2019年1月18日金曜日

久しぶりにビーフストロガノフを作ってみた

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


何となくクリーミーなものが食べたくなって、ビーフストロガノフを作ってみました。
30分もあれば十分なので、簡単ご飯にしたいときにはぴったり!
パスタと食べる人も多いけれど、我が家はご飯でいただきます。

材料はこちら
 ビーフ400g、今回はランプステーキを細切りにしました。
玉ねぎ1個は薄切り
マッシュルーム1パック厚めの薄切り(!)
ダブルクリーム200g
ヨーグルト100g
ガーリック2片みじん切り
マスタード大匙1
小麦粉大匙1
パプリカ大匙1
パセリ1パック

まず中華鍋を熱くして、バターとオリーブオイル(分量外)を加えます。
大匙1ずつくらいかな?
バターを多めにするとこってり。
オイルを多めにするとさっぱり仕上がります。

そこでビーフをさっと焼き付けます。
色が変わるくらい。
 そのビーフをお皿に取り出したら、玉ねぎを加えてしんなりするまで炒めます。
そして、マッシュルームを投入。
軽く塩コショウもここで。
 私はマッシュルームが好きなので厚めに切っています。
たぶん7㎜前後だと思う。
マッシュルームから水分が出てきたらワインを100mlくらい加えます。
なければ水でいいです。
 パプリカ、小麦粉、マスタードを加えます。
そして、小麦粉にしっかり火を通します。
底が焦げやすいので、下からかき混ぜるように。

数分後にヨーグルトとクリームを加えます。
塩コショウをもう一度確認して、ルクルーゼに入れ替えてパセリを加え、5分から10分弱火で火を入れたら出来上がり。
ご飯と一緒にどうぞ。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年1月15日火曜日

住宅地にもでき始めたジャパニーズ料理

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

ロンドンにはいろんなレストランが存在します。
でも、繁華街と住宅地では、目にするレストランもかなり違います。

イギリスでは、中華料理とインド料理はほとんどの住宅地にあるんじゃないかと思います。
加えてイタリアンとかも多いかな。
最近はジャパニーズも目にするようになりました。

興味本位で行って、激しく後悔する、名前の知られていないジャパニーズレストラン。
これまでにもいろいろ失敗しました(笑)

念のためにレビューは見てから行くのですが、レビューが正しいとは限らない。

今回紹介するのは、ラグビーで有名なトゥイッケナムにあるジャパニーズ。
名前は UMI。


実は、トゥイッケナム駅からすぐのところにもお寿司屋さんがあるのですが、そこはひどい。
名前は出さないことにします。

さて、まだクリスマス休みで桃太郎君とガールフレンドもいれて、4人で行った時の写真です。
お刺身はモダンとトラディショナルのふたつのカテゴリー。

モダンからハマチ、
 トラディショナルからスズキを選びました。
 お寿司の方は握りや巻物からいろいろ選びました。
握りは小ぶり。
でも見るとおりのぽっちゃり形。
 シャリが結構おいしかった。
 ホタテとスズキが新鮮でおいしかった。
しめさばは今一つ、だけど許容範囲。

レビューに「サービスがいい」と書かれていたんだけど、理由はサービスでいろいろ持ってきてくれるからかも。

これも、食べてみてくださいって持ってきてくれた。
 サーモンを軽くあぶってチリペッパーがかかっている。
イギリスによくあるタイプの巻物の一つ。
揚げ出し豆腐も持ってきてくれた(写真はないです)

こちらはギンダラの西京焼き。
 私の大好物なので、あれば必ず注文します。
イギリスのジャパニーズレストランだと、まず置いてる。
お値段はレストランの格で、15ポンドから40ポンドちょっとと幅がある。
ここは18ポンドでした。

普段は注文しないけど、桃太郎君が食べたいといって注文したのが「からあげ」
 お勘定がこちら。
アルコールのレシートと別にしてもらったので、これは食べ物とお水だけ。
ジャパニーズでこれは非常に安い。
ワインリストも良心的なお値段でした。

ロンドンに住んでいるなら、クオリティーやお値段のレベルは「東京ダイナー」程度といえばわかりやすいかも。
「この辺でジャパニーズがあるなら食べようかな?」っていうクラスです。
徒歩圏にいるならお勧めします。
ラグビーの日にはいっぱいになるので、土曜日に行くなら気を付けて。
それ以外でも地元の人が多かったから、人気店なんだと思います。
FBのサイトにリンクされているのは、全然違うレストランなので要注意。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年1月13日日曜日

RAF の博物館に行ってきた

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


イギリスの観光ガイドはライセンス制です。
あまり知られていないようで、トラベロコとか含め「住んでいるからガイド」みたいな広告をよく見かけます。
ガイドになるにはコースも試験もあるので、やりたい人はちゃんと資格を取るべきだと思うんですけどね。

ただ、だからと言ってガイドが万能かといえばそうではありません。

やっぱり普通の人間なので、好きなこと得意なこともあれば、逆に得意じゃない分野というのも存在します。

私の場合は飛行機とか車などのメカものが苦手。

ということで、北ロンドンに存在するRAF博物館は、その存在は知っていましたが、足を運んだことすらありませんでした。

ところが私が所属している JRTGA でこの博物館での勉強会が企画されたんです。
JRTGA は英国の日本語ライセンスガイドの協会で、勉強会やチャリティー活動を行っている団体(リンクします)です。
JRTGA に登録しているガイドなら、安心して雇って大丈夫。
ガイドのライセンスを持っているだけではなく、ギルドやAPTG にも所属して、第3者保険にも加入しています。
加えて任意の勉強会に参加したりする、勉強熱心なメンバーの会なのです。

「飛行機なんて、興味ないし」
フリーランスなので、そういった関係のお仕事の依頼が来たら請けなきゃいいだけ。
そんなスタンスの私ですが、やっぱり知識は多いに越したことはないので、参加してみることにしました。

これが正解。

すごくおもしろかったです。

博物館はイギリスの空軍基地の跡地を利用して作られました。
そして、建物は実際にハンガーだったもの。


新しい分野を勉強するとき、私は比較分類する方法が好きです。
そうすると、新しい名前とか年代とかの、細かな記憶に頼ることなく、簡単に理解ができる。
飛行機のモデルナンバーとか、一つ一つ覚えるのはすごく大変。

例えばエンジン。
大きく分けて二つのタイプ。
冷却方法に空気を使うか、液体を使うか。
空気を使うと表面積を大きくしないといけない。
液体を使うと、液体の分だけ重くなるけどサイズはコンパクト。
飛行機の場合は空気抵抗を考えないといけないので、表面積が大きいのはネックになります。
でも空気を当てるだけのエンジンは液体を組み込まなくてもいいので整備が楽。
そこでどんな飛行機にしたいかということで使い分けされたそうです。

例えばゼロ戦を想像してください。
…思いつかないです。
なので写真を…。
プロペラのすぐ右手の部分が太っちょさんです。
これはそこに空冷式のエンジンが入っているから。
これがゼロ戦のエンジンで、所沢航空発祥記念館に展示されているそうです。
RAF 博物館にも空冷式エンジンの展示。
1920年にブリストル航空会社によって開発されたジュピターというエンジンで、何と17ヶ国でライセンス生産されて、260種以上の飛行機に搭載されました
日本では中島飛行機が開発・製造した寿というエンジンはジュピターのライセンス製造からヒントを得ていたと言われています。
名前の寿(コトブキ)も、ジュピターのジュからきているとか…。
9気筒が放射線状に並んでいる特徴が同じですが、違いもあちこちにみられるそうです。
因みにゼロ戦のエンジンは栄という名前で、同じく中島飛行機が開発・製造。
こちらは14気筒でアメリカのプラット・アンド・ホイットニー社のワスプが参考にされたようです。

さて、プロペラ戦闘機といえば、第2次世界大戦の「バトルオブブリテン」が有名です。
この戦いで活躍した戦闘機はスピットファイヤーとハリケーン。
そんな戦闘機がずらっと並んでいるのがハンガー3,4,5の建物。
ハンガー1から移動します。
博物館の規模がこれでわかるかな?
何しろ大きい。

こちらがスピットファイヤー。
 そしてこちらがハリケーン。
こちらがロールスロイス社のマーリン。
液冷式エンジンです。
上部が広く下部が狭くなっているので、横から見ると V の字に見えることからV型エンジンといいます。


スピットファイヤーもハリケーンも、ともにロールスロイス社のマーリンを搭載しましたが、機体のデザイナーが違います。

スピットファイヤーのデザイナーはミッチェル。
42歳で直腸がんで亡くなるまで、エンジンの開発に力を尽くしました。
スピットファイヤーの機体のほとんどが金属製なのに対して、ハリケーンの方は機体の半分が木材やキャンバスに塗装を施して製造されました。
伝統的で慣れ親しんだ素材なので整備も楽、また生産ラインにも問題がないことが有利です。
両方ともゼロ戦と違ってプロペラのついている部分がスマートなのに気が付きました?
それはエンジンが液冷式だから。

ハリケーンのデザインはシドニー・カム。
ハリケーンの後、タイフーンやテンペストなどのデザインも手掛けます。


さて、こちらが敵国ドイツのメッサーシュミット。
スピットファイヤーやハリケーンほどではないにしろ、ゼロ戦とはエンジンが違うのが一目でわかります。
やはりこちらも液冷式 、ダイムラーベンツDB601のエンジンを積んでいて、急降下したりするときにエンジンの働きがスムーズに対応できることが特性です。

こんな風に飛行機のことを詳しく知るなら最適な場所。

見るだけじゃなくて、体験コーナーも充実しています。
実際にスピットファイヤーのコックピットに座ったり(10ポンド)カプセルに入って飛行体験(5ポンド)のコーナーも人気です。
博物館自体は無料で、広い敷地内には有料の駐車場もあります。
飛行機オタクがにやにやしながら廻るのも、家族連れで楽しむのもアリ。

ぜひ一度足を運んでみるといいと思います。
最寄り駅は地下鉄のコリンデール駅(ノーザンライン)
近くにはオリエンタルショップもあるので買い物にも便利です。

RAF 博物館(リンクします)








  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年1月12日土曜日

グーグルからのプレゼント!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


私は暇なときに、グーグルでレストランのレビューを書いたりしています。
趣味みたいなもので、特に丁寧な記事を書いているわけではないのですが、レストランでは写真も撮るので、そういったものと併せて「ちょっと書いてみる」といったスタンス。

グーグルからは、「あなたの写真が何人の人に閲覧されましたよ」とか、頑張ってねみたいなメッセージが時々届きます。

私とグーグルの関係はその程度。

他には、ブログにグーグルの広告を載せているので、年に1万円くらいの収入が入ってきます。

ブロガーとしては情けない数字ですよね(笑)

そんなグーグルとの関係が年末に一変しました。

なんと、ローカルガイド(レビュー記事を書く人のことをグーグルではこんな風に表現します)としてのプレゼントが送られてきたのです。

それがこちら。
 はいてみたらこんな感じ。
 ローカルガイドを踏みつけてるんですけど(爆)
ま、その辺は…。

こんなプレゼントがもらえるなら、頑張ってもっと書かなきゃ(笑)

しばらくしたら、この靴下のレビューを書いてほしいというお願いが来ました。
何を書こうか検討中。
この会社は好意的なレビューを期待して、無料もしくは格安の値段でこの靴下を提供した可能性高し。
ま、モニターみたいなものですね。
とりあえず、履いてみてから書こうかなとは思っています。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年1月9日水曜日

EU離脱をベースにしたドラマが面白かった

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

昨日はティムちゃんと「Brexit: The Uncivil War」というドラマを見ました。
見終わってからの感想ですが、二人とも
「興味深かったね」です。

カンバーバッチは将来こんな風になるのか~というのはちょっと衝撃だけど(笑)

各紙の評価も様々で、各新聞の見出しを並べると面白い。
ガーディアン紙 表面的で無責任なテレビドラマ
タイムス紙 Brexitドラマは、チャンネル4に普段より年上の、上級な視聴者をもたらす
イブニングスタンダード紙 離脱派トップの妻はこのドラマのオンエア中に「ドラマは全体像を欠いている」と非難ツイート

ドラマとして観る分には、どの役者さんも上手だったと思います。
どの程度までが本当のことかはわかりませんが、政治家やニュースキャスターの出ている、本物のテレビ放送の一部がドラマのあちこちに出てくるので、真実味を増すのにかなり役立っていました。

フェイスブックの懸賞を利用して、意識調査や特定の広告に取得した情報を役立てるなんてことは、もう誰もが知っていることという気もします。
でも、こんな風にドラマの中に入れることで、さらに広く知られるというのはいいことだと思います。
ただ、ドラマで選挙前にその利用に踏み切った経緯などは、やはりどこまでが本当かなって思いますが。

こういった半分事実、半分フィクションのものというのは、別にテレビドラマだけではなくていろんなところにあふれています。
ハリウッド映画の、「この作品は事実に基づいて云々…」というのも、事実を知っている人からするとビックリな内容だったりしますよね。
でも、事実が残らずに作品が残ることになれば、それがいつの間にか事実に取り替わったりする可能性もあるので、かなり危ないなと思います。

今日もイギリスの国会ではユーロ離脱に関する討議が続いています。
離脱案の国会での採決を来週火曜日に控えて、否決された場合どうするかといった内容。

ティムちゃん、時折「反逆者!」とか文句言いながらお昼からずっと国会の中継を見ている。
「昨日のドラマよりもずっと迫力がある」
そりゃそうでしょう。
こっちは本物ですからね。

日本で見られるかどうかはわかりませんが、ドラマのリンクはこちら。
https://www.channel4.com/programmes/brexit-the-uncivil-war






  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年1月8日火曜日

イギリス人もウナギ好きだよ~、グルメサラダにしたらこんなカンジ!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


ティムちゃんはお料理が得意です。

ランチやディナーに出かけると、おいしかったものをおうちで再現してくれます。

去年の秋ごろだったか、燻製のウナギのサラダをレストランで食べたそうで、それをいつか作ってくれる約束になっていました。
で、この間、作ってくれたのがこちら。
とってもおいしかったです。

燻製のウナギは、イギリスではお魚屋さんで手に入ります。
スモークサーモンみたいなパッケージに入っている場合が多い。

場所によっては長いまま売っていることもあるけれど、初心者には皮も骨もないパッケージが楽だと思います。

ティムちゃんのレシピ

用意するもの 2人分

サラダポテト(3cmから4cmくらいのもの)5~6個
サラダ(フリゼレタスは必須)
ベーコン1~2枚
燻製のウナギ200g

ドレッシング
オリーブオイル50ml
ヴィネガー10ml
フレンチマスタード小さじ1
ブラックペッパー少々
レモン(好みで)


作り方

燻製のウナギは、一口大に切って、お好みで水に浸す(匂いが強すぎる場合1時間くらい)
そしてペーパータオルで水分を取ってから、フライパンで油をひかずに温めます。(数分程度)
サラダポテトを食べやすいサイズに輪切りにして沸騰したお湯で軟らかくなるまで煮ます。ふつうは15分強。
サラダはパック詰めのものは洗って水切り。
個別のレタスを買ったら、一口サイズに切って洗って水切り。
このサラダに最適なのはフリゼレタスなので、必ず用意するように(ってティムちゃんが言ってます)
これがフリゼレタス。
冬場は手に入りにくいので、パック詰めのサラダが便利。
ベーコンは一口大に切ってフライパンでかりッとさせます。
ドレッシングの材料を合わせたらすべての材料をボウルに入れてざっと手で合わせます。
それで出来上がり。

ティムちゃんは手で合わせるのが重要って言ってますが、燻製のお魚はにおいがあるのでスプーンで大きくかき混ぜてもいいって。
つまり、ざっくり合わせろってことらしい(笑)

食べるときは、うなぎとベーコンとフリゼレタスを一緒に一口にしてどうぞ。

燻製のにおいが気にならないのなら、水に浸す必要はありません。
スターターの場合は半量でもいいかな?

とってもおいしかったし簡単なので、ぜひ作ってみてください。


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年1月4日金曜日

ブラジャーに使用期限があるなんて!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


先日、ティムちゃんと一緒に下着を買いに行きました。

Rigby&Peller のメイフェア店。
王室御用達ブランドだったんだけど、最近外されたみたい。
数年前にオーナーが出版した本の中に、バッキンガム宮殿に行った時のことが書かれていたのが原因だそう。

セレブにもフォロワーが多くて、レイディーガガとかグエネスパルトローも顧客らしい。


ティムちゃんが取ってくれたアポイントメントの時間は10時。
年末で車が全然混んでいなくって、リッチモンドから30分で到着。
いつもこうならどんなにいいか。

おまけに歩いて1分のところにも駐車できたし、とってもハッピー。
駐車の時間を1時間に設定して、お店に入っていくと、たくさんの下着が並んだエリアを抜けて奥へ。
そこは試着室のエリアへ続くロビーです。
試着室のエリアへは、男性は立ち入り禁止。
ティムちゃんのように、お買い物に来た男性は、コーヒーを淹れてもらって、のんびりここで待つわけです。

いくつか並んでいる試着室はどれも広め。
私を担当してくれたのは、ちょっと小柄なエリーさんという女性。
エリーさんが20枚くらい、私のサイズだと思うブラジャーを持ってきて、それを片端から試していきます。
てっきり巻き尺とかで測るのかと思ったら、見るだけでサイズがわかるんですって。

同じブランドの同じサイズでも、カットやスタイルが違うとまったくフィットが違ってきます。

試着の際に、フィットの具合を見るには、どこに気を付けるか細かなことを教えてもらってすごく勉強になりました。

今まで知らなかったこともたくさん!

例えば両方のカップの間の部分は「ブリッジ」と呼ばれるそうなんですが、その部分のフィット具合が結構大切なポイントらしい。

私の持っているブラジャーで、いくつかブリッジが浮いているものがあるんだけど、デザインが好きで身に着けていました。
それはちゃんとしたサポートが得られないから、おすすめできないって言われました。

ほかにも後ろのフックの部分。

ふつうは2段階か3段階になっていますよね。
皆さんどこに留めてますか?

私はいつも一番小さくなるように留めていました。
例えばこの写真なら、一番左側のフック。

でもそれって間違いらしい。
試着の時(つまり新しく買う時)は一番右で留めて丁度のものがいいんですって!

ブラジャーは、どんなに丁寧に手洗いしても、素材の劣化に伴って背中側の伸縮が悪くなってくるので、それに従って少しずつ右側のフックに移行させるといいそうです。

そして、なんと1年以上使用したブラジャーは買い替え時なんですって!
私の持っているほとんどのブラジャーは5年以上、古いものは10年以上前のものだってあります。
フィットするとかってことよりも、デザインが気に入って捨てられないものが多い。
しかもいつも洗濯機で洗ってるし(笑)

勉強になるなぁって感心していたら、1時間ほどが過ぎていました。
気が付かなかった。

結局、駐車時間を2回延長して、いくつか気に入ったものを買ってもらって、11時半過ぎにお店を後にしました。
このお店、包装もとってもきれい。
おうちに帰って箱を開けたら石鹸が同封されていました。
下着の引き出しに入れておく用。

このお店、ブラジャーは大体1枚100ポンド前後。
ただ、アポイントメントをとっても、買う買わないは自由なので、一度足を運んでみると面白いかも。
自分のサイズをきちんと知ることもできるし、次に選ぶ時のヒントもたくさんもらえたので行ってよかったと思いました。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2019年1月3日木曜日

2019年!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

明けましておめでとうございます。

2007年の春に始めたこのブログ「イギリスの情報発信」ということで、レストランやイベント、観光地やイギリスの生活などを紹介するために立ち上げましたが、実際は我が家の記録的な部分もあって、大切な生活の一部になっています。

ブログを始めた時には、一人で郵便局へも行けなかった桃太郎君も、もうすぐ25歳。
去年はエディンバラにフラットを買って、ガールフレンドと生活しています。

ティムちゃんと私は、相変わらずロンドンのリッチモンドで楽しく生活しています。
あんまり迫力のない花火ですが、新年のお祝いにお庭で花火を上げる家庭もたくさんあります。
これは我が家の窓から撮った写真。


イギリスはユーロ離脱を3月末に控えています。
中国やアメリカやロシアといった大国の国際関係や、環境問題など気になることは目白押し。
2019年が、いったいどんな年になるのかは、全く予想もつきません。
でも願いは一つだけ。

どうか、天災や戦争のない、平和な年になりますように。

皆さんの新年も実りあるものになることをお祈りします。










  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2018年12月27日木曜日

クリスマスのプレゼント

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



皆さんのクリスマスはいかがでしたか?

私は桃太郎君とティムちゃんと3人で楽しい団らんのクリスマスでした。
プレゼントを開けるのが楽しみで、クリスマスの朝は6時ごろ目が覚めました。
でも7時まで起きるのを我慢しましたよ。
だって、桃太郎君と7時に起きようって約束していましたからね(笑)

7時は、まだ暗いリッチモンド。
 桃太郎君からはニールズヤードのワイルドローズシリーズをもらいました。
 ティムちゃんからはたくさんのプレゼントをもらったけど、特に気に入ったのはアンティークのブローチ。
探すのにすごく苦労したそうです。
 そして、新しいダウンジャケット。

イタリアのブランドで、デゥベティカっていう名前らしい。
私、普通はイタリアブランドだとサイズ42なんだけど、ここのはなんとサイズ46!

「46なんてサイズを贈ったら離婚されるかもしれない」って、イタリアまで電話してサイズの再確認したらしい(笑)

でもぴったりでした。

この後、新しいジャケットを着て、調子に乗って近所を歩いていたら、足を捻挫してしまいました(笑)


イギリスの応急手当、必ず出てくるものが冷凍のクリーンピース。
どの家庭の冷凍庫にも必ず常備されている。
1時間ほど冷やしたら、すっかり良くなりました。


桃太郎君からヴァーチャルリアリティーのゲームももらったので、午後からはたっぷりゲームで遊びました。



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。