2018年3月11日日曜日

コルセットの効き目。

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

今日は、2011年から毎年企画している、東日本大震災の復興のためのチャリティーツアーに行ってきました。

まだ腰の具合がよくないので、がちがちにコルセットで固めてお出かけ。
全く同じモデルじゃないけど、これと結構似たタイプ。
OPPOというブランドです。
このコルセットは2012年にぎっくり腰になったときに近所の薬屋さんで買ったものです。
付けてる写真を載せようかとも思ったんですが、ファンが減りそうなので止めておきます(笑)

サポート力はかなりあるので、つけている間は楽です。
でも困ったのがウエスト周りが大きくなってしまうので、つけている時に着られる服がほとんどない!

そこで今日はウエストのくびれのない、フレアースタイルのワンピースを着ていきました。

今日は午前中に町のウォーキング、そして午後は大英博物館と、朝8時過ぎに自宅を出てから帰ってきた4時半まで、かなり長時間の外出になりました。
昨日、カイロプラクテックの先生に、長時間コルセットをつける許可をもらいました。
というのも、先生が言うには、コルセットをつけるのは椎間板ヘルニアの回復にはよくないそうです。
もちろんその人の症状などによって、同じ病気でも見立てはいろいろだと思いますから、あくまでも私の場合、ですけどね。
付けていいのは車の乗り降りとか、特に腰のサポートを必要とするときだけって言われています。
なので、普段はつけても最長3時間くらいまでって言われていたので、長時間利用の許可を求めたわけなんです。

数日前、念のために下見にロンドンへ出た時にはコルセットなしで行ったのですが、その時は3時間くらいで外出はギブアップって感じでした。
なので、今回はつけて行って本当に正解。

ただ、先生からは、出かける直前に30分程度患部を冷やすことと、帰宅時にまた30分患部を冷やすことを約束させられました。

今日のお天気予報は雨。
結局は、全く降りませんでした。
でもとても寒くて、おうちに帰ってきたときには氷で冷やす代わりに、熱いお風呂で体を温めたい誘惑に負けそうになりました。
でも、先生との約束をちゃんと守りましたよ~。

今日はイギリスでは母の日。

桃太郎君からはチョコレートが届きました。
ロスチャイルド家のチョコレート屋さんらしいです。

リッチモンドに以前あった、ウイリアムカーリーのチョコレート屋さんの跡に店舗ができたらしいです。
桃太郎君が注文して、昨日ティムちゃんがピックアップしてくれていたらしい。
朝起きたらお玄関に届いていたのでびっくりしました。

エレガントでとてもおいしい。
宅配してくれるチョコレート屋さんもあるけど、便利さではなく、品質でこのお店を選んだそうです。

ベッドで横になりながら、桃太郎君からのチョコレートを頬張って、ティムちゃんが作ってくれる晩ご飯ができるのを待っている私。
今日のチャリティーツアーは2本とも無事に終わったし。
腰はまだまだ回復までかかりそうだけど、幸せだなぁ。

家族の愛を感じながら時間を過ごすのって、コルセットよりよっぱど効き目があるようです。


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2 件のコメント:

めぐむ さんのコメント...

こんにちは。チャリティーツアー、お疲れさまでした。そして、わたし自分のブログにも書きましたが、本当にこのようなツアーを定期的に行われているのに敬意を表します。わたしも、せっかくいろんな免許があるので、それを使って、なにかができるんじゃないかと思いました。
ところで、腰痛ですが、わたしはぎっくり腰の癖があって、時々すごく困るんですが、みきさんが前に書いていらした記事に「腰に悪いこと」として、座りっぱなし、重いものを持つ、と言うのがありましたが、わたし、運転手ですから、時には4-5時間ぐらい座りっぱなしのことありますし、お客さんのスーツケースも担ぎ上げます。仕事の一部ですからね。女とは言え。まあ、男性などは手伝ってくださる方もいらっしゃるけど、本来はわたしがするべき仕事ですので。
ぎっくり腰の時に、コルセット使用が良いのかなと思ったので、医者に聞いたんですが、医者は、却って良くないと言って、処方箋を書いてくれませんでした。正しい運動によって、筋肉をつけ、腰を保護せねばならないとのことです。偉く気の長い話ですが、本当かもしれませんね。お大事に。

Miki Bartley さんのコメント...

めぐむさん、こんにちは。
知り合いのドライバーも、腰に問題がある人が多いです。
ガイドやアシスタントも、腰を患ったことがある人多いみたい。
職業病のようなものかもしれません。
ドライバーさんは、ガイドと違って、荷物を持つこともあるので大変ですよね。
おっしゃるように、腰回りの筋肉を強化するのが大事みたいですが、なかなか難しそうです。

チャリティーは一人ででもできますが、なるべくたくさんの人を巻き込んだほうが、参加してもらえる人に告知する際にも役立ちます。
行動も大事ですが、でもやっぱり気持ち。
自分ができる小さなことから始めるのがいいんじゃないかと思います。
私がやっているのは本当にささやかなことですが、それすらPharyさんのようにブログで宣伝してくれる人がいたり、ガイド仲間の手助けがあったり、本当にたくさんの人が協力してくれて成り立っているなぁって実感します。
めぐむさんも、早く本格的に回復するといいですね。