2009年6月10日水曜日

Lamb Inn


Hindon にある Lamb Inn を紹介します。
ここは私がロンドンから西に向かうときに、よく立ち寄る場所です。
ストーンヘンジから車で15分くらい。

ここは昔大きな宿場町だったのが、どんどん世間に見放されて、村に成り下がったところです。
イギリスでは村と町の違いは、市場があるかどうかということ。

繁栄していた頃は、ロンドンとエクセターを結ぶ主要道路に面していたので14の宿屋で賑わっていたそうですが、今では2軒のパブ兼宿屋のみ。
250年ほど前に火事で町が焼けた時も、その位置の重要性から、すぐに立ち直ったヒンドンですが、150年ほど前に鉄道が通って宿場町の意味がなくなると、次第に寂れてしまいました。
鉄道はヒンドンは通らずに、すぐ隣町を走って、そこに駅もできたので、とうとう市場も開かれなくなってしまいました。
今では人口500人ほど。
教会はありますが、警察署はありません。

とっても静かな村です。
ラム・インは実はスコットランド人が経営しています。
「ブリティッシュ」ということにこだわっている人で、お料理の質がいいのが私のお気に入りの理由です。
せっかく田舎のパブに行っても、メニューを見たら「ラザニア」とか「タイ風カレー」なんかが一般的になってきました。
ここではそんなことはありません。
古き良きブリティッシュメニューが並んでいます。
しかもマナーハウスとかみたいに高くありません。
メインは10ポンド前後。

私は日本からのお客様には「バンガー&マッシュ」をよく勧めます。お肉がたっぷりのポークソーセージをグリルして、マッシュポテトとたまねぎのグレイヴィーでいただきます。
日本人にもとっても合うお味です。

こちらはフィッシュアンドチップス。ここはチップスもカリッと揚がっていてお勧めです。
バーでチップスをおつまみに飲むのもいいかも。

1 件のコメント:

ヨーロッパカラー さんのコメント...

突然の投稿失礼致します。

当方はヨーロッパカラー[ http://www.europe-color.net/ ]
というヨーロッパ在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

登録ページ
http://www.europe-color.net/entry.html

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。