2008年6月3日火曜日

デンランド

桃太郎君は、今週毎日学年末試験です。
昨日はフランス語(1時間半)、宗教(1時間半)、美術(1時間20分)。
長い一日でした。
今日はスペイン語、数学、テクノロジーだそうです。
数週間前から私やティムちゃんに、外国語のクイズを出したりして、あまり緊張はしていない様子です。

ティーンエイジャーの家庭とか、試験の時期って、緊張感が漂う雰囲気がイメージとしてありましたが、実際桃太郎君がこの年になっても、我が家は何となくのんびりです。
ティムちゃんと桃太郎君の会話は、試験とは全く関係のない話で、馬鹿みたいなことばっかり。
二人の会話をいつか隠し撮りしてみようと思っています。
すっごく面白い。
べらべらといつまでもおしゃべりしていて、それだけでコメディー番組みたい。

土曜日か日曜日の話なんですが、いつものようにそんな調子で、二人がおしゃべりしているのを何気なく聞いていました。
「MOMO,イングリッシュを話すのはイングランド。フレンチはフランス。じゃあデーニッシュは?」
「エーなんだろう?」

・・・絶句、桃太郎君、知らないの?
ティムちゃんも「デンマークに決まってんじゃん」という答えを期待していたようで、驚いていました。
そこで私は「スカンジナビアの4つの国って言えるかな?」

助け舟を出したつもり。
「エーッと、スェーデン、ノルウェー、あとなんだっけ?」
そこでティムちゃんが、(待てばいいのに)横からバカなことを・・・
「よく考えてみて、Momo。フィンランドがあるだろう?フィニッシュでフィンランド、じゃあデーニッシュは?」
「・・・デンランド?」
ホーラ訳がわかんなくなったじゃない!
ティムちゃんは桃太郎君を怒っても仕方がないので、
「あんなに高い授業料を払っているのに教育がなってない」だって。
お金とは全く関係ないと思うんですが・・・。

イギリスでは歴史とか地理とか、基本教科に入っていないものの教育はあまり徹底されていません。
桃太郎君はこの期末試験が終わったら、もうこの先一生、地理の授業を受けることも試験もないわけです。
このまま大人になってしまうんですね。

桃太郎君に限ったことではありませんが、最近の子供ってあまり努力とかしないのかな?
昔、私が子供の頃って、クラスに世界の都市を全部いえる子とか、スポーツカーの名前を全部知っている子とか、プラモデルの好きな子とか、コツコツひとつのことに取り組むことがもっとあったような気がします。
それとも取り組むだけの好奇心が欠けているのか?

デンランドの後にティムちゃんは「じゃあダッチを喋るのは?」
桃太郎君はティムちゃんを見て、「・・・ダッチランドじゃないよね?それはわかるよ。」
その後二人で大笑いをしていました。
笑い事じゃないと思うんだけど。

4 件のコメント:

ともち さんのコメント...

何度もご訪問ありがとうございました。
やっとお邪魔させていただきました。

イギリスにお住まいなんですね~。
うらやましいです。
若い頃から一度は行ってみたいとは思っていますが、
一体いつになることやら(^^;;

また遊びに来させてくださいね。
よろしくお願いします♪

EMI* さんのコメント...

訪問ありがとうございました。

やっと、訪問できました。
あっ、ともちさん、見っけ!

イギリス、いいですよね~!
憧れの国です!
うちの娘、秋に、語学研修で、
イギリス"希望してたんですが、
抽選にはずれ、オーストラリアに・・

イギリス、行きたかったそうですが・・

また、遊びに伺いますね。

Miki Bartley さんのコメント...

ともちさん、こんにちは。
たまに、このブログにコメントが載せられないという話を聞くのですが、無事、たどり着いたみたいですね(笑)
そうです、イギリスに住んでいます。
でも私からすると、「わぁー、ともちさんって日本にお住まいなんですね」です(爆)

是非一度お越しください。
お花が好きなら5月から7月です。
ブログに素敵な写真をがんばって載せますね。
また来てください。

Miki Bartley さんのコメント...

EMIさん、こんにちは。
EMIさんのブログから、ともちさんのブログを見つけたので、ほぼ同じ頃にコメントを残したんです。
ブログのサーフって面白いですね。
更新ごとにどんな記事になるかというタイミングもあるけれど、「いいかんじ」みたいにくるものがありますよね。
オーストラリアは日本との時差がないので、短期ならお嬢様には身体が楽だと思いますよ。
でも本格的にやるなら、是非イギリスにもお越しください。
とてもいいところです。