2013年5月29日水曜日

イギリスの運転免許

これ、左が英国の国際免許、右は国内の免許証です。

国際免許は、既に持っている免許証を国外で使う許可証といった体裁。
だから、国内用の免許証も同時に携帯しなければいけません。

これまでは、私たちのホリデーは純粋なヨーロッパ(へんな言い方だけど)のみ。
だから、ホリデー先でも免許はイギリスのものをそのまま使っていました。

今回初めてトルコに行きます。
そこではイギリスの免許はそのまま通用しないんですって。
EU の中ってみんなイギリスのものがそのまま通用するって思ってた。
で、調べてみたら、トルコって、まだEU 圏ではないということが発覚。

トルコの観光情報を読んでいて、それに気がついたのが先週。
慌ててAA に手続きの手紙を送りました。
国際免許の発行元が、免許証の管理をしているDVLA ではなくて、AA というのにもびっくり。
普通は10日位かかるそうだけど、手数料を払って早めに発行してもらいました。
木曜日の夜の投函して、水曜日に届いたわけだから、速い。
月曜日が祭日だったわけだし、ナカナカのサービス。


下は国内の免許証を広げたところ。
個人的な情報が載っているので、ところどころ消してあります。
もうボロボロでしょう?
いくら古いものを長く使うイギリスでも、これはあんまりじゃないかと思うんですけど(笑)
しかもイギリスの免許証には写真がありません。
有効期限は本人の70歳のお誕生日まで。
だから、まだまだ長く使い込む予定(笑)
(最近発行の新しいものは、日本のものみたいに写真つきのカード型です)

ところで、トルコって、日本のパスポートを持っているならビザは要らないんですって。
でもイギリス人は要りますよ。
それに気がついたときにも焦りましたが、到着空港で買うそうです。



ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村

1 件のコメント:

nekonasu ねこなす さんのコメント...

私の運転免許証は、写真付きのカードだから10年毎に更新です。
70歳までなんて、いいですね〜。(笑)
私とダンナはアメリカでレンタカーを借りましたが、国際免許も持って行かなかったけど、きっと必要なのでしょうね。
トルコは、なぜか日本贔屓らしいですよ。