2017年9月27日水曜日

ジェノヴァでびっくりしたこと2つ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

 イタリアのジェノヴァで驚いたことが2つありました。

ひとつはバーで飲み物を頼んだら、必ずおつまみが出てくること。
イギリスのパブでは、まずないサービス。

そんなことをティムちゃんに言ったら、昔はチーズやクリスプスを出してくれるところが多かったと教えてくれました。

「僕が経営者だったら、絶対に塩辛いものをおつまみに出すよ」
そしたらみんなタダだと思ってたくさん食べるだろう?そのうちのどが渇くから、2杯目の注文につながるのさ」
損して得取れってことですね!

ジェノヴァのおつまみは薄めのフォーカッチャが多かったです。
チーズが乗ってるのとか、サラミが乗っていたり、ペストソースと一緒に出してくれたところもありました。

カモーリのバーではおつまみセットみたいなのが出てきて、その量にティムちゃんがお会計を心配したほどでしたが、普通の料金でした。

じゃあ「普通っていくら?」っていうと、ワイン2杯で10ユーロくらい。
安いところだと6ユーロくらいまで下がります。

ツーリスト価格なのかどうかはわかりませんが、物価に比べると、ちょっと高いんじゃないのって思いました。
でもロンドンがもっと高いので、気にはなりません。

同じイタリアでも、カプリとか、もっと高かったし。
そういった、超観光地みたいなところに比べると、ジェノヴァは安いと思いました。

こういったおつまみ、食べずに残しても次の人には出さないだろうから、いつも出される前に要りませんってお断りしていました。
だからと言って安くなるわけじゃないけど、食べ物を無駄にするの、もったいないしね。


それに、私たち、普通はランチやディナーの前に、食前酒のつもりでバーに行くので、お食事前におなかを膨らませたくなかったのも理由。

さて、お酒を飲むと行きたくなるのがお手洗い。

これが2番目のびっくり。

比較的きれいなバーでも、トイレに便座がないんです!

多いのはこんな感じ。
便座が無くなってずいぶん経ちますが、それが何か?
開き直った風です。

これなんかは、蓋はあるのに便座がない。
 こんなデザインのトイレかと思いました。
こんな感じで、金属製のがコッツウォルズにあります。
それは、蓋はないけど、お掃除が楽なんだろうなぁ。

これなんか、美術館のお手洗い。
正直、「入場料10ユーロ弱とるんだから、便座くらいちゃんと用意してよ!!」って思いました。

イギリスだったら無料の美術館や博物館でもトイレの便座はありますよ!

なので、レストランで便座がついているだけで、うれしくなります。
こんな風にトイレと合っていない便座でも(笑)
イタリア語で「お手洗いはどこですか?」はちゃんと言えるようになりました。
でも「どうして便座がついていないんですか?」はなんて言うのか知りません。
どうせお返事をイタリア語でまくしたてられても、私の語学力ではわからないだろうから、聞いても仕方ないかもね(笑)





  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2 件のコメント:

55kohujyo さんのコメント...

こんにちは 初めてメール差し上げます。田中邦夫と言います。
ブルーガイドHPで拝見しました。
10月10日から19日まで、レンターカーでロンドンからエジンバラ、リバプールそして岡崎のいるレスターで
サッカー観戦のドライブ旅行を企て訪英する60歳代中年探偵団二人です。その〆にロンドンを2日散策したいと思っています。
17日か18日に午後からザァート市内観光と夕食をご一緒願えませんか?また予算はいかほど組めばよいでしょうか?ホテルは郊外の空軍博物館方面のセントラル ホテル ゴールダーズ グリーンに17日チェックインです。
コンタクトの方法がわからないのでブログ コメントからコンタクトさせていただきました。
便座!面白いレポートでした。訪英の参考にさせていただきます。

Miki Bartley さんのコメント...

55kohujyo さん、コメントどうもありがとうございます。
私のウェブサイトに料金やサービスのご利用案内を載せていますので、どうぞご覧ください。
www.mikibartley.com です。
ご質問などは、メールをご利用ください。
miki@mikibartley.com の方へお願いします。