2017年4月23日日曜日

珍しく私からプレゼント

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


今回の日本滞在中に結婚記念日を迎えた私たち。

土地勘もないし、ことばもできないティムちゃんだから、多分ちょっとステキなレストランでごはん食べて終わりだろうなって思っていました。

でもそれだと何年かたって振り返った時にあんまりインパクトないなぁって思って、私が何かサプライズすることにしました。

もちろんティムちゃんには内緒ですよ。

ホテルのゲストリレーションの人にお願いして、記念日当日の朝にルームサービスを装ってプレゼントを持ってきてもらうことに。


ルームサービスのワインはいいのがなかったので、ホテル内にあるフランス料理屋さんから美味しいシャンペンを持ってきてもらいました。
多分昼前まで寝てると思ったので、11時に持ってくるようにお願いしたのですが、何とティムちゃん9時過ぎに起きてしまいました。
お散歩に行こうとかって話になると台無しになっちゃうので、バスルームを使っている間に電話をして10時のデリバリーに変更。
ちゃんと届いてうれしかった!
きれいに包んであるでしょう?
これは、グランドフロアのお花屋さんで包んでもらいました。
名古屋で買ったぐい飲みです。
小包でこのホテルに送ってもらったので、ティムちゃんは存在を知りません。
前日にお花屋さんで和紙やリボンを選んで、ステキに出来上がりました。
本当はサクラをリボンのところに飾りたかったのですが、ないということでそうしたら紙で上手に花びらを作ってくれました。
すごく満足。
日本人はやっぱりこういったところが器用ですね。

ティムちゃんがすごく喜んでくれたのでアレンジのし甲斐がありました。

こちらが用意してもらったシャンペン。
大きなメーカーのものは嫌なので、小さなハウスもの。
ティムちゃんはさすがに知っていて、これも好評でした。


イチゴは1ダースくらい持ってきてってお願いしたのですが、
日本のイチゴは大きいから半分で十分だと言われて6個だけにしました。
なるべく小粒なのを選んでくださいってお願いして、これも甘くておいしかったです。

サプライズが成功だったので、すごく幸せ。
プレゼントはもらうのもうれしいけど、あげる方がもっと楽しいって改めて思いました。








  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年4月19日水曜日

今回の旅行で一番だったレストラン

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



今回の一時帰国で、一番素晴らしかったレストランを紹介します。

お友達のご招待。

とってもグルメなお友達です。
なので、かなり期待はしていました。

ということで、堺までやってきました。

わざわざ堺まで?って正直思いました。
でも本当に来てよかった。

美味しい日本酒を飲みましょう、
ってことだったので、楽しみ。
だって、ロンドンでも日本酒が増えたとはいえ、
種類も少ないし、すごく高いからなかなか飲まないんです。


一つ目は獺祭。
ロンドンでも手に入るんですよ~。

そう思ったら,ただの獺祭ではありませんでした。
これは「獺祭 磨き その先へ」
日本で一番高価な日本酒なんですって。

お味ですか?

もちろんおいしかったです!!

でももっとすごいなって思ったのは、季節感。

こちらでいただいたお料理は、全てとても素敵な器で用意されていました。

お通しの次に鯛のお刺身。
明石のものですって。
春なので、サクラが描かれた器。

花びらの色合いが桜色の鯛のお刺身とピッタリマッチ。
魯山人の器だそうです。

魯山人の器でお料理をいただくのって初めて。

潮の香りがする赤貝は、桜の葉っぱのお皿です。

お料理は、ひとつひとつ私たちのために組み合わせを考えて下さって、
それに合わせたお皿で供されました。

筍と木の目にアラレの食感が楽しかったです。

白アスパラガスとカラスミの組み合わせも面白かった。

さてこの辺で次のお酒へ。

私、獺祭よりもこっちの方が好きかな?
よくわかりません。
どっちもおいしいのと、お料理がおいしいので、決められない(笑)

封の仕方もすごいでしょ?


けっこういいご機嫌ですが、まだまだ夜は始まったばかり。

お次はチーズです。
バリパリのノリと一緒に。

食べ終わったら、山菜のかわいい絵が出てきました。

お料理してくれたのはこのお店の息子さん、伸一郎さんです。
プライベートカウンターでゆっくり。
そして、次のお酒へ…。

そして、またさらに次のお酒…。
これは寝かせるお酒らしいです。
ティムちゃんはこれが一番よかったって。

すごい量と思うでしょう?
でも大人6人だったから、それほどでもない。

お鮨屋さんなので、お鮨もいただきました。
これはこはだ。

マグロの浸けたのとか、
写真撮らなかったものも多いです。

食べる方が大事だし。

でもこれだけでも撮っていてよかった。
最初から最後までステキすぎて細かいことが思い出せないの嫌だから。

カウンターでの会話がおいしいお料理に花を添えてくれて、
とても素晴らしい夜でした。

私もティムちゃんも、お仕事柄ミシェランの星が付いているレストランにも(時々だけど)足を運びます。

でもこんなにおもてなしを感じることは稀。

ティムちゃんなんて、今まで行ったどのレストランよりも素晴らしかったって。
私も同感。


お店は堺の宿院にある弥助さん。
お店のサイトにリンクします。







  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年4月18日火曜日

大阪のホテルはサクラがきれいなところ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

日本滞在では2週間ほどJRパスを使って色々なところに出かけました。
でもやっぱりのんびりしないとホリデーじゃないので、終盤の10日弱は大阪に滞在。

大阪ではニューオータニに泊まっていました。
ちょうど桜が見頃だろうと思って、お城が見えるお部屋をリクエスト。

お部屋は狭くはないけど、そんなに広くもないです。
それよりも、枕が1つずつしかなかったのにびっくり。
クローゼットに1個予備がはありましたが全然足りません。
なので追加で4つもってきてもらいました。

バスローブも、持ってきてくださいって言うまでお部屋にはありませんでした。
その割には毎日新しいものに取り換えられていて、すごく無駄だなぁって思いました。

外が明るいので、暗く見えますが、明るいお部屋です。

 ご飯を食べに行っている間に、ベッドにいたはずのパギーちゃんがサイドテーブルの上に移動していました。
ちょっとなんだかなぁ…。

 ヨーロッパならこんな風に寝かしつけたり、椅子に座らせたりしてくれるんだけど。
想像力の無いハウスキーパーさんだったんだろうなぁ。

ちなみに翌日からは椅子の上にお座りの状態で置いておきました。
そしたらずっとそのままだった。
サイドテーブルに無造作に置かれるよりはずっといい。

お部屋のお掃除に文句をつけるわけじゃないんだけど、飲み終わったボトルとか、グラス、一口でも残ってると下げずに置いてあるのには閉口しました。
他のホテルではみんな下げてくれていたので、日本では、ってことではないと思います。

仕方がないので軽くすすいでバスルームにおいて置いたら、新しいグラスが新たに加わって数が増えていました(笑)

お部屋からの景色。
写真だとちょっと遠いけど、実際はもっと近い感じです。
川沿いの桜並木がきれい。
大阪での食事の半分以上をホテル内レストランとルームサービスで取りました。
夜景もきれいだし、窓際でのんびり二人のごはんはとっても寛げました。

ホテル内のレストランが全部禁煙だったのもうれしかった。
日本のレストラン、禁煙少ない。
分煙すらないところがほとんど。
小さなお店で一人が吸ったらレストラン中が臭い。
イギリスで屋内が禁煙になってからずいぶん経つから、余計ににおいに敏感なんだと思う。

ニューオータニ、ルームサービスのメニューはけっこう種類があります。
夜は館内のレストランからのお取り寄せもしてくれます。
ティムちゃんと私で食べたいものが違う時とかすごく便利でした。

この時も、私が鍋焼きうどんでティムちゃんがステーキか何か頼んでた。
野菜サラダはおいしかったので殆ど毎回つけてもらいました。
旅行中はなぜかサラダが食べたくなります。

1000円でたこ焼きがあったんだけど、これは注文しないまま。
今となってはどんな味だったか試してみるべきだったって思います(笑)

ここのルームサービスは注文して30分弱で届く。
すごく早いサービスで、いつも満足でした。

気が向いたらティムちゃんと大阪城をお散歩。
ホテルを出たら橋を渡るだけなので30分程ぶらぶらするのに最適です。
鷹かな?ハヤブサかな?
鳥の練習の人がいて、少し質問したら「持ってみる?」って。
ティムちゃん、大喜び。

ニューオータニの立地は桜の季節だから選んだので、もしほかの季節だったら他も考えたと思います。

それから、注意しないといけないのは週末の人混み。
お花見の人たちのバーベキューとかで煙モウモウ。
その間をすごいスピードで自転車が駆け抜けていく、何とも大阪っぽいカオスでした。


1泊4万円弱。
いろんなところに出かけるなら、キタかミナミの方がいいと思います。
立地はちょっと中途半端。

ホテルのサイトにリンクします。






  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年4月17日月曜日

銀座って名前だけど、銀座じゃなかったホテル

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



東京駅のタクシー乗り場は長蛇の列。
今から思えば近くのホテルに歩いて行って、そこからタクシーに乗ればよかった。
40分くらい待ちました。

それって東京では当たり前なのかなぁ?

で、やっと順番が来てホテルの名前行っても知らないって言われました。
住所を言って地図を見せたら、
「お客さん、それば銀座じゃないよ」
だって。

実際そこは築地の先。
明石町というところでした。

高層ビルのマンションで、その一部分がホテルらしい。
夜景がきれい。
 桃太郎君と Bちゃんがお部屋を見に来ました。

お部屋は広くはないけど、2泊だけだし、まいいかってサイズ。
マッサージチェアがあるのがよかった。

お昼間の景色です。

タクシーに乗るたびに場所が分からないって言われました。
で運転手さんに聞いたら、ホテルの名前じゃなくて、聖路加ガーデンって言えってアドバイスされました。

それを覚えてからは簡単。
銀座や東京駅までは1000円ちょっとです。
お部屋は1泊3万円ぐらい。

ホテルのサイトにリンクします。




  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年4月15日土曜日

メイド喫茶、気持ち悪かった

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


東京ではエスカレーターに乗るときは左手に立ちます。
これがすごく違和感ある!
ロンドンと関西は反対だからね。


 さて、秋葉原に来た私たち。
お目当てはメイド喫茶。

ちょっと引いたのは、この耳みたいなのをつけてくださいって言われた時。
前の人が使った後、ちゃんと消毒してるのって思いました。
気持ち悪いからつけたくない。
ティムちゃんも嫌だってつけなかった。
桃太郎君とB ちゃんは付けましたけどね。

今になってみたら、もっと気楽に付き合ってあげればよかったという気持ちがちょっとだけ。
でもやっぱり汚いかもしれないものは触りたくない。
特に、そんな場所だし。

このメイド喫茶はチェーンらしい。
このお店は40%ガイジンのお客様ってカンジでした。
お店には英語ができる女の子も一人だけいました。


こんなとこってどんな人が来るのかって不思議でしたが、
お馴染みみたいな日本人もいましたよ。
で、ステージで歌う女の子。
歌っているところとかは写真禁止です。
これがステージ。
その歌に合わせて、ペンライトみたいなもの振り回す日本人のおじさん。
ちょっと異様な雰囲気。
そういったおじさんたちはテーブルじゃなくて、カウンターに座っていました。

健全なのか、不健全なのか、よくわからない場所。

お手洗いに入ったら、スタッフ募集の広告があって面白かった。
いろんな特典の中で、
「制服支給」
そりゃそうでしょ!!

こんなテナントが入っている、ビルの一角。

そんな秋葉原に神社。
ビルの中です。


 入ってみたら、フィギュアがいっぱい飾ってありました。
 鳥居にもキャラクター。


この後は新宿に行きました。
 小さなバーがひしめいてる。
桃太郎君とB ちゃん。
映画の一コマみたい。


東京は興味深かったけれど、また行きたいっていう魅力は感じなかった。

それは私が大阪びいきだからかなぁ?






  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年4月14日金曜日

桃太郎君と東京を楽しんだ!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



東京では地下鉄に乗りました。
ティムちゃん、日本で初めての公共交通機関。


やってきたのは浅草。
桃太郎君と、ガールフレンドの B ちゃんと待ち合わせ。

まずはお昼ごはん。
洋食屋さんに行きました。

 桃太郎君と B ちゃん。


浅草には人力車があります。
因みにロンドンにも観光用の人力車があります。
「じんりきしゃ」が訛って、「リックショウ」と呼ばれています。
でもボラれるから、乗らない方がいいですよ。
(ロンドンのもの)


街角で見つけた広告。
なんだかな~、と思ってしまいました。


浅草はすごい人でした。
パッと見外国人も多かったけれど、日本人も結構多かった。

何が何だかわからないけれど、
とりあえず大きな建物の写真は撮った(笑)


写真も撮ってもらったよ。


おみくじをひいたら、吉と出ました。
この中に、財宝も位ものぞみのまま、
そんな風に書かれていたのですが…。

その夜宝くじに当たったというメールが来たんです!!
泊まる予定のホテル、すべてアップグレードしようと思いましたが、
今までそういったメールの結果は殆どが1000円以下の当選。
大きな金額じゃないのは、調べるまで分からないんだから、
夢を見たいと思って、数億円当たったら何に使おうか秘かに考えて楽しみました。

後で知りましたが、3ポンド弱 (500円くらい)当たっただけでした(笑)

さっぱり何だかわからない建物の正面。

お守りやお札の類。
こういったのを見ると、ナショナルギャラリーの祭壇画とか笑えない。
セントマルガリータとか、お守り売ればいいのに。


こういうの好きだなぁ。
これもいいでしょ?

お昼ごはんの後は桃太郎君がカッパの町を案内してくれまhした。
大阪の道具屋筋みたいなところ。


この後、メイド喫茶に行くために秋葉原に向かいました!


  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。