2009年1月11日日曜日

ケンブリッジ

来週ご案内の予定があるケンブリッジに下見に行ってきました。
ケンブリッジを最後に訪れたのは2年位前かな?
まぁそれほど変わっているとは思わないけれど、念のための下見です。
ケンブリッジはオクスフォードと並んで英国を代表する大学の町です。
オクスフォード出身というのは政治家に多く、ケンブリッジ出身は科学者が多いという特徴があります。

明日、月曜日がターム(学期)の始まりということもあって、冬休みを終えた学生たちが荷物を持って自分たちのカレッジに戻ってくるのを見ることができました。
上の写真もそんな学生と親がカレッジのゲートをくぐるところ。
ケンブリッジには30ちょっとのカレッジがあります。
下の写真は一番多くノーベル賞受賞者を出しているトリニティーカレッジ。
チャールズ皇太子やニュートンもここの出身です。
中央の大きな建物が図書館。
火を使うことが危険(火事の可能性など)なので、数百年前に建てられた図書館というのは、できるだけ採光がいいように窓が大きいのが特徴です。
ランプやろうそくを使わなくてもいいようにという配慮です。
その両脇は寮として使われています。寮の入り口はこんな感じ。
入寮者の名前が入り口に書かれています。
この日は日中でもマイナス4度という寒さでした。
私は季節のいいときにしか来たことがありませんでした。
うわさには聞いていましたが、予想以上の冷え方でした。
ケンブリッジに興味のある方は、リンボウ先生のシリーズがすごく面白いと思います。

2 件のコメント:

rosso さんのコメント...

ハリーポッターを連想する建物ですね~
ここでいうカレッジとは専攻の課をいうのでしょうか?
わたしが言うのもなんですが、寒そうですね。特に火の気のない図書館は凍えるのでは?
寒い所に住んでいるくせに、外の寒さは我慢できても、建物に中の寒さは耐えられないんですよ。こちらに住む人はそういう人がほとんどです。

ユニクロ、ロンドンでも人気があるのですね。色が豊富なのもいいですよね。

Miki Bartley さんのコメント...

Rossoさん、おはようございます。
ハリーポッターお好きでしたっけ?

ホグワーツはオクスフォードとグロスターがロケ地なんですが、ちょうどこんな感じでしょう?

カレッジというのは学生が所属する寮(これが一番近いかな)のことです。
寮を大きくした感じ・・・。
まぁ生活の場、なんです。
全員が中に住んでいるわけではなくて、カレッジはたくさん土地や家屋を持っていますから、外に住んでいる人もいます。
各カレッジで特徴も結構ありますし、出身者自慢なんていうのもあります。

こんなに古い建物でも、中は近代化されていますからセントラルヒーティングが入っています。
でもケンブリッジ、寒かった。
多分私の人生で一番寒い経験でした。