2017年5月22日月曜日

桃太郎君のおうちにベイビーがやって来た!?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


…といっても人間ではありません。
かわいいでしょう?
生後13週だそうです。

ガールフレンドと一緒に、エディンバラに住んでいる桃太郎君。
以前から犬が欲しいと言っていました。

仮採用から本採用に変わって、おうちも会社の近くに引っ越しました。
以前住んでいたところはニュータウンにある、治安のいい住宅地だったのですが、オフィスまで歩くと25分くらい。
半年間の契約で借りていました。

新しく借りたところは更新可能な年間契約で、ペット飼育可だそうです。

B ちゃんはねこを飼っていたそうですが、桃太郎君はペットを飼ったことがありません。
ペットは子供と同じ。
責任重大だから、欲しいな、だけでは済みません。
一緒に住むようになったら、食べ物や保険など、お金も随分かかります。
それにもまして、お出かけするのも考えないといけない。

桃太郎君、そのあたりも含めてずいぶんリサーチしたようです。

イギリスでは犬や猫はペットショップで取り扱っていません。

登録されたブリーダーから購入します。

二人はまず、どんな種類のねこが自分たちの生活パターンに合うのかどうか調べたそうです。

いろんな品種によって、行動パターンなどにも差があるそう。

で、選んだのはソマリ猫という血統。

オフィスからは歩いて5分のところに住んでいるから。お昼休みにはおうちに戻ってさみしくないように遊んであげるつもりらしいです。


ブリーダーのところで基本予防接種は済んでいるらしいのですが、近所の動物病院に登録して、そこでマイクロチップを入れるって言ってました。
ペット保険も用意して、マイクロチップ登録の後、加入するそう。

餌のこともいろいろリサーチしているみたいで、何が体にいいとか、肥満を防ぐ食べ物とか、いろいろ教えてくれましたよ!

とりあえずかわいくて仕方ないみたい。


イギリスは動物愛護で有名です。
ネコのことならGCCF、犬のことならKC という団体があります。

ブリーダーのサーチとか、生活アドバイスなどもこういった機関を利用すると安心です。

GCCF(リンクします)
KC(リンクします)








  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年5月20日土曜日

優柔不断でサイテーな男、私だったら絶対にお断りなんだけど!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


幼馴染の女の子と将来を誓ったくせに、お金が入ったらすっかり忘れて高根の花だと思っていた人にアプローチ。

婚約までしたけれど、窮屈な生活も嫌なので、どうしようか迷った挙句、結局は別れてしまう。

投資にも失敗して、お金が無くなって、元の幼馴染の女の子と結婚。

サイテーな男だって思いませんか?

原作の名前は「キップス」
英語では「Kipps: The Story of a Simple Soul」
タイムマシン、宇宙戦争、神々の糧など、SFっぽい作品で有名なウェルズの作です。
100年以上前の作品。

これが、60年代にミュージカルになりました。
ミュージカルのタイトルは
「Half a Sixpence」

それが、去年からウエストエンドで映じられています。
先日ティムちゃんと見に行きました。

アーサー・キップス(主人公)は相変わらずサイテーなまま(笑)

でもすごく楽しめました。

振付がすごく良かった。

主人公の軽やかな足取りはぜひ見てほしい。

イギリスの劇場は舞台が近いので、表情まで楽しめます。

日にちによっては安いチケットもあるようなので、是非探してみるといいです。

それにしても、幼馴染の女の子、こんな男と結婚しても幸せになれるのかなぁ?
絶対にどこかで浮気しそう(笑)

こんな何にも考えてないタイプの人と結婚する気になるのは、やっぱり原作が古いから?
お芝居としては楽しんだけれど、しっくりくるストーリーではありませんでした。
第一次世界大戦の前に書かれたものだから、女性が働く場所といえばお金持ちのおうちに雇われるくらい。

高根の花の女性も、幼馴染の女性も 、結婚で生活を支えようとするあたり、古臭い。
せっかくリメイクするなら、もっと中身を変えても面白いんじゃないかって思いました。




  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年5月18日木曜日

大ピンチ!!携帯の電池が切れそうな時にはどこへ行けばいい?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



今日はロンドンでミーティングがありました。
なのに、朝からバッテリーの消耗が激しいアプリを使いすぎ。
そこで、ミーティングに向かうちょっと前に、携帯の電池が10%きれるかな~くらいにまでなっていました。

夜お出かけの時は、何があるかわからないし、携帯はいつも使える状態にしたいもの。
タクシーを呼んだり、列車の時間をチェックしたり、ティムちゃんにテキストしたり、携帯電話がないと困ることがいろいろ。

なので、ロンドンでどこで携帯のチャージができるかサーチしてみました。
以前どこかのショッピングセンターで見かけたことがある。
きっとミーティングの場所の近くにもあるはず。

で、グーグルで検索したら出てきました。
IiGo という会社のサイト
(リンクします)

ミーティングの場所から歩いて数分のところ。

20分ほど時間があるから、ちょっと立ち寄ってみました。

私が立ち寄ったのは、大英博物館に近いロイヤルナショナルというホテルロビー。

多分ロビーだろうけど、コンシェルジュに聞いてみました。
「携帯に充電できるステーションはどこですか?」

そしたらロビーの一角を指差されました。

スリムな自動販売機みたいな外観。

鍵の付いたボックスが6つあって、上からアルファベットが振ってありました。

料金の方は30分で1.50ポンド、もしくは1.50ユーロ。
または、50分間の充電は2ポンドか2ユーロです。
些細な額だけど、ポンドで払うと損だなぁ(笑)
ユーロも使えるってことは、外国人観光客も視野に入ってるってことですね。
残念ながら、円は使えません(涙)

中を見るとこんな風です。
いろんな型に対応できるらしい。

ところが、ですね、このケーブル、この長さまで。

これ以上引き出せないので、差し込むのが一苦労。
立った人間の手元までの長さは無理としても、あと10センチ長かったらもっと使いやすいのに。

携帯を繋げてからお金を入れるだけ。
その後カギをかけておしまい。
イラストで説明が書いてあるから、英語が分からなくても問題ないと思います。

時間がないので、30分充電は無理。
なので、15分前後して取り出しました。
28%まで回復している。

ホテル以外にも、カフェやレストランなど置いてあるところはたくさんあるみたいです。

お出かけ先で困ったら、また利用するかも。
スペアバッテリーは持ってるけど、持ち歩くの邪魔だし、いつもはそんなに電池が減ることもないので緊急用に覚えておくといいと思いました。


ついでに他にもどんなチョイスがあるのか調べてみました。
スターバックスでは、ワイヤレスで充電のシステムがあるそうです。
ただし、まだロンドン中心地の10店舗のみ。
でも人気があるので広く展開予定だそうです。

パワーマット(充電器)のついているテーブルに、携帯を置くだけ。
パワーマット利用自体は無料。
事前にアプリをダウンロードして使います。

ただしワイヤレス対応していない携帯の方が多いみたい。
その場合は充電用ののリングを購入して、それを通して充電します。
リングは再利用可能。
ケーブルやチャージャーを持ち歩くよりは小さいので便利みたい。

リングは10ポンド前後だから、よく利用するなら買う価値はあるようです。
パワーマットのサイト(リンクします)
リングはパワーマットがあるスターバックスで売られているそうです。
Qi システムの利用みたい。


早速、アプリをダウンロードしてみました。
このアプリで最寄りのパワーマットが探せます。

ずらっとスターバックスが出てきた。
あ、他にも違うカフェの名前が…。

そう思ってよく見たら、イギリスはスターバックスだけ。
それ以外のカフェは外国でした(笑)
ポーランド、スペイン、スイス、イスラエル…。

充電しに、そんなに遠くまで行けませんって(笑)

今までこんなサービス気にしたことがなかったけど、必要に迫られて調べたら勉強になりました。

それにしても進化についていくのは大変。













  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年5月17日水曜日

イギリスでもお好み焼きはあるよ。じゃあイギリスらしいお好み焼きってどんなの?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


この間、ティムちゃんとお好み焼きを食べに行きました。
劇場に行く前なので6時過ぎの話です。

ただでさえ私たちのディナーの時間には早い。
いつもは8時半ごろに食べるから。

しかもこの日はティムちゃん、お仕事ランチ。
で、4時にお昼ごはんのレストラン出たばっかり。

パブでおつまみでもよかったんだけど、どこも混んでいたので落ち着けない。
なので、仕方なくレストラン。
だって私はちゃんと食べたいし~。

そこで、お好み焼きのあべのをサジェストしてみました。
予定の劇場まで1分で歩けるのも魅力だし。

前菜だけいくつか頼んで、ワインのつまみにすればいいやって思って入りました。

ところがティムちゃんが「ここはお好み焼きのレストランだから、そういった注文の仕方は恥ずかしいからしたくない」って。

で、お腹空いてないのに、お好み焼きを注文するっていうのね~。
ちょっと食べて、残せばいいんだからって。
そっちの方がよっぽど失礼だと思うんだけど。

いつもそう。
ティムちゃんって、人からどう見られるかが最重要項目。
そのためには型を大事に考える。
そんなこと気にせずに、したいようにすればいいのにって私は思うんだけど、こんなタイプのイギリス人、多いです。
期待されているだろうことは、守る。


私はティムちゃんが何を注文しようが、好きなものを頼みます。
お好み焼きだけじゃなく、前菜も頼んじゃう(笑)

とりあえず、餃子。
私ここの焼き餃子好きなんです。

でも今回はあんまりおいしくなかった。
焼き方かな?
ここは焼く人によって結構味が違う。
いつも頼むのに、毎回味が違う。
そして、経験の長そうな人が焼いてくれると美味しい。

ここよりも大英博物館のブランチの方がハズレない。
中身は同じエビとアスパラガスなんだけど、中身も何だか違う。
多分半年くらい食べてないからレシピが変わったのかな?


さて、お好み焼き。
私はいつも注文する東京ミックス。
これは豚、イカ、エビが入っている。

イカとエビは中に混ざっていて、豚肉は片側に乗ります。

ティムちゃんは自分でメニューから好きなものを選びました。
ここは初めて、
日本でもお好み焼き屋さんに行ったけれど、鉄板焼き屋として使ったし、英語のメニューがなかったので、私が注文したからまあこれが初めてみたいなもの。

そんなティムちゃんが、誰の手助けもなく自分で選んだ一品とは…

コテージパイのお好み焼き。
この写真がコテージパイってわけじゃないですよ。
これは牛肉のミンチが入ったお好み焼きです。

コテージパイっていうのはイギリスの代表料理の一つ。
パブや学校の給食でおなじみです。
ミートソースの上にマッシュポテトを乗せてオーブンで焼き上げるお料理です。
ブログでレシピを紹介したことがあります。


 で、この牛ミンチ入りお好み焼きがどんな風に「コテージパイお好み焼き」に変身するか紹介します(笑)

お好み焼きを焼いている間に、チーズを鉄板で焼きます。

そして、その脇で、下茹でをしたサイコロ切りのジャガイモとグリーンピースを炒め合わせます。 

それが、お好み焼きの上に!
おお~っ、ってカンジですか?
まだまだ(笑)


この上にですね、焼いたチーズをのせるんです。

半分乗りました。


そして、もう半分も!


こちらは私の東京ミックス。
お好み焼きソース、マヨネーズ、青のり、鰹節、全部乗ってます。

 コテージパイお好み焼きには何を乗せるのか聞く前に、ソース類は無しでって言ってしまいました。
なので、これが仕上がりなのかどうかはわかりません。
この上にソースとかかけるのかなぁ?
お好み焼きソースじゃなくて、イギリスの HP ソースとかかけるのかも。

もちろん全部のせてあるだけだから、食べている時にすべてバラバラになってしまいます。
鉄板のあちこちに飛び散ったグリーンピースとジャガイモ…。

「見てみて~、お箸でピーつまんだ!」
ティムちゃん、こういったことを写真に撮ってもらうのは、恥ずかしくはないらしい。

多文化に無頓着で、ジャパニーズレストランでもナイフとフォークを持ってこさせたりする人たちもいるイギリス。
自分はそうじゃなくて、お箸が使える素晴らしい人(=偏見がなく、異文化に理解があり、努力もする人間)だという自負があるから、だろうなぁ(爆)

ティムちゃんの恥の基準には本当に考えさせられます。
結局完食しましたよ。

コテージパイお好み焼き、よっぽど気に入ったみたい。
お勘定は65ポンド。
チップは現金で10ポンドおきました。
カウンターだけど、目の前で焼いてくれるしね。


サイトにリンクします。









  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年5月15日月曜日

ビタミンたっぷりのお食事にタブレはいかが?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



今日紹介するのは、冷蔵庫から取り出してサッと食べるのに便利な軽食。
ビタミンたっぷりだし軽いので、夜、小腹がすいた時に食べても罪悪感がわきません(笑)
それだけでもいいし、お肉やお魚と出せば、ちゃんとメインになります。

名前はタブレ。
レバノン料理やトルコ料理でよく見るサラダです。
全てみじん切りなので、その手間はかかるけれど、切ってしまえばあとは混ぜるだけという手軽さです。


この写真は材料を揃えたところ。
パセリ100g
ワックスがかかっていないレモン2個
チェリートマト10個から15個
キュウリ半分強
小さなザクロ1個
クスクス1/2カップ
カイワレ1パック
赤玉ねぎ1/2個


クスクスは同量の熱湯を加えてふやかします。
私はクスクスを入れた計量カップに、ポットの熱湯を入れています。

熱が逃げないように蓋をして、5分ほど置いたらフォークでほぐしながら広いお皿に移します。
速めに熱を取るとパラパラにほぐれます。

 レモン半個は飾り用に取っておきます。
 残りのレモンの皮をボウルにおろします。
そしてレモン汁も搾って加えます。

玉ねぎは細かなみじんに切ってレモン汁に加えます。

 パセリもみじん切りにして、同じボウルに投入。

キュウリとチェリートマトもみじんにしたら軽く塩を振っておきます。
ペーパータオルをひいた深皿に入れて余分な水分を取ります。
これをやらないで、そのままボウルに入れるとサラダの仕上がりがベチャベチャします。

水分が出るのを少し待っている間に、ザクロの身を取り出します。
チリもみじん切りにして加えます。
これはお好みで、入れたくなければ入れなくても大丈夫。

カイワレも加えます。
お好みのマイクログリーンなんかもいいアイディア。

全部混ぜ合わせて塩コショウで味を調えたら出来上がり。
私はオリーブオイルを大匙で3~4杯加えますが、これもお好みで。

タブレだけでもスナックにお手軽。

これにお肉やお魚を添えると立派なお料理になります。

フライパンで牛肉を焼いて、冷蔵庫で寝かせておきます。
これは周りを3~5分ずつくらい焼き付けたもの。


タブレを中心にお肉を並べてもいいし、

こんな風に1列にしてもおしゃれです。
レモンとオイルだけで食べてもいいけれど、柚子胡椒を添えてもおいしいです。

劇場に行く日なんかに作っておくと、おうちに帰ってきてからサッと食べられるのでとても便利。
お弁当なんかにもいいんじゃないかな?

パーティーの時には、ジェムレタスやチコリをお皿に見立てて、そこに一口分を盛ると手で食べやすい一品になります。

温かいものを食べたいなら、ラムのミンチでミニハンバーグを作って、ヨーグルトと食べてもおいしいです。




  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年5月14日日曜日

新しい洗濯機に買い替え

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

イギリスは電化製品がよく壊れます。
特に水がかかわるもの。

多分、ロンドンがすごく硬水なので、その影響かな?

ティムちゃんと結婚してから一番頻繁に取り換えているものは食器洗浄機。

もう、4機目。

水には関係ないけれど、オーブンも良く壊れる。
今使っているオーブンは多分5つ目か6つ目です。

なのに、洗濯機はなぜか長持ちしています。

以前、洗濯機と乾燥機が一緒になったものを使っていた時は3年くらいで壊れました。
新しく買い替えてもやっぱりそれくらい。
なので、乾燥機は忘れることにして、洗濯機のみの機能のものに取り換えたら、長持ちしています。
もう10年以上使ってる。

ところが最近はスピンするときの音が異常に大きいので、修理の人に見てもらおうと話していました。

ただ、そのうち他のパーツもダメになるだろうから、いっそのこと新しくて、エネルギー効率のいいものに買い替えた方がいいかもってことで、Which マガジンでお勧めを調べてみました。

イギリスにはWhich マガジン(サイト)というものがあって、消費者向けのアドバイスなどを公平に調べることができるのです。


長持ちしている今の機種の最新版もいいかなって思ったんだけど、それはお勧めには載っていませんでした。

で、買ったのは LG というブランド。
携帯電話でプログラムを決めて、洗濯機に送ったりできるらしい。
まだ試してないけど、面白そう。

容量が大きいので、羽根布団も洗えるそうです。
買った後、気に入ったのは、最高95℃の水温でお洗濯できること。
今まで使っていたのは90度まで。
お台所の布巾とか、テーブルのナプキンはいつも高温で洗うので、ピッタリです。

音も静か。

いつもは壊れてから慌てて買うんだけど、壊れる前に、慌てずリサーチをちゃんとして買ってみるのもいいものだと思いました。
これも10年以上持ってくれるとうれしいなぁ。



  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年5月12日金曜日

Kobe Beef のお鮨を食べたけど…

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


この間、ティムちゃんとシティーにある投資顧問の事務所に行った時、近くにあるティムちゃんのクラブでごはんを食べました。

ティムちゃんはロンドンのいくつかのクラブに席を置いています。

クラブって何?
特権階級のたまり場?
よく聞かれるんですが、昔と違って紳士階級しか入れないってことはないです。
そのクラブにお友達が登録していて、入会金と会費を払えるなら入れるクラブが多くなっています。
実際ティムちゃんだってフツーのひとです。

このクラブは金融街にあるので、金融関係の人がメンバーに多い。

私たちの投資顧問もここのメンバーだそうです。
会いに行ったのがちょうどお昼ごはん前だったので、ランチの話になって発覚しました(笑)

デヴォンシャークラブ。

ティムちゃんからお鮨メニューがあるって聞いていたので、楽しみ。

前菜に神戸ビーフのお鮨を頼むことにしたら、お箸がきました!

神戸ビーフの上にはガーリックとチャイブが乗っています。
そして、バーベキューソースみたいな甘味のソースも…。
これじゃあお肉の味が分からないよ。
ちょっとがっかり。
今度注文するときは、お肉だけにしてって言うつもり。

ティムちゃんはほうれん草のサラダを注文。
でも写真はなし。
撮ったと思ったんだけど、残っていませんでした。
何とお鮨の写真は5枚もあったのにね(笑)


メインはティムちゃんがバーガー。
これのどこがバーガー?
そう思うでしょう?

最近、炭水化物を摂りたくない人(ティムちゃんもそう)が多いイギリス。
なので、バーガーでバン抜きっていう人も多いんです。

以前日本のドラマで見たんだけど、タンメンのメン抜きと同じ感じです(笑)

私はソルトマーシュラム。
潮風の吹いている草原の草を食べた羊ってこと。

柔らかくって美味しい。

金融街の端っこ。

デザートはパス。
でもお茶請けにマカロンがきました。
さっぱりミントティーとマカロン。
ティムちゃんはエスプレッソでお勘定はこちら。
ナカナカ満足なランチでした。
ごちそうさま。






  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年5月11日木曜日

イギリスの携帯電話、おすすめのタリフはどれ?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

イギリスの携帯電話、いろんな会社があって、パッケージもたくさん揃っています。

私はヴォーダフォンという、多分、イギリスで一番メジャーな会社を使っています。
理由は、どこでも通じるし、安心感があるってこと。

お仕事で使うので、通じないと役に立ちません。

ティムちゃんも以前ヴォーダフォンでしたが、会社の経費の見直しで、EE という会社に乗り換え。
ヴォーダフォンと比べると、かなりサービス面が劣ります。
テキストや留守番電話が遅れることも多いし、海外での超過料金も高いです。
日本に行った時は、1日当たり7.50ポンドの超過がかかってびっくりでした。
ヴォーダフォンは同じサービスが、1日5ポンド。


あるお友達はスリーという会社を使っています。
この会社のパッケージ、ヨーロッパの主な国やアメリカで、超過料金なしに携帯が使えるのです。

去年スペインに行った時は、この会社のPAYG SIM カードを買っていきました。
携帯をWifi スポットにしようと企んでいたのですが、残念ながらそれは駄目だそうです。
でも携帯内で使う分にはデータ容量もある程度あったので、とても役に立ちました。


昨日、パッケージの契約が終わりに近いので、ヴォーダフォンに契約終了の電話をかけてみました。

今、私が使っているパッケージは、
1か月で通話が600分、
テキストメッセージが無限、
データ容量が20GB というものです。
それで、月々40ポンド。

イギリスは日本よりも Wifi が入っている場所が多いです。
が、公共のものはセキュリティーも怪しいし、極力使わないようにしています。
このパッケージは、データ容量が多いことを理由に選びました。


契約を終了したいと告げると、理由を聞かれたので、ホリデーの度に追加料金を払うのは嫌だからって言ったんですね。
そうしたら、ヨーロッパのほとんどの国で、超過料金がかからないパッケージがあるから、それにしたらって勧められました。

Vodafone Global Roaming っていうパッケージです。

40か国(主にヨーロッパ) 
この中での通話やデータ容量が含まれるプランです。
通話とテキストは無制限。
データは16GB

すごくいい内容でしょう?

それで料金は税金込みで19ポンド!
そんなに容量使わないって人なら、10ポンド以下からタリフがあります。

イギリスに住んでいると、ちょっと週末にヨーロッパへって時もあるから、これは使えるなぁって思いました。

秋にイタリアに遊びに行こうと思っていたので、ちょうどピッタリ。
携帯電話の超過料金の心配をせずに、FBとかブログのアップもできそうだし。

携帯電話のパッケージは競争が激しいので、マメにチェックするといいパッケージやキャンペーンを見つけることができます。

契約時に新しい携帯電話を受け取ると、長い期間、契約を拘束されるので、私は携帯電話は自分で買ってSIMカードのみの契約にしています。
これなら長くても1年の契約だし、普通は3か月後には変更可能というケースが多いです。

同じ会社でもキャンペーンからキャンペーンに乗り換えるだけでけっこう節約できたりしますよ。

まずは自分の携帯会社のウェブを見て、いいキャンペーンやってるかチェックしてみるといいです。






  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年5月10日水曜日

アルダベリーをベースにアシュリッジの森を歩くコース

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

アシュリッジの森、ブルーベルはもう終わりに近いので、行くなら来年がいいと思います。

桜前線と同じように、毎年咲く時期は違います。
普通は5月の1~2週かな?

でも今年は4月が暖かかったので、3週間近く早く咲きました。

アルダベリーの村は小さくて、とてもかわいい村です。
映画やドラマのロケでよく使われるところ。

今日はそこから出発して、ループで村に戻ってくるコースを紹介します。
ロンドンからの日帰りなら、村でランチを入れて、この間紹介したドッキーの森(リンクします)と併せてみるといいと思います。
この地図は村から歩く時のマップ。
池のそばの星印が、村のバス停。
そこから斜め下に車道を降りていくと、こんな標識。
さらにしばらく歩くと、ふっとパスの表示があるのでそこから上がっていきます。

この表示です。

こんなカンジの道です。
 ずんずん上がっていくと5分から10分くらいで遊歩道に出ます。
遊歩道に立って、左手を見るとコテージが見えますからそこに向かって歩いてください。
そのコテージが、地図の4番です。
この4番から7番にかけてがとてもきれいなブルーベルのカーペット。
5番のエリアもきれいだそうですが、私はそこまで歩いていないので、未体験。
行かれた方はどうだったか教えてください。

4番から7番まではこんな風です。
ドッキーの森と違って、自然なまま。
鳥の鳴き声が聞こえて、森にいるって実感できます。
どこまで行っても続く青いカーペット。
30分ほど歩くと柵で囲まれたエリアが前方に見えてきます。
そこに遊歩道のサインがあるので坂を下りるように歩いていくと、村に戻ります。
途中で木々の間から村の教会が見えました。

このループで約1時間強。
最初の森に入るところは少し坂ですが、あとはそれほどきつくありません。
ただ、このコースは車いすやバギーでは無理があります。

車いすやバギーなら、ドッキーウッドがお勧め。








  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。