2008年12月22日月曜日

1日の3食を全て別の国で食べる

個人で観光ガイドを雇う人の理由はそれぞれです。
一番多いのは「他人と混ぜて欲しくない」というもの。
このケースは特に変わった場所に行くわけでも、変わった事をするわけでもありません。
ただ関係ない人と一緒に行動したくないということで、VIPのおもてなしなんかがそうです。

2番目は視察。
お仕事関係の、特定の場所に行くものや、ツアーなどでは行かない、小説や映画の舞台を見てみたいというもの。

3番目は変わった事がしたい、というもの。
これはお客様は一人の場合が殆ど。
言葉どおり、「ちょっと面白いこと、日本では出来ないこと、変わった事がしてみたい」といったリクエストです。

今回は「1日の3食を全て別の国で食べる」という挑戦。

このプランはいろんな国が集まっている、ヨーロッパならでは。

それぞれの名物をその国で食べてきました。

まずイギリス。
サマセットモームが「イギリスでまともなものを食べたかったら、朝ごはんを3回食べるといい」
イングリッシュブレックファストはとっても有名です。
そしてフランス。
お昼ご飯にいただいたのは、お客様はエスカルゴの前菜に舌平目。
私は生牡蠣を前菜に、そしてメインはホタテのソテーをいただきました。
このレストランはリールという街のとても有名なシーフードレストラン。
私のお気に入りのひとつなのですが、Turbot(ヒラメ)のローストが有名です。
残念ながら今日はありませんでした。


ディナーはベルギーで。
ベルギーといえばムール貝。
こんな大きなお鍋で出てきます。
今日は日曜日なので、星の付いているレストランはみんなお休み。
でも選びに選んで、ブリュッセルの紋章という1921年創立の素敵なレストランに行って来ました。

イギリスを出たのは9:57のユーロスター。
リールに着いたのが、現地時間の1時前。
お昼の予約は1時にしておいたのですが、タクシーでぴったりの時間に到着しました。
4時のユーロスターでブリュッセルに着いたのが35分後。
タクシーで町に出て、クリスマスマーケットを楽しんだあと、6時半から夕食。
8時にタクシーを捕まえて、ブリュッセル・ミディー駅へ。
9時2分の最終のユーロスターでロンドンに帰ってきました。

こうやって書くと忙しそうなんだけど、食事もゆっくり出来たし、慌てない旅でした。
ブリュッセルではちょっとだけ観光も出来たし、ちゃんと小便小僧も見てきましたよ。
クリスマスらしいでしょう?
この子は世界で一番の衣装もちで、その季節に合わせた衣装をちゃんときます。
1月にはエルビスプレスリーの衣装を着る、と柵に告知がしてありました(笑)

5 件のコメント:

ASUKA さんのコメント...

こんにちは。

いつもブログを拝見させていただいています。

学校が冬休みなので25日からロンドン旅行を予定しているのですが、クリスマスはどこのお店もお休みって本当ですか?
しかも、地下鉄やバスも止まっちゃうなんて・・・

初日から身動きできないなんて・・・

Miki Bartley さんのコメント...

ASUKAさん、こんにちは。

イギリスは25日の日の交通は殆どありません。
お店は最近開ける所がないわけではありませんが、殆どは閉まっています。
ランチタイムはパブがクリスマスメニューを出していますが殆ど予約制です。
中華街は開いてると思いますよ。
タクシーなども割り増しになるので、お金がかかると思います。
歩ける範囲での移動をお勧めします。
ホテルが繁華街に近ければいいですね。

地下鉄やバスがお休みなんて日本の感覚だとびっくりですよね。
でもキリスト教の国なので、そういったところで働いている人たちもおうちでお祝いするわけです。

こんな時こそ別の宗教の人たちが働いてくれるといいんですけどね(笑)

ASUKA さんのコメント...

やっぱりお休みになっちゃうんですね。

いろいろ教えてくださってありがとうございました。

めっちゃ参考になりました。

NOMO さんのコメント...

うわぁ、確かにヨーロッパならではの企画ですね。
これこそガイドさんの手腕が生かされる場面でしょうか。
イギリスの朝食って、ヨーロッパで一番美味しいのでは?・・・って思います。
個人的にはBAはあまり好きではないのですが、朝のフライトで出される暖かい朝食は美味しかったなぁ。

もうイギリスもクリスマス一色なのでしょうね。
残念ながらクリスマス・シーズンに行ったことがありません。
イギリスの標準的な家庭って、どんなことをして過ごすのかな?

Miki Bartley さんのコメント...

Nomoさん、こんにちは。
お返事が遅れてごめんなさい。

でしょう?
ヨーロッパならでは、ですよね?
実はフランスとベルギーだとあまりにも近いので、はじめはケルンまで足を伸ばすつもりだったんです。
ドイツでソーセージ食べようかな?とか思って。
私のブログ訪問先がドイツが多いので、行ってみたくもあったんです。
でも調べたらかなり時間もかかりそうだし、飛行機の利用は考えていなかったので断念しました。
ロンドンからケルンまで片道5時間です。
ちょっとソーセージ食べに行くには遠いかな?(笑)

イギリスでは家族が揃ってご馳走を食べて、午後3時からの女王様のスピーチをテレビで見るのが一般的です。
我が家ではWiiでずっと遊んでいました。