2018年6月21日木曜日

海遊館を想像して行ったら、ちょっとがっかりだった水族館

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


リスボンで行きたかった場所の一つ、水族館。
 大阪の海遊館と同じデザイナーということや、ヨーロッパで1番とか、興味津々。

でも後でわかったことですが、規模はバレンシア(スペイン)の方が大きいです。
ヨーロッパで一番というのはトリップアドバイザーの評価(しかも数年前)らしくて、また騙された~って気になりました(笑)

入口でキャラクターくんと記念撮影。
 ティムちゃんに水族館の名前も入れて撮ってねってお願いしたのに、最初のアルファベット「O」が入ってない!
も~!

私たちはネットでチケットを買ってから向かいました。
プリントアウトしなくても、携帯の画面を見せればいいので便利。
行列に並ばなくていいのでお勧めです。

リスボンの中心地からちょっとあります。
ポンバル侯爵の広場から、Uber で14ユーロでした。

大きな水槽の周りを上階と下階の両方からぐるっと回って見るスタイル。
 大きなお魚がゆっくり泳いでいるのを見るのは気持ちいいです。
 でも一つの水槽を別の角度から見るだけなので、結構すぐ飽きちゃう。

水槽の周りには小さな展示がたくさんあって、ペンギンとかラッコもすぐ近くで見ることができます。
 カエルもいろいろいました。

こういうのっておいしそうとしか見えない。
 これも茹でて食べたくなった(笑)
 この水槽の前では小さな子供たちが「ニモ!」
 ディズニー恐るべし。
国境を越えて、どの国でも「ニモ」で通じるクマノミ。

1時間半くらいいたけど、お腹も空いたので、特別展示は見ずに出てしまいました。
あとで知ったのですが、かなり有名な展示で、日本人もかかわっていると知って、ちょっと後悔。

正直私一人だったら見たと思うけど、ティムちゃんが「もう飽きた~」ってうるさかったので、早々に出ることになりました。
 出口にもキャラクターがいて記念撮影できるようになっていました。
おんなじポーズにしてみたよ!
 遠くにケーブルカーも見えましたが、こちらも遠くから見ただけ。

水族館マニアなら行けばいいけど、そうでなければお勧めしません。
まわりには何にもないし、日本にもっといい水族館がいっぱいあると思います。
入場料はおとな一人16.20ユーロでした。


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

0 件のコメント: