2007年10月20日土曜日

ダンブルドー教授はゲイだった!!


「ハリーポッターの作者JKローリングが、かねてから噂のあったダンブルドーの性嗜好について是認しました。」

うちのティムちゃんはテレビを見ながらチョコチョコチャンネルを替えるクチで、いつもイライラさせられます。
チャンネルを替えるだけならまだしも、シーファックスとイギリスで呼ばれている文字放送に切り替えて、最新のニュースのチェックなんかを、いきなり番組の途中にやるわけです。
さすがに私がちゃんと見ているときは聞いてから替えますが、私が新聞を読んでたりすると勝手に画面が切り替わっていたりするわけです。
今も、「みきちゃん、ダンブルドーはゲイだって。」
「は?」
いきなり何を言い出すのかと思ったら、トップニュース。
慌ててインターネットで確認したらどうやら本当のようです。

ニューヨークのカーネギーホールでオープンブックツアーに出席していたローリングが集まった1600人のファンからの質問に答えていたのですが、19歳のコロラドからの学生の質問だったそう。

最終巻に魔法使いのグリンワルドとダンブルドーの若い時の友好関係が出てくるのですが、悪に走った彼に対してダンブルドーはひどく失望して、それ以来恋は出来なくなったとか・・・。

何だかそこまで設定する必要ってあるのかなーと思いました。
「かねてから噂のあった」なんていう書き方もすごいけど、そんなことを噂しないといけない人って英語では
「Very very sad person」といいます。

それをネタにブログを書いている私もSADです。

2 件のコメント:

Yukako さんのコメント...

チャンネルをチョコチョコ変えられるのって結構イライラしますね。うちは番組中はあまりないけどCMになると必ずやります。イタリアのCMが長いせいもあるのかもしれませんけどね。
あ、本題とずれましたね。ゴメンナサイ!

Miki Bartley さんのコメント...

多分男の人の習性じゃないかな?
女の人でそういうことする人って聞いた事ないけれど、うちの彼がとかうちの旦那はって言うのはよく聞きます。

ティムちゃんも広告の時はチャンネルを替えます。
元に戻したときに番組が始まっていたら、私が無茶苦茶怒るので、にらむと慌てて戻します。