2012年2月26日日曜日

シャーロックホームズ

私はシャーロキアンではありません。
「シャーロキアン」というのは、シャーロックホームズの熱烈なファンのこと。
正典とよばれるシャーロックホームズの物語を熟知していて、日々、その研究に時間を費やす人たちのことです。
平たく言うと、「シャーロック・オタク」です(笑)

私が推理小説で一番好きなのはクリスティーで、こちらは今でも文庫本を全巻持っていて、時々読み返したりしています。
子供の時にホームズものを読んだ記憶はありますが、アルセーヌルパンのファンだったので、ホームズはそんなに好きではありませんでした。
(ルパンのシリーズの中に、ホームズとの対決があるのです)

ところが住んでいる場所がロンドンですから、シャーロックホームズファンにはよくお目にかかります。
お客様の場合もあれば、知り合いだったり。

そこで、何となくいろんなことを調べたりしているうちに、特にファンではないけれど、ホームズのことに、やたら詳しくなってしまいました。
ホームズファンの方をご案内するときには役に立ちます。
もちろんホームズ全集も持っていて、ちゃんと英語で読んでいます。

ところで去年だったか、BBCで「Sherlock(シャーロック)」というドラマを見て、すっかりこれにはまってしまいました。
日本でも放送されたそうですね。
一体どんな訳になったか、とても気になります。
シャーロックホームズの現代版。
主役のベネディクト・カンバーバッチがもう大適役!!
こちらではDVDが出ていて、私もちゃんと買いました(笑)
シャーロキアンのために作られたような作品。
この「シャーロック」は英国のテレビ番組でもっとも「オタク度」が高いといわれる「Dr.Who」の製作チームによって作られました。
インタヴューで、制作にいたる理由を聞かれて「だって、他の人が作ったら悔しいから」
かなり細かいところに熱を入れて作っているので、何回もDVDを停めながら同じ画面を注意して「見逃した箇所がないかどうか」チェックしたり。
そんな私を見てティムちゃんは「みきちゃんは立派なシャーロキアン」だと言うようになりました。
私は今でもそうは思わないんですけどね(笑)

で、今回JRTGAで、チャリティーツアーを企画したときに、シャーロックホームズのウォーキングツアーを思いついたのです。
イギリスでこのドラマの人気もあるし、元からのシャーロックホームズファンもいるだろうから、たくさんの人が参加してくれるかな、と思って。
今日、このツアーを行いました。
参加者13名さま。
桃太郎君にカメラマンを勤めてもらって、ところどころ写真を撮ったり、ビデオを撮ったり。
予定よりも少し長くなりましたが、楽しい2時間半でした。

それにしても、ビデオで見ると、無駄な動きやガイデイングのまずさがよくわかります。
たまにはこんな風に客観的に自分を観るのもいい経験だと思いました。

今日、参加して下さったお客様、どうもありがとうございました。
この後のツアーは
2月28日火曜日、V&Aのツアー
2月29日水曜日、サウスケンジントンのツアー
3月6日火曜日、シャーロックホームズのツアーです。
私のツアー以外にも楽しいツアーがたくさん企画されています。
どうぞJRTGAのサイトをご覧下さい。

おまけ。
編集していない今日のビデオの一部です。
video

  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

6 件のコメント:

dunkel0227 さんのコメント...

いつか一度案内していただいてちゃんとロンドンを旅してみたいと思っているんですが、なかなか果たせません。今日はテスト(苦笑)でしたし。シャーロックホームズは小学生の時に大好きで、学校の図書館にあった全集を三回ぐらい読み通した思い出があります。英語の勉強を兼ねて、今度は原書をよんでみようかなあ、と拝読後に思いました。

匿名 さんのコメント...

はじめまして。
イギリス大好きで何年も読み逃げしていましたが生ミキさんを拝見して一言申し上げたくて…
かわいいいいいいっ
失礼しました。
怪しいものではありません(爆)
日本在住38才一児の母です。

miki bartley さんのコメント...

ダンケルさん、随分お久しぶりです!
シャーロックホームズは、小学生くらいの時に読んだという人が多いみたいですね。
やっぱり英語で読むほうがいいと思います。
だって、もともとは英語で書かれたものだから。
知っている通りの名前や建物の名前が出てくると、余計に楽しいので、ロンドンの地図を手元において読むといいですよ。
今は便利でグーグルで探せるし、町並みも見ることが出来ます。
ただ、架空の名前も登場するので、「あれっ」てこともありますが。

miki bartley さんのコメント...

38才一児の母さん、こんにちは。
カメラマンが(プロではなくて)桃太郎君だったんで、リラックスしてるんでしょうね。
出かける前の打ち合わせでは、「建物とか町並みとか、周りを撮ってね」って頼んでおいたんですが、後で見てみると私ばっかり写っていて、何の案内だかが見えないので閉口しました。
しゃべり方が子供っぽいとよく言われます。

かんとく さんのコメント...

Mikiさん
えらく似合ってますね。立派な女ホームズです。
改めて、行けなくて残念!と思いました。

miki bartley さんのコメント...

かんとくさん、こんにちは。
えへへ、こんな格好でツアーをやったらおもしろいかなーと思って、お友達から帽子を借りました。
それ以外は特別な格好じゃないのに、この帽子の威力ってすごいですね。