2008年12月19日金曜日

Galvin at Windows


Galvin at Windowsに行ってきました。
ヒルトンパークレーンの最上階(28階)にあるレストランです。
ここは眺めがいいことで有名なレストラン。
クリスマスも近い金曜日ということで、とても混んでいました。

今日いただいたのは、Menu Degustationというコースで、8コースのお料理。
それぞれにぴったりなグラスワインがついてきました。
お値段はワインなしが75ポンド、ワインをつけると110ポンド。

栗のスープ、
鴨の卵のサラダ、
うなぎの燻製とフォアグラのソテー、
鱸の塩焼きとかぼちゃのピューレ、
鹿の腰肉とちりめんキャベツ、
チーズの盛り合わせ、
りんごとマスカポーネとりんご酒のトライフル菓子、
ビターチョコレートと洋ナシ、といったメニューでした。

私が一番美味しいと思ったのは、鴨の卵。
お湯でじっくりと火を通した卵に、冬野菜とサラダ。
2番目のお気に入りは鹿肉。
とてもやわらかくって、深い味わいがありました。
女王様のお城のある、バルモラルの鹿ですって。
上の写真はその一皿。

でもここは場所柄、他のグルメレストランよりも客層がおのぼりさんっぽかった。
サービスは、うーん。
はじめはちょっとどうかなって感じだったけど、途中から格段によくなりました。
でも決して悪くは無かったんだけど、慇懃無礼な感じが途中でなくなったみたいな。
テーブルの間隔も広いし、ゆったりと食事をするのにはいいかも。
ワインの組み合わせは悪くなかったので、コースを頼むのならワイン付がお勧めです。

2 件のコメント:

rosso さんのコメント...

ご無沙汰していました!みきさん。

いつもと同じ?おいしそうなレストランの話題ですね。
わたしは今、風邪がなおってきたばかりで、すご~くおいしそう、と思って読んでいるのですが、味覚がいまいち戻っていません。
もうじきクリスマス!早く復帰しなきゃ~

今月の初め、友人たちと忘年会をした時、そのお店、ランチしかしたことがなくて、はじめて、夜にお酒付きで食事をしたら、とてもおいしいいんです!
気付かなかったけど、お酒を飲むのに向いたお料理を出す方が得意だったようです。
飲み物とお料理、組み合わせが大事ですね。

Miki Bartley さんのコメント...

Rossoさん、
お久しぶりです。

風邪だったんですね。
ティムちゃんもちょっと風邪みたいで、今日はおとなしくおうちにいるそうです。
私はこれから用意をして、ミシェランの星の付いているレストランでお昼ご飯です。
夜戻ってきたら、また写真アップしますね。

お酒と食事は相性が大事です。
でも日本酒ってワインよりは大概何にでも合うようです。
ワインは選び間違えると、本当にお料理もワインの味も台無しになってしまいます。