2018年12月18日火曜日

ウエストケンジントンの和風フレンチ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


ロンパラさん(リンクします)からお誘いがあって、ウエストケンジントンのフレンチに行ってきました。
この人がシェフ、ジェラルドさん。
ノルマンディーの出身だそうです。

この日はお休みだったんだけど、北海道出身のコウさんと二人で、ほぼ1年前にオープンしたビストロです。

この日はちょっと早め、6時からの夕食で、まだレストランはガラガラ。
そこで、リラックスした雰囲気の中、お店についていろいろ質問してみました。

おしゃべりがお料理と同じくらい好きって印象を受けました。
フレンドリーでおすすめとかも聞けていい感じです。

コウさんと北海道に行った時に、日本でフランスの食材がうまく日本食に取り入れられているのを見て、逆にフレンチに日本の食材を使ってみようと思ったんですって。

お料理ですが、季節の食材を使うことと、意外な組み合わせを考えることに気を使っているそうです。

例えばこのバター、ただのバターじゃないんですよ。
なんと、味噌バター。
とても美味しかったです。
「手作りなんだよ~」とジェラルドさん。

なので、ねこなすさんのように大豆からお味噌を作っているのかと思ったら、お味噌は買ったもので、バターが手作りだそうです。

ミルクを攪拌したらバターになるのは知っているけど、どれくらい時間がかかるのかは知らない。
昔話で、2匹のカエルがミルクの入った桶に落ちて、一匹はあきらめて溺れてしまいましたが、もう一匹は助けが来るまで泳いで頑張ろうとして、朝まで泳いだら、朝には桶の中にバターの塊ができて、その上に避難できたそうです。

ジェラルドさんは45分くらいでバターができると話してくれました。

以前働いていたレストランで、スタッフが遅刻してきたときに、お給料を引いたり、怒ったりする代わりに、遅れてきたらバターづくり担当というルールを決めたそうです。
そうしたら、誰も遅刻しなくなったって話してくれました。

確かに小一時間、黙々とミルクを攪拌する作業って退屈そう!

さて、お料理ですが、定番のお料理にひと工夫というのがウリ。

面白そうなものがメニューに並んでいたので、私は前菜を3つとることにしました。

一つ目はチャウダー。
Dorset crab and chorizo chowder – 6.5
カニとチョリッソ。
アイディアはわかるんだけど、チョリッソの味が強いので、バランスが悪い。
折角のカニの味は全く感じることがなくて残念。

チョリッソの量を少なくするか、炒めた時のオイルをスープのアクセントにするときに、こちらも少なめにした方がいいかも。

ロンパラさんは、ここの名物、枝豆入りのステーキタルタル。
Steak Tartare, edamame, black sesame and quail egg – 8
枝豆とビーフの組み合わせは面白い。
だけど、枝豆を刻んだ方が食べやすいと思う。
ビーフから食感が浮くのが難点かな。
中にショウガが結構入っています。
ミソバターを塗ったパンともすごく合う。

こちらはロンパラさんが選んだブイヤベース。
Sea bass and seafood Bouillabaisse, fennel, saffron & dill – 16
美味しそう。
量もちょうどいいんじゃないかな。

私はもう一品前菜から。
Rabbit and pistachio terrine, sourdough and Tsukemono – 7
ウサギとピスタチオのテリーヌ、漬物添え(笑)
ウサギのテリーヌはおいしかった。
結構ガーリックが効いてる。
添えられているキュウリが、パリッとしていて、昆布茶の味。
レシピを聞いたら、やっぱり昆布茶とビネガーとお砂糖らしい。
テリーヌの合間に食べても、一緒に食べてもいいと思う。

さてデザートです。
梅酒は好きかと聞かれたので、好きだけど、甘すぎるのは嫌だと言ったら、甘くない梅酒だって。
強いお酒も好きじゃないって言ったら、強くないというので一杯注いでもらいました。
甘すぎない梅酒。
これは食後種にピッタリ!
ロンパラさんは、この人おすすめデザート、ブッシュノエル。
小豆クリームのロールケーキと栗のアイスクリームの組み合わせです。
栗のアイスクリーム美味しい!
甘すぎないし、ほっこりした味。
こどもの時に食べた、井村屋の小豆アイスを思い出しました(笑)
ロールケーキのほうは、スポンジが今一つ。
中の小豆アイスはいいけど、スポンジが重いのと、クリームとの境目がべちゃっとしたまま固まっていたのが残念でした。

このお店は日本酒も置いている。
「シイタケの味がするお酒だ」って言われたので興味がわいて、これも味見したけど、確かにシイタケのような味。
お料理に合いそう!

さて、こちらがお勘定。
クオリティーの割にはかなり安いと思いました。
特にお料理好きな人には、アイディアを得るのにいいんじゃないかな。
ただ奇を狙ったようなメニューもあるので、当たり外れがあるなっていうのが正直なところ。
サプライヤーにもこだわりがあるし、週末にはブランチや、特別なイベントなんかもやっている。
近くにいるならぜひどうぞって感じです。

Bistro Mirey (りんくします)


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

0 件のコメント: