2010年12月29日水曜日

桃太郎君ご飯を炊く

今年のクリスマスの、桃太郎君へのプレゼントのひとつは、なんと炊飯器でした。
我が家のキッチンはとても狭いので、これまではご飯を食べる時にはお鍋でその都度炊いていました。
桃太郎君にはそれが普通だったのですが、日本で炊飯器を「発見」してから、どうしておうちにはないのか、事あるごとに問いただすようになりました。
「マミィ、炊飯器って、とっても便利なんだよ」
「あのね、スイッチを入れると、自然にご飯が出来て、そのまま暖かいから、好きな時にご飯が食べられるんだよ、ステキだよねぇ」
「僕、炊飯器が欲しいなぁ」
エトセトラエトセトラ・・・

我が家でご飯を炊くのはせいぜい月に2日から3回です。
お鍋で炊いたら美味しいご飯が出来るんだから、全く必要性は感じないんだけど、あまりに桃太郎君が欲しがるので、とうとうクリスマスプレゼントのひとつにしたのです。
ティムちゃんは「炊飯器を子供のプレゼントにするなんて(あまりにも夢のないプレゼントだから)常識がない」とかなり反対だったのですが、他にもたくさんプレゼントを用意したからジョークのひとつと割り切ってもらいました。

クリスマスの日にはガチョウ、ボクシングデーにはお馴染みのギャモンだったので、27日に日本のカレーライスを献立にしました。
桃太郎君にお米を洗ったりする方法(研ぐとはお世辞にもいえない)を教えて、スイッチを入れました。
出来上がりのご飯!とっても美味しかった。

2 件のコメント:

のび太 さんのコメント...

素敵なプレゼントですね!
炊飯器のご飯もいいでしょう。


どうぞよいお年を迎えてください!
2011年が素晴らしい年になりますようお祈りいたします。

miki bartley さんのコメント...

のび太さん、明けましておめでとうございます。
今年もたくさんコメント残してくださいね。

炊飯器は便利ですね。
もう数回使いました。
でもあんまり(というよりも、全然)桃太郎君は使っていません(笑)