2008年9月21日日曜日

シカゴ

土曜日にミュージカル「シカゴ」を観てきました。
この作品は本業のミュージカル役者以外に、有名人のゲスト出演でよく話題になります。
ケリーオズボーンが出演していたときは、取材時の彼女に対する美化が問題になったこともありました。
ポスターなんかではすごくスリムな美人なんだけど、舞台は映画と違ってナマなので、ちょっとギャップが気になります。
ミュージカルのいいところは、映画と違って見るたびに新しい発見や楽しみがある点です。
同じ人が同じ役柄を演じていても、やはり毎日少しずつ、ちょっとした違いが出てくるものですし、観客の反応によってもそれは左右されるようです。

仕事柄、同じ作品を何度も何度も観る事もあるのですが、「シカゴ」は初めて観ました。
ストーリーは、スターになることを夢見るロキシーという女の子が、愛人を射殺するところから始まります。
映画ではブリジットジョーンズの日記でお馴染みのルネちゃんが演じました。
ロキシーは監獄に入るのですが、天才弁護士のマスコミ操作のおかげで獄中にいながら有名人になっていきます。
ロキシーは実は結婚していて、お人よしでちょっと間抜けなだんな様がいるのですが、完全に彼女に牛耳られています。
ロキシーのいる監獄には他にも殺人を犯した女囚がたくさんいるのですが、ロキシーの成功が面白くないのがヴェルマという女囚。
ヴェルマはロキシーが来る前は監獄のスターだったからです。
マスコミを振り回しているつもりのロキシーと、彼女の公判をめぐってのストーリーが続いていきます。
ストーリーを追うのは英語ができないと難しいかもしれませんし、しかもはっきり言って、ストーリー自体は弱いと思いました。

でもそんなことよりも、他にも楽しみ方はたくさん。
純粋にダンスを楽しむのもアリだと思います。
監獄という設定ですが、みんな女の子たちはストッキングにシースルーのレオタード、身体にぴったりとしたミニドレスというコスチュームです。
ダンスも大人っぽいので、「夜のショーをミュージカル仕立てにした」という表現で、差し支えないと思います。

みんなとっても足が長くてきれい。
その迫力を楽しむのなら、ストール席の前の方がいいと思います。
ミュージカルは普通オーケストラが舞台の下なんですが、この作品は舞台の上。
ですから指揮もあわせてジャズとダンスを楽しみたい方にお勧めです。

場所はコベントガーデンのセブンダイヤルズに面しています。
オフィシャルサイトはこちら

2 件のコメント:

まめ子ちゃん さんのコメント...

みきさん、こんにちわ!

ミュージカルはまだ一度も観たコトがないので機会があればぜひ!!観たいなぁ~と思ってます(^^)
でも、英語には自信がないので・・・ダンスの方で楽しみますね♪(笑)

それにしても、足が長くてキレイ・・・だなんて羨ましいなぁ~(><)

Miki Bartley さんのコメント...

まめ子ちゃん、こんばんは。
ミュージカル、面白いですよ。
ドラマや複雑なコメディーは英語がわからないとちょっとつまらないかもしれませんから、既に知っている作品(映画で観たことある、とかね)やダンスや歌で盛り上がれるものがお勧めです。
やっぱりナマは一度見るべきですよー。
だんな様とロンドンに一泊二日で遊びに来れば?
ユーロスターも復旧したみたいだし、お昼過ぎにおうちを出て、ロンドンに着いたらホテルにチェックイン、5時半頃に晩ご飯を食べて、8時頃に開演のものが殆どです。
終わったらホテルでゆっくりして翌日ベルギーへ。
特にお休みを取らなくても、これなら大丈夫でしょう?
水曜日と土曜日は3時ごろのマチネがあるので、これなら日帰りで大丈夫です。