2008年6月10日火曜日

ナショナルギャラリー

最近ナショナルギャラリーにご無沙汰なので、観にいくことにしました。
朝9時半を過ぎると、乗り放題の安いチケットが使えるので、お出かけの時はこれを利用します。
到着したのは10時15分過ぎ。

今日は何を観ようかな?
ここは主に、初期ルネッサンス、北方、ルネッサンス全盛期、イギリス、印象派の5つのジャンルが楽しめます。
今日は「キリストの一生というテーマで、ツアーを組むとしたら」というアイディアで絵を探しました。

現代アート以外なら、何でも揃うナショナルギャラリーですから、私はこんな風に自分で仮想ツアーを作って楽しみます。
まじめなテーマだけとは限りません。
「ミス・ナショナルギャラリー」
「シュレック・ツアー」
「残酷ツアー」
これまでにいろんなコースを考えました。
もちろんこれは私の趣味だけにとどめてあるので、お仕事の時には「絵画の歴史」とか、「神話シリーズ」とか、「静物画の移り変わり」とか、まじめなことしかやりません。

でも私のお気に入りは「シュレック・ツアー」これはシュレックの登場人物や場面をナショナルギャラリーから探す遊びです。
一人紹介しておきましょう。
1つ目のシュレックで悪役だった「ファークアード卿」
日本語で別の名前だったらごめんなさい。
私は英語版しか見ていないので・・・。
フィオーナ姫に求婚する、背の低いあの人です。

ジャジャジャーン!!



そっくりでしょう(笑)?
彼はイギリスのチャールズ1世という王様です。
背が低いことをすごく気にしていたことと、庶民の気持ちを全く考えなかったことは全く同じです。
シュレック好きな人には楽しめる診断をサイトで見つけました。
シュレック診断

1時ごろまでブラブラ楽しんでから、ジャパセンに寄って帰ってきました。
暑かったので、おうちに帰ってからあっさりざるそばを食べました。
たぶん25度近くまで上がったんじゃないかな?
あまり暑いと、こんな物しか食べられなくなります。

ジャパセンでも、おそうめんとか買い込んできちゃった。
お出かけした時はアートしてたのに、帰り道は買出しのおばさんみたいで、ちょっと恥ずかしかった。

2 件のコメント:

rosso さんのコメント...

お蕎麦のとなりのアスパラがいい味だしてますね~

ロンドンにいても日本とそんなに変わらない食生活ができるんですね。
やっぱり、都会だからかな?
ジャパンセンターのHPを見ると何でも手に入りますもんね。

Miki Bartley さんのコメント...

Rossoさん、おはようございます。
最初はサラダも作ろうと思っていたんですが、冷蔵庫を開けたらアスパラが数本残っていたので、そのままおなべに入れちゃいました。
ロンドンでは日本のものはたくさん手に入りますよ。
何でもとはいいませんが、メジャーな物は問題ないと思います。
ジャパセンはたぶんロンドンでは一番安いんじゃないかな?
特にお米とか、乾麺とか。ロンドンの中心なので、アクセスも便利だし。
でもティムちゃんは駐車が大変なので、行きたがりません。
時々行く、イーリングの日本食料品店は、ティムちゃんに車で連れて行ってもらうので楽すが、最近私の買っている日本のお米が倍ほど違うことに気がつきました。