2009年3月1日日曜日

エミレーツの写真撮影

昨日はティムちゃんと桃太郎君と一緒に、エミレーツスタジアムにアーセナルの試合を見に行きました。
私とティムちゃんは、先週のサンダーランドとの試合も見に行ったのですが、桃太郎君にとって、昨日の試合は今年に入って初めてです。
最近はお友達と遊びに行くことも多くなって、なかなか私たちとは外出してくれません。

桃太郎君は15歳になったばっかりで、典型的なイギリスのティーンエイジャーです。
どんな感じかと言うと、
1、世界というのは自分とおうちと学校のこと。
2、子供の虐待とは子供が欲しがるものを全て与えない親のこと
3、この世で一番大切なものはヘアワックス
4、この世で一番心配なのは、自分の事を他人がどんな風に見ているか
5、この世から撲滅すべきだと思っているのは、テストとにきび

少し前のコメディーですが、すごく笑えたので紹介します。
ハリー・エンフィールドというコメディアンが、スケッチ(コント)で披露したケヴィンという少年です
結構長いし、英語だけど、日本のティーンエイジャーと比べるとどうかな?

これはもちろんかなり大げさなんだけど、メンタリティーはかなり的を得ている部分があります。


話をアーセナルの試合に戻すと、昨日桃太郎君が楽しみにしていたことのひとつは、新しいカメラを使うことだったんです。
とてもいい望遠のレンズを持っているので、それでどれくらい試合の様子がキャッチできるか試してみたかったというわけ。
スポーツの試合をカメラに収めるのはとても難しいのです。
先日も学校でラグビーの試合を撮影して、とてもいい写真が何枚かありました。
エミレーツのスタジアムは、学校のフィールドとは比べ物にならないサイズなので、実験的な試みというわけです。

試合が始まって、桃太郎君がカメラを構えていると、スチュワードが声をかけにきました。
「試合中の写真は禁止です」
その言い方が、まるで先生が生徒をしかっているような感じだったので、カワイソウな桃太郎君は真っ赤になって、カメラを片付け始めました。
そばで見ていて泣くんじゃないかと心配したくらいだったのですが、我慢していたみたいです。
写真を撮れば?というアイディアは、実は私が出したものなので、とても責任を感じてしまいました。
そこで私は席を立って、エミレーツのインフォメーションに行って、写真撮影についてのポリシーを確かめてきました。
だってもしその場で解決したら、写真が撮れるかもしれないじゃない?
エミレーツは6万人以上収容できます。
私たちが訪れるのは1年に5-6回くらいかな?
チケットの値段は試合によっていろいろ。70ポンド近くするときもあれば、今回みたいに50ポンド前後のときもあります。
観客は3種類にきっぱり分かれます。
毎回のように訪れる熱心なサポーター、
コーポレート(招待されたり、したり、アースナルよりも「プレミエリーグの試合」に来ているということが肝心な人たち)
そして大部分の観客は、初めてエミレーツに来たアーセナルファン(だからみんな売店でお土産を買って、その袋を持っている)
この最後のカテゴリーの人たちは、大抵家族や恋人たち。
お誕生日のプレゼントにチケットを買ってもらったりしているわけ。
残念だけど、フットボールを見に来る値段は毎年高くなって、昔のように家族でいつも楽しむことができるというものではなくなっています。
そこで、みんな写真を撮ります。
これは自分のため。
エミレーツに来て嬉しいから撮る訳です。
場内にも何の規制の案内もないので、これまで私は「写真は撮っていいものだ」と思っていましたし、実際に何枚も撮ってきました。
基本的に、フラッシュなどは火災探知機を誤作動させたり、万が一光が試合の邪魔になったりするといけない、というのが常識なので使いませんが、他の人は気にせずパチパチやっています。

いろいろな場所で写真が禁止なのは、それなりの理由があるわけですが、エミレーツで(プライベートな目的のための)試合の写真を撮っていけない理由というのが私には理解できません。
だめなものはだめというルールなら、はっきりとその旨案内すべきです。
インフォメーションで聞いたときも、回答は、基本は禁止だけど目立たなければまぁOKだそうです。
実際、桃太郎君の前に座っていた人は、試合中ずっと撮り続けていました。
なんだか、すっきりしない一日でした。

桃太郎君はもう二度とアーセナルの試合は見に行きたくないそうです(怒られたから、だって)

2 件のコメント:

ゆき珠 さんのコメント...

“基本は禁止だけど目立たなければまぁOK”というのは、何だかいい加減な感じですね。
桃太郎君、叱られ損ですね。
最近コンサートとかに行っても、撮影禁止なのにもかかわらず、携帯電話のカメラ機能が普通のデジカメ並みだから、しっかり撮っちゃってる人の多い事・・・。
カメラの機能が向上するのは歓迎だけど、コンサートを楽しんでいる者からするとあれは確実に興ざめなのよね。

Miki Bartley さんのコメント...

ゆき珠さん、こんにちは。
ダメならちゃんと禁止して欲しいですよね。
ダメなのに撮る人って何処にでもいますけど、自分だけ我慢して撮らないのに、周りがみんな撮っていると、やっぱり不公平って思っちゃいます。
今回は桃太郎君よりも、実はティムちゃんがかんかんでした。
スチュワードがもう少し小さかったら文句言ったのに、だって(笑)