2007年10月1日月曜日

ロンドンの交通費


「地下鉄の初乗りは現金だと千円です。」
殆どの場合すごくびっくりされますけど、本当の金額です。
「じゃあ住んでいる人は大変ですねぇ。」
実は住んでいる人はわずか4%の人たちだけがこの金額を払っています。
残りの96%はオイスターカードを利用してぐっと少ない金額を払っています。
オイスターカードはロンドンの交通網で使えるプリペイドカードです。
一部ナショナルレイルは使用不可ですが地下鉄やバス、トラムなどで利用できます。
この料金体制が9月30日から変更になりました。
ロンドンにはワンデイトラベルカードという一日乗り放題チケットがあるのですが、今回の変更でこのチケットよりもオイスターカードを利用する方がお得になりました。
学生や、18歳以下の場合は写真付きのオイスターカードが必要ですが、大人は駅やタバコ屋などで簡単に手に入れることが出来ます。
カードの登録料(これは返却可能)が3ポンドかかりますが、それでも便利さや割引を考慮すると手に入れたほうがいいかも。
日本を発つ前に買う事も出来るので、観光の人も要チェックです。
右手の「買い物」記事の中に以前「Visit Britain」を載せたので参考にどうぞ。

割引についてはかなり複雑なので(18ページの冊子が発行されています)抜粋すると、
バス代 現金2ポンド、オイスター90ペンス
地下鉄 現金4ポンド、オイスター1.5ポンドから
トラベルカード オイスターだと50ペンス引き

ね、安いでしょう?(これで普通!?)
でも一部鉄道では使えませんから、気をつけて。
最終的には2009年までにはロンドン中の鉄道でも使えるようになるそうです。
いつも思うけど、気の長い話!
覚えていられるかなぁ?
詳しくはtfl.gov.ukを参照してください。

2 件のコメント:

Yukako さんのコメント...

ロンドンの交通機関の値段は東京より高い!というのを聞いたことがあります。でも住んでいる人はこういうカードを使っているなんて知りませんでした。
観光客でも買えるんですね。
イギリス、子供がもう少し大きくなったら行きたいんですよね。多分2009年以降になると思うので、そのときには是非このカード買ってあちこち観光してみたいです。

あ、それからお料理お好きなのですね。
実はイタリア料理関係のブログは「リヴィエラ小町」とは別に「リグーリア食彩日記」で書いているのです。お時間のある時にこちらも覗いてみてくださいね。リンクこっちのブログにしときますので。

Miki Bartley さんのコメント...

やっぱり割引とかがないと、やってられない金額ですよね。
私の住んでいるリッチモンドはロンドンの郊外ですが中心地がゾーン1と呼ばれているのに対してゾーン4になります。
例えば朝9時半以降なら1日乗車券が5.70ポンドで鉄道もバスも地下鉄も乗り放題です。
そんなに高くないでしょう?
ところがそれ以前の時間に現金で全てを払うとすれば、自宅から駅までのバスが2ポンド、鉄道でウォータールーまで3.80ポンド、その先地下鉄に乗り換えれば4ポンド、バスなら2ポンド、となってしまいます。片道で約10ポンドですからすごい金額といわれても仕方ないですよね。
イギリスは基本的に通勤費は自腹です。
何と税金で経費としても落とすことが出来ませんから通勤しないといけない人は大変です。
毎日通勤の人は定期を利用するとワンデートラベルカードと似たような金額で通勤可能ですが、困るのは一週間に4日以内しか通勤しない人たち。私もこの部類に入ります。

もうひとつのブログ、ユックリ楽しませていただきます。
お料理のリンクを作ろうかと考えているところなので、出来たら張らせていただきます。