trencher there ye fill,
Your hurdies like a distant hill,
Your pin wad help to mend a mill
In time o need,
While thro your pores the dews distil
Like amber bead.

His knife see rustic Labour dight,
An cut you up wi ready slight,
Trenching your gushing entrails bright,
Like onie ditch;
And then, O what a glorious sight,
Warm-reekin, rich!

Then, horn for horn, they stretch an strive:
Deil tak the hindmost, on they drive,
Till a' their weel-swall'd kytes belyve
Are bent like drums;
The auld Guidman, maist like to rive,
'Bethankit' hums.

Is there that owre his French ragout,
Or olio that wad staw a sow,
Or fricassee wad mak her spew
Wi perfect scunner,
Looks down wi sneering, scornfu view
On sic a dinner?

Poor devil! see him owre his trash,
As feckless as a wither'd rash,
His spindle shank a guid whip-lash,
His nieve a nit;
Thro bloody flood or field to dash,
O how unfit!

But mark the Rustic, haggis-fed,
The trembling earth resounds his tread,
Clap in his walie nieve a blade,
He'll make it whissle;
An legs an arms, an heads will sned,
Like taps o thrissle.

Ye Pow'rs, wha mak mankind your care,
And dish them out their bill o fare,
Auld Scotland wants nae skinking ware
That jaups in luggies:
But, if ye wish her gratefu prayer,
Gie her a Haggis

スコットランドの言葉なので英語の訳が付いているサイトを見つけて、その英語バージョンを日本語にグーグルしたものがこれ!
あまりにも面白い訳なので載せますね!!

ハギスへの住所
あなたとあなたの正直でふっくらした顔に幸運を
ソーセージレースの偉大な首長!
それらのすべての上に、あなたはあなたの場所をとります、
胃、胃、または腸:
さてあなたは恵みに値しますか
私の腕がある限り。

そこにうめきトレンチャーを埋めます
遠い丘のようなお尻
あなたのピンは工場を修理するのに役立ちます
必要な時に、
毛穴を通して露が蒸留する
mber色のビーズのように。

彼のナイフは素朴な労働者の拭き取りを見て、
そして、少し準備を整えて、
噴出する内臓を明るく掘り下げ、
すべての溝のように。
そして、なんて素晴らしい光景なのか、
温かい蒸し、リッチ!

その後、スプーンをスプーン、ストレッチと努力:
悪魔は後部を取り、彼らを運転して、
よく腫れ上がったお腹すべてが
ドラムのように曲がっています。
それからテーブルの古い頭は、最も破裂するのが好きです、
「恵み!」うん

彼のフランスのラグーの上にそれはありますか、
または雌豚を病気にするオリオ、
またはフリカシーは彼女の嘔吐物を作るだろう
完全な嫌悪感で、
あざ笑う、軽ful的な眺めで見下ろす
そのような夕食で?

悪魔!彼をゴミ箱の上で見ます
枯れたラッシュのように弱い、
彼の細い足は良い鞭打ち、
彼の拳はナッツです。
血まみれの洪水や畑を駆け抜けて、
なんて不適当だ。

しかし、素朴な、ハギスの餌、
震える地球は彼の踏面に響き渡り、
彼の十分な拳で刃をたたく
彼は口makeを吹くでしょう。
そして、足、腕、頭が切れます
アザミの頭のように。

人類をあなたの世話にするあなたの力、
そして彼らに彼らの運賃を配り、
オールドスコットランドは水っぽいものを望んでいません。
小さな木製の皿にはねかけます。
しかし、あなたが彼女に感謝する祈りを望むなら、
彼女[スコットランド]にハギスを贈ろう!


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年1月23日木曜日

チャリティーツアーのお知らせ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

2011年から毎年続けているチャリティーツアー。
今年もボランティアガイドとしていくつかツアーを催行します。

これは去年のツアー、リッチモンドです。

ちょうどこの時期に日本からお越しの皆さまも、在英の皆さまも大歓迎です。
是非ご参加くださいね!

今年も私のツアーの寄付先は、公益財団法人みちのく未来基金 です。
この機関は、短期のサポートではなく、中長期にわたって震災遺児の進学サポートに焦点を当てています。
中でも特に高校卒業後の進学という点や、一律の給付ではなく、必要額を給付するという点がいいと思います。
また、イギリスからの送金を考えた際、手数料や為替レートなども気になりますが、クレジットカードから寄付できるのも魅力だと感じました。

私のチャリティーガイドツアーの参加費は、すべてこちらの機関へ寄付させていただきます。(JRTGA 主催のチャリティーツアーの寄付先は、担当のガイドによって異なります)
ご参加にはおひとり15ポンド以上をお願いしています。
人数制限がありますので、お早目にお申し込みください。
私だけではなく、他にもボランティアガイドのツアーが用意されていて、情報は随時アップデートされます。
まめにチェックしてみてください。
http://www.jrtga.com/news

私が担当するツアーは今のところ以下の3つです。

大英博物館 王道のハイライトツアー
内容;世界3大博物館のひとつ、大英博物館を公認ガイドの案内でお楽しみいただきます。
歴史の教科書に出てくる有名な展示物から、あまり知られていない展示物まで、約2時間で館内をめぐります。ご旅行でお越しの方にも、英国にお住まいの方にもお楽しみいただける内容です。
午後のスペシャルツアーとは内容が重なりませんから、ぜひ両方ご参加ください。

ガイド名;バートリーみき
予約方法;メールにてお申し込みください。miki@mikibartley.com

日時;3月15日 日曜日 午前10時00分から2時間程度
集合場所;グレートコート内、インフォメーションカウンター横
解散場所;大英博物館内
寄付先;みちのく未来基金

注意事項;定員は20名、履きなれた靴でお越しください。
大英博物館の入場に際して、手荷物検査があります。
このツアーはバリアフリーです。



大英博物館、華麗なるイスラムの世界スペシャルツアー
内容;毎年テーマを変えてご案内している、大英博物館のスペシャルツアー。今年はイスラムの世界をご案内したいと思います。
一般的な日本人にはあまり馴染みがないイスラム文化を、大英博物館の所蔵品を通じてごらんいただこうと思っています。午前中のハイライトツアーとは内容が重なりませんから、お時間が許せば両方ご参加ください。

ガイド名;バートリーみき
予約方法;メールにてお申し込みください。miki@mikibartley.com

日時;3月15日 日曜日 午後2時から1時間30分程度
集合場所;グレートコート内、インフォメーションカウンター横
解散場所;大英博物館内
寄付先;みちのく未来基金

注意事項;定員は20名、履きなれた靴でお越しください。
大英博物館の入場に際して、手荷物検査があります。
このツアーはバリアフリーです。



名探偵シャーロック・ホームズツアー
内容;ロンドンのシャーロックホームズゆかりの地を、地下鉄やバスを使ったウォーキングで巡ります。シャーロックホームズ・パブができた理由、シャーロックホームズお気に入りのレストラン、ストランド出版社跡、バーツ病院、BBCシャーロックの飛び降り自殺トリック、BBCシャーロックの聖地スピーディーズカフェ、ベイカーストリート、その他盛りだくさん! シャーロックホームズが大好きな方も、読んだことは無いけれど、ドラマや映画のシャーロック・ホームズファンの方も、名前を知っているだけという方もお楽しみいただける内容です。

ガイド名;バートリーみき
予約方法;メールにてお申し込みください。miki@mikibartley.com
日時;3月29日 日曜日 午前9時半から3時間
集合場所;地下鉄エンバンクメント駅の改札
解散場所;地下鉄ベイカーストリート駅そば
寄付先;みちのく未来基金

注意事項;定員は20名、履きなれた靴でお越しください。
地下鉄とバスを利用しますので、オイスターカードもしくは類似カードなどをお持ちください。
このツアーはバリアフリーではありません。
長い階段はありませんが、歩道と車道間のステップなどが含まれます。利用する地下鉄駅のすべてがバリアフリーには対応していません。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2020年1月13日月曜日

タコ焼き作った!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


タコを手に入れて、まずはタコ飯を作りました(リンクします)

でもタコといえばタコ焼き!

ロンドンではジャパンセンターで焼きたてを買うことができますが、おいしくないです。
最近食べたタコ焼きの中では、リスボンのタスカコメ(リンクします)が美味しかったな!

たまに作りたくなるタコ焼きですが、ちゃんとしたレシピに沿って作るわけじゃない。

持っているのはタコ焼き用のフライパンと千枚通し。
この二つが重要。
あとは材料も含め、テキトーです。
今回はこんな材料。
 紅ショウガがなかったので、普通のショウガをみじん切りにしました。
天かすは Fish&chips のお店で1ポンドで買えるけど、おうちにあるものだけで作りました。
茹でタコは小口切り、おねぎは輪切り。
おだし400ml、卵大1つ、塩一つまみ、小麦粉100g。
小麦粉の溶いたのは、こんな風に計量カップに入れておくと扱いやすいです。

こちら、私のタコ焼き用フライパン。
どこで買ったか思い出せない。
 そして、こちらが千枚通し。
 赤いのは、タコ焼き用にイギリスのホームセンターで買ったもの。
これが一番細いタイプ。
使わない方がいいです(笑)
以前、これを使って失敗しました。
これよりは普通の竹の焼き串の方がうまくいきます。
黒い取っ手のは日本で買ってきた千枚通しで、200円くらいだった。

材料はテキトーだけど、焼き方にはこだわりがあります。
油をひいたら、まず、タコとおねぎとショウガを入れます。
普通は小麦粉の溶いたのを最初に入れるみたいだけど、絶対こっちの方が美味しい。
 こんな感じです。
焼いてる音、聴きたい?
えへへ、ビデオに撮ったよ!
2分くらいしたら、小麦粉の溶いたのを入れます。
 ふちの色がちょっと変わってきたら、千枚通しを使ってひっくり返す。
片手でビデオ撮って、片手でひっくり返すほど器用じゃないです(笑)
焼きあがったらソースと青のり。
 鰹節は常備してないのでごめんなさい。
鰹節はなくても、つまようじ2本を差して食べるのが本格的でしょ(笑)

20個近く一人で食べて、十分満足しました。
今度はいつタコ買おうかなぁ。
楽しかった!


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。
イギリスランキング コメントは承認制なので反映に時間がかかります。