2009年2月2日月曜日

イギリスの雪


朝4時ごろ、ティムちゃんに起こされました。
「Would you like nice cup of tea?(美味しいお茶はどう?)」
ティムちゃんはタマにこんな風に、夜中とか明け方でも、自分が目が覚めてしまうと私に声をかけます。
この夏のホリディのことが気にかかって、目が覚めてしまったんですって。

まだ2月なんですけど・・・。

しかも、外は雪だし・・・。

そうだ、雪!
どれくらい積もったのか見たかったので、起きました。

5センチくらい積もったかな?

「ね、外に出て、雪だるま作ろうか?」と誘ってみましたが、「寒そうだからおうちから出たくない」とのお返事でした。

ベッドでお茶を飲んで、しばらくしてまた寝ました。


今、朝の7時過ぎです。
テレビをつけると「雪のためにロンドンのバスは全てお休み」とのことです。
18年ぶりの悪天候らしいです。
ニュースキャスターが、ロンドンで2インチの積雪が報告されているというのですが、それくらいで交通マヒなんて、さすがイギリス。
地下鉄も殆どの路線に問題アリだし。
ヒースローも滑走路がひとつ閉鎖。
スタンステッドとシティーは空港自体が閉鎖。
鉄道も止まっているみたいです。
BBCのニュースはこちら

桃太郎君の学校に電話をしてみましたが、誰も出ません。
お休みなのかなぁ?
バスが出てないから、行けないし。
ニュースで「本当に必要がある以外は運転を控えるように」って言ってるから、今日はティムちゃんに運転してともいえないし。

ヨーロッパのほかの国に比べると、イギリスって雪の対策がされてないなぁ、と思います。
きっとお仕事もお休みする人がいっぱい。
それでなくても、実は今日はイギリスの「全国病欠の日」なのに、仮病の必要がないかもね。

メールをチェックしたら、7時半過ぎに桃太郎君の学校から「今日は雪のためお休み」との連絡がありました。
桃太郎君、起こさなくってよかった。
ゆっくり寝かせてあげることにします。
お昼頃にマーブルヒルパークに雪だるまを作りに行こうかな?

2 件のコメント:

phary さんのコメント...

2月3日節分の今日はミュンヘンはバス、市電、地下鉄のストライキです。だんな君はS-Bahn(近郊電車)だけで会社までいけるからいいのですが、おにいちゃんと末っ子の学校は途中で地下鉄に乗り換えないといけません。
私は安易に休んじゃえば?と思ったんですが、おにいちゃんは二つ先の駅の近くに住んでいる同級生が車に乗せてくれることになり、末っ子は学校のHPをチェックしたらすごく遠回りになるけれど別のS-Bahnに乗ると学校近くの(といっても5キロ先)駅から特別バスが出ることが分かり普通に家を出ました。
さすがドイツだなぁと思うと同時に、ドイツなのに?と思う自分もいたりして。
雪もね、3年前の大雪のときに学校が臨時急行になった以外は(このときは雪の重みで体育館などがつぶれる心配がありました。実際ある町のスケートリンクの屋根が落ちて死傷者が出ています。)どんなに降っても市民生活はいつもと変わりません。

Miki Bartley さんのコメント...

Pharyさん、こんにちは。
フランスでもストをやっていましたけど、ドイツもですか?
賃金の値上げ?
イギリスではイギリス人の労働者を守れということでが原油処理関係の場所で非公式ストが起こっています。
今郵便を出しにいったんですが、ポストは昨日も今日も集配がされていない様子でした。
配達ももちろんないままです。
桃太郎君の学校は今日もお休みです。
ティムちゃんも出かける気配は一切ありません。
明日、博物館の勉強会を予約しているんだけど、どうしようかなぁ?